Credictionary

マイルがたまりやすいクレジットカード5選!基本的なしくみから注意点もあわせて解説

マイルがたまりやすいクレジットカード5選!基本的なしくみから注意点もあわせて解説

マイルは、特典航空券へと交換することにより、お得な旅行を可能とするサービスです。ひと手間かけることにより、誰にでも簡単に、マイルをためることができます。

今回は、マイルをためるのに最適なクレジットカードを紹介します。海外旅行に必要なマイル数や、セゾンカードならではの特典、必要マイル数獲得のシミュレーションなど、マイル獲得に役立つ内容です。マイルの上手なため方を知りたい方は、ぜひご一読ください。

マイルの基本的なしくみ

マイルの基本的なしくみ

マイルとは、航空会社が提供する「マイレージプログラム」で付与されるものです。いわば航空会社のポイントのような位置づけで、搭乗距離に応じてマイルがたまっていきます。

基本的には飛行距離と運賃に応じてマイルを獲得しますが、クレジットカードによっては日々のお買物の支払いで貯まったポイントを、マイルへ交換することができます。

また、マイル系クレジットカードと呼ばれる、マイルがたまりやすいクレジットカードも存在します。

マイルの活用の仕方

飛行機を利用したり、クレジットカードを利用することで獲得したマイルは、特典航空券への交換や、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードなどに使用することができます。

マイルのため方

マイルのため方は航空機に搭乗するか、マイルがたまるクレジットカードを利用するという2種類になります。

航空機に搭乗したときの獲得マイルの計算式は次になります。


区間基本マイル×積算率=積算マイル数


航空機に搭乗したときに獲得できるマイルは、フライト距離が長く、価格が普通運賃だと多く獲得できます。また、チケットの種類によって積算率も異なり、エコノミークラスよりもビジネスクラスやファーストクラスの方が、マイルは多くたまります。

クレジットカードの種類にもよりますが、航空会社と提携しているクレジットカードを使うと、支払いのたびにポイントだけでなくマイルがたまるという特典があります。

また、クレジットカードの支払いで付与されるポイントをマイルに交換することで、マイルを獲得するというため方もあります。

注意しておきたいこと

マイルをためる際に注意しておくべきことは、マイルは航空会社によって異なるということです。例えば、JALのマイルをためても、ANAの搭乗券と交換することは出来ません。

ただし、同じエアライン・アライアンス(航空連合)に参加している航空会社同士なら、マイレージプログラムの相互利用は可能です。エアライン・アライアンスとは、航空会社間の連合で、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドというエアライン・アライアンスに参加しています。

ほかにも、クレジットカードによってはポイントをマイルに交換する際には移行手数料が発生する、移行できるポイント・マイルに上限がある、獲得したマイルは有効期限があるといった注意点があります。

海外旅行をするためにはいくらマイルが必要?

海外旅行をするためにはいくらマイルが必要?

一口に「マイルをためる」とはいえ、いったいどれほどのマイルをためれば特典航空券に交換して旅行へ行けるのでしょうか。以下で、JALとANAのマイレージプログラムを例に、各旅行先の特典航空券に必要なマイル数を紹介します。

◆特典交換に必要な基本マイル数(エコノミー、レギュラーシーズン、日本発着往復)
地名 JAL ANA
韓国 15,000マイル 15,000マイル
上海 20,000マイル 20,000マイル
シンガポール 24,000マイル 35,000マイル
オーストラリア 36,000マイル 45,000マイル
ハワイ 40,000マイル 40,000マイル
ロサンゼルス 50,000マイル 50,000マイル
(2020年8月21日現在)

上記のように、日本からの搭乗距離に応じて、特典航空券に必要なマイル数は異なります。

比較的距離の近い韓国・ソウルであれば、15,000マイルで交換できる一方、太平洋を横断しなければならないロサンゼルスでは、50,000マイルが必要です。

また、それぞれの航空会社により、交換に要するマイル数に違いがあります。マイルをためる際には、より有利なマイル数で交換できるマイレージプログラムを選ぶとよいでしょう。

セゾンのクレジットカードではマイルを効率よくためられるサービスがある

海外への渡航に必要なマイル数は数万マイルに及びますが、決してためられないマイル数ではありません。セゾンのクレジットカードでは、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)やセゾンポイントモールといった、マイルがたまりやすいサービスを提供しています。

これらのサービスを利用すると、マイルを効率よくためることが可能です。以下でサービス紹介とともに、実際のマイル獲得シミュレーションを説明します。

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)ならマイルも永久不滅ポイントも同時にたまる

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)は、お得に、手軽にJALのマイルがたまるサービスです。一押しポイントは、ショッピング利用時に、JALのマイルと永久不滅ポイントの両方がたまる点にあります。

SAISON MILE CLUBに登録すると、1,000円利用ごとにJALのマイルが10マイル、2,000円利用ごとには永久不滅ポイントが1ポイントたまります。たまった永久不滅ポイントもマイルへと交換が可能なため、カードを利用するたびにお得にマイルをためることが可能です。

SAISON MILE CLUBに登録できるカードは、以下の3種類のカードとなっています。

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(※1)
・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(※2)
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(※2)
(※1)SAISON MILE CLUBの年会費は4,400円(税込)
(※2)SAISON MILE CLUBの年会費は無料

なお、SAISON MILE CLUBの移行上限マイルは150,000マイルです。SAISON MILE CLUB登録期間内に上限マイルに達した場合、次年度更新まではマイル移行は停止し、永久不滅ポイント(1,000円につき1ポイント)がたまります。

セゾンポイントモール

セゾンポイントモールは、永久不滅ポイントがお得にたまる、セゾンカード会員限定の優待サイトです。さまざまなショッピングサイトでの永久不滅ポイント獲得が優遇されます。

Amazonや楽天市場といった大手ショッピングサイトをはじめ、グルメやファッション、家電や旅行など、400以上の有名サイト、300,000以上のショップが出店しています。ためたポイントをマイルと交換すれば、マイルの獲得効率が飛躍的にアップするでしょう。

なお、セゾンポイントモールは、セゾンカード会員ならすべての方が無料で利用できます。使い方は、セゾンポイントモールへログインし、各ショップページの赤いボタンをクリックするのみです。あとは、購入希望のサイトで、通常のように手続きすることで優待を受けられます。

マイル獲得シミュレーション

それでは、実際にセゾンカードを利用すると、年間どのくらいのマイルがたまるかシミュレーションしてみましょう。今回は、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで、SAISON MILE CLUBに登録し、JALのマイルをためた場合を想定して計算しています。

◆1ヵ月のカード利用金額の一例における年間獲得マイル数のシミュレーション
家賃 80,000円 ガス料金 5,000円
食費 40,000円 ガソリン代 10,000円
モバイルSuica 10,000円 水道料金 5,000円
電気料金 5,000円 携帯電話代 8,000円
月間利用額 163,000円

1ヵ月で163,000円利用した場合、月に1,630マイルをためることができます。したがって、年間では19,560マイル(1,630 × 12ヵ月)です。

くわえて、SAISON MILE CLUBでは永久不滅ポイントが2,000円(税込)で1ポイントが同時にたまります。今回の場合、978ポイント(1,956,000円÷2,000)です。

そして、200ポイントごとに500のJALのマイルに交換できますので、978ポイントであれば、2,000マイル(4口分 × 500マイル)にすることができます。合計したマイル獲得数は、以下のとおりです。

19,560マイル + 2,000マイル = 年間獲得 21,560マイル

上記のように、日常生活での支払いにセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを利用すると、年間21,560マイル獲得できます。前述の上海の特典航空券に必要なマイル数は20,000マイルであるため、1年ごとに上海旅行ができる計算です。

さらに、上記にはショッピングサイトでの買物や、所得税・保険料などの支払いを含んでいません。後述する各カード独自の特典を加味すれば、よりマイルをためることが可能です。

マイルをためたい方におすすめのクレジットカード5選

ここからは、マイルをためたい方におすすめのクレジットカードを紹介します。セゾンカードには、JALやANAといった国内航空会社マイルをためるのに適したカードと、ユナイテッド航空のマイルをお得にためられるカードがあります。各おすすめカードを、特徴とともに解説しましょう。

JALのマイルをためるのにおすすめのクレジットカード

まずは、国内航空会社マイル、とりわけJALのマイルがたまりやすいおすすめクレジットカードの紹介です。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、前述のSAISON MILE CLUB(年会費4,400円(税込))に加入できるため、JALのマイルをためたい方に最適なカードです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、SAISON MILE CLUBに登録しておくと、1,000円のカード利用につき10マイル、かつ2,000円(税込)利用で永久不滅ポイントが1ポイントたまります。

永久不滅ポイントは200ポイントにつきJAL500マイルと交換できるため、永久不滅ポイントの分、マイルを効率的にためることができます。

マイル特典以外にも、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯し、アメリカン・エキスプレスの特典も利用できます。また、通常年会費11,000円(税込)が初年度はなんと無料になる、コストパフォーマンスの高いクレジットカードです。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
JALのマイル系でもうひとつおすすめしたいカードが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。SAISON MILE CLUBを無料で利用でき、JALのマイルにおいてはトップクラスのたまりやすさが魅力でしょう。

また、付帯する特典も充実しています。世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パス、レストランやホテル予約など代行するコンシェルジュサービスなど、旅を豊かにする特典が満載です。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費22,000円(税込)、インビテーション(招待状)不要のカードとなっています。旅行が好きで、マイルをためたい方におすすめのカードです。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

使い勝手抜群のユナイテッド航空マイルをためるのにおすすめのクレジットカード

セゾンカードには、ユナイテッド航空のマイレージ「MileagePlus」と提携したカードが存在します。ユナイテッド航空はアメリカに本拠を置く航空会社です。ただし、ANAと同じスターアライアンスに加盟しており、ANAとの融通性が高くなっています。また、マイルプログラムでは珍しく有効期限がないので、自分のペースでマイルをためて旅行に活用できるのが大きな特徴です。

ためたマイルは、ユナイテッド航空便をはじめ、日本国内ではANAの特典航空券と交換でき、ANAで飛行機に乗ったフライトマイルも加算可能です。家族以外の友人や恋人へ特典航空券をプレゼントできるなど、ユナイテッド航空のマイルならではの使いやすさがあります。

MileagePlusセゾンカード
MileagePlusセゾンカードは、ユナイテッド航空「MileagePlus」のマイルがお得にたまるカードとなっています。年会費は1,650円(税込)とリーズナブルでありながら、ショッピング利用1,000円(税込)につき、5マイルがたまる点が魅力です。

くわえて、MileagePlusセゾンカードには「マイルアップメンバーズ」(年会費5,500円、税込)というオプションプランがあります。マイルアップメンバーズへ加入すると、ショッピング利用時のマイル獲得が加算され、1,000円(税込)利用するごとに合計15マイルためることが可能です。合計年会費7,150円(税込)で業界最高水準のマイル還元率1.5%を実現できるのでおすすめです。

ためたマイルは、ユナイテッド航空をはじめ、ANAを含むスターアライアンス加盟航空の特典航空券へ交換できます。特典航空券の交換は、国内線及び国際線ともに片道から交換可能のため、自分の旅行プランに合わせた自由な使い方が可能です。

MileagePlusセゾンカードはこちら

MileagePlusセゾンゴールドカード
MileagePlusセゾンゴールドカードは、MileagePlusセゾンカードにゴールドカードの特典が上乗せされたカードです。年会費22,000円(税込)ですが、マイルアップメンバーズの年会費5,500円(税込)を支払うことなく、業界最高水準のマイル還元率1.5%でマイルをためられます[1,000円(税込)につき15マイル]。

MileagePlusセゾンゴールドカードは充実した特典も魅力的です。最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯するため、海外旅行の際に役立ちます。カード会員本人だけにとどまらず、最高1,000万円の家族特約まで付帯しており、万が一のトラブル時にも安心です。

また、国内主要空港やハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジが使え、旅先でゆったりとした時間を味わえます。マイルをお得にためると同時に、旅先での時間を豊かなものとするクレジットカードです。

MileagePlusセゾンゴールドカードはこちら

MileagePlusセゾンプラチナカード
MileagePlusセゾンプラチナカードは、マイルのためやすさ・特典の豊富さともにシリーズ最高ランクを誇るカードです。年会費55,000円(税込)ですが、1,000円(税込)につき15マイルという最高水準の還元率で、上限なくマイルをためることができます。

海外旅行傷害保険は最高1億円が自動付帯し、国内主要空港やハワイの空港ラウンジを無料で使用可能です。そのうえ、空港ラウンジ「ユナイテッドクラブ」の利用パス(118米ドル分)が、毎年2枚プレゼントされます。

また、秘書のようなコンシェルジュサービスが付いており、ホテルや現地レストランの手配などをサポートします。病気やケガの際には、現地の医師の紹介など手厚い対応を受けることが可能です。旅先での上質な時間を堪能したい方に、ぜひおすすめしたいカードです。

MileagePlusセゾンプラチナカードはこちら

マイルがたまるカードのまとめ

マイルをためる方法は航空機に搭乗するか、マイルのたまるクレジットカードを利用するという2種類になります。出張や旅行が多い方なら航空機に搭乗してためることもできますが、効率よくためるならクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードに付帯するSAISON MILE CLUBのようなマイル特典を利用することで、海外の特典航空券に必要なマイル数を無理なくためることが可能です。

ただし、マイルは航空会社ごとに異なっており、同じエアライン・アライアンスに参加していない航空会社ではマイルの相互利用はできません。自分がためたいマイルを先に決めておきましょう。

また、セゾンカードには、JALのマイル、ユナイテッド航空マイルなど、それぞれにマイルがたまりやすいクレジットカードがあります。マイルの仕組みをよく理解し、ご自身の使いやすいマイレージプログラムを考慮して、マイルのたまりやすいクレジットカードを選択してください。

おすすめのクレジットカード

人気記事