Credictionary

年会費が安いプラチナカードはある?特典も充実したおすすめカードをご紹介

年会費が安いプラチナカードはある?特典も充実したおすすめカードをご紹介

プラチナカードの年会費は一般カードやゴールドカードに比べて高く、手が届きにくいと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、プラチナカードのなかには付帯特典やサービス内容に対して年会費が安いものもあり、使い方によってはさらにカードの価値を高めることができます。

この記事では、プラチナカードの付帯特典や、年会費以上の恩恵を受けることができて「年会費が安い!」と感じられるようなプラチナカード2枚をご紹介します。プラチナカードが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

プラチナカードの年会費はカード会社によって異なる

プラチナカードの年会費はカード会社によって異なる

クレジットカードのうち、一般カードやゴールドカードは年会費が無料のものとそうでないものがありますが、プラチナカードには必ずといって良いほど年会費がかかります。

というのも、プラチナカードはクレジットカードのなかでも付帯特典やサービス内容が非常に充実しており、利用限度額も高めに設定されています。プラチナカードはスペックが高いため、年会費がかかるのはもちろんのこと、その年会費は一般カードやゴールドカードよりも高めです。

とはいえプラチナカードの年会費はかなり幅広く、ゴールドカードの年会費よりも安いこともあります。

プラチナカードを選ぶときは、特典に対して安い年会費でプラチナカードを持てるかどうかを、カード選びの基準にしてみると良いでしょう。

プラチナカードにはどんな特典が付帯している?

プラチナカードにはどんな特典が付帯している?

プラチナカードには、さまざまな特典が付帯しています。年会費がカード会社によって異なっている以上、付帯している特典も異なります。

この記事では、一般的なプラチナカードに付帯している特典を5つご紹介していきますので、ぜひプラチナカードのイメージを膨らませてください。

①空港ラウンジを無料利用できる

プラチナカードでは、空港ラウンジを無料利用できる場合があります。空港ラウンジとは、空港でフライト前後の時間をゆったりと過ごすことができる待合室のことです。

通常、空港ラウンジは利用料金が発生したり会員制であったりするのですが、プラチナカードには国内主要空港の空港ラウンジを無料利用できる特典が付帯していることが多くなっています。なかには国内主要空港だけではなく、海外空港のラウンジを無料利用できるプラチナカードもあります。

また、空港ラウンジは、待合室としての機能だけではなく、以下のような便利なサービスが実施されていることもあるので、利用する価値は多いにあります。それぞれ、個別で利用料金が発生することがある点にはご注意ください。
● Wi-Fiの利用
● 新聞・雑誌のレンタル
● マッサージチェア
● ドリンクサービス(アルコール飲料が用意されていることも)
● 軽食サービス
● パソコンのレンタル
● シャワー
● コピーやFAX

さらに、もう1つ空港ラウンジの特典として「プライオリティ・パス」に無料で登録できるというものがあります。プライオリティ・パスとは、世界1,300カ所以上 の空港ラウンジを利用できる会員サービスのことです。

利用上限回数やラウンジ利用料金、同伴者利用条件などに応じて会員ステージが3つに分かれており、最高429ドルかかるのですが、プラチナカード会員の方はこのプライオリティ・パスに年会費無料で登録することができます。

別途、登録手続きは必要になりますが、旅行や出張などで空港を利用する頻度が多い方にはうれしい特典です。

②コンシェルジュサービスを利用できる

プラチナカードでは、コンシェルジュサービスを利用することができます。コンシェルジュサービスはプラチナカードならではの特典で、ホテルや飲食店の予約、演劇やコンサートのチケット手配の代行や、プラチナカードの特典を活かした旅行プランの提案などを行う会員専用窓口です。

一般カードやゴールドカードと比べると高めに設定されているプラチナカードの年会費には、コンシェルジュサービスの利用料が含まれていることが多いため、追加料金が不要となっています。

③国内・海外旅行傷害保険が充実している

一般カードやゴールドカードにも付帯していることがある旅行傷害保険ですが、プラチナカードに付帯している保険はほかのクレジットカードと比べると非常に充実していることが多いです。というのも、プラチナカードの場合は国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険の両方が付帯していることがほとんどで、多くの場合が自動付帯となっています。

自動付帯だと、条件に縛られることなく大半の場合保険が適用されるので、旅行や出張の際も心強い味方になります。一般カードやゴールドカードと比べると最高補償額が高めに設定されていることが多いです。

さらに、プラチナカード会員の配偶者や親族の方にも旅行傷害保険が適用されることもあるので、旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っていない同伴者の方も別途保険に加入する必要がないのも大きなメリットとなります。

しかし、プラチナカード会員以外の方は、最高補償額が少し低めに設定されることがあるので事前に確認しておきましょう。

④ショッピング保険が付帯している

プラチナカードには、ショッピング保険が付帯しています。ショッピング保険とは、クレジットカードで購入したものが破損したり盗難に遭ったりしたときに、損害補償金を受け取ることができるものです。

“購入してから〇日以内”、“損害補償金は△円まで”、“補償の対象にならないもの”といった補償規定があるので注意が必要ですが、ショッピング保険が付帯しているプラチナカードでショッピングをすればアクシデントにも対応できることがあるので安心です。

⑤ホテルやレストランの優待

プラチナカードには、ホテルやレストランの豪華な優待が付帯しています。カード会社によって優待内容は異なりますが、例えば以下のようなものがあります。

■ホテル
● ホテルガイドの有料メンバーシップ無料
● 朝食サービス
● レイト・チェックアウトやアーリー・チェックイン
● 専用ラウンジ(チェックインやチェックアウト、ドリンクサービス)
● ジム・サウナ無料
● ウエルカムドリンク
● 駐車場無料
● VOD無料
● ランドリー割引

■レストラン
● 飲食料金の優待
● 会員専用のレストランテーブル確保
● ウエルカムドリンク
● おみやげプレゼント
● 駐車場無料
● 特別コースや特別メニューの用意

このように特典が様々付帯しているプラチナカードですが、今回はセゾンで発行している2枚のプラチナカードを紹介します。

セゾンが発行するプラチナカード

セゾンのプラチナカードは個人用とビジネスカードの2種類があります。どちらも付帯サービスや特典が充実していて、とくに海外旅行や海外出張によく行かれる方にはおすすめのカードとなっています。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

1枚目は個人カードの「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。年会費は22,000円(税込)と決して安くはない金額かもしれませんが、付帯している特典を見てみるとコスパの高さにお気づきいただけるかと思います。

まずは、後ほどご紹介する「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と共通して付帯している特典のうち、プラチナカードならではのものを抜粋してご説明していきます。
● 国内空港ラウンジ無料利用
● プライオリティ・パス(通常年会費429米ドル/プレステージ会員 )
● SAISON MILE CLUB登録無料
● カードデスク・サービス
● 国内・海外旅行傷害保険自動付帯
● ショッピング安心保険
● Tablet(R) Hotels
● オントレ entrée
● ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン会員資格プレゼント

カードデスク・サービス は、セゾンのプラチナカード会員限定コンシェルジュサービスの窓口です。24時間365日対応しているので、お仕事やプライベートが忙しい方でも融通が利きやすくなっています。カードデスク・サービスの電話番号は、カード裏面をご確認ください。

Tablet(R)Hotelsは、ミシュランお墨付きの世界のホテルガイドです。有料メンバーシップである「Tablet Plus」に入会すると加盟ホテルの優待を受けることができるのですが、セゾンのプラチナカード会員の方は「Tablet Plus」の年会費が無料になります。

朝食サービス、レイト・チェックアウトやアーリー・チェックイン、専用ラウンジなど、ホテルによって優待内容は異なりますが、「TabletPlus」を経由すれば最高級なサービスを堪能できること間違いなしです。

オントレ entrée は、国内外のレストランやホテルなどの特別優待を受けることができるサービスです。例えば国内レストランは、2019年9月1日現在で28店舗が対象となっており、飲食料金の優待、会員専用のレストランテーブル確保、ウエルカムドリンクなどの優待を行っています。

これらが、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」に共通している特典についてです。

特典はこれだけではなく、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」独自の特典も付帯しているので、以下でご紹介します。
● 国内1.5倍ポイント、海外2倍ポイント
● 手荷物無料宅配サービス
● プレミアムホテルプリビレッジ
● 「休暇村」ご優待
● パルコ5%OFF
● ノースポート・モールご優待
● ファミリーカード4枚まで発行可能

永久不滅ポイントが貯まるセゾンのクレジットカードですが、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」なら国内でのショッピングでポイントが1.5倍(1,000円ごとに1.5ポイント)貯まります。

海外でのショッピングでもポイント2倍の優待があるので、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」はショッピングのおともに欠かせません。

また、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」では、毎月第1土・日曜日にパルコでのショッピングが5%OFFになります。パルコは四国地方を除く全国に展開されているので、多くの方が利用できる特典となっています。

このように、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は出張や旅行だけではなくショッピング面でも充実しているプラチナカードです。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

2枚目は、法人カードの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。

「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」と同じく年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上ショッピングすると次年度の年会費が11,000円(税込)になるといううれしい優待があります。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」には、上記でご紹介した共通特典に加えて、以下のような法人カードならではのビジネスをスムーズかつお得に進めていくための特典が多数付帯しています。
● ビジネス・アドバンテージ
● スターバックスビジネスギフトセンターでポイント10倍
● クラウド型経費精算サービス「Staple」ご優待
● エックスサーバーご優待
● 選べる引き落とし口座
● ご利用明細データダウンロードサービス

ビジネス・アドバンテージ とは、経費としてかかる事務用品やレンタカー、宅配サービスなどの利用料金の優待を受けられるものです。料金の交渉などは必要なく、事前に指定Webサイトや電話番号から申込み、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」で支払えば優待価格が適用されるので、手間もかかりません。

また、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の引き落とし口座は、カード会員の個人名義口座と法人名義口座から選ぶことができます。プライベートの支払いと分けた法人名義口座に設定しておけば、経費管理もスムーズになるのでおすすめです。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は出張や経費管理など、さまざまなビジネスシーンで活用できるサービスが充実しているプラチナカードです。

このように、プラチナカード会員の方は、普段なら有料となるサービスや実施されないような特別サービスを受けることができます。優待を利用するにはインフォメーションセンターなどに電話で連絡して事前予約をし、宿泊料金や飲食料金はプラチナカードで支払う必要があることがほとんどです。利用条件をよく確認して、ぜひ豪華な優待を受けてください。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

まとめ

プラチナカードは、一般カードやゴールドカードと比べると年会費が高めですが、その分付帯特典やサービス内容が非常に充実しています。利用限度額などと併せてスペックを理解したうえで複数のプラチナカードと比較することで、年会費が安いと感じられるような高パフォーマンスの1枚を見つけられるはずです。

ぜひ、ご自身のとっておきのプラチナカードを見つけて、年会費以上の価値を創り出していきましょう。

おすすめのクレジットカード

人気記事