【クレジットカードのことならCredictionary】

QUICPay(クイックペイ)のメリット・デメリットとは?おすすめのカードも紹介

QUICPay(クイックペイ)のメリット・デメリットとは?おすすめのカードも紹介

QUICPay(クイックペイ)は、お店の端末にカードやスマートフォンをかざすだけでお支払いが完了する「簡単・便利」な支払い方法です。

QUICPayは利便性や安全性が高く、利用可能な店舗や対応しているカードが多いことがメリットといえます。また、クレジットカードのポイントが貯まったり、お得なキャンペーン・イベントが実施されていたりする点も魅力です。

ただし、デメリットとして、支払い方法に制限があったり、使いすぎてしまう可能性があったりする点に留意しましょう。

本記事では、QUICPayのメリットやデメリットについて解説し、おすすめカードも紹介します。

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

QUICPay(クイックペイ)の概要

QUICPay(クイックペイ)の概要

QUICPayは、専用カードやスマートフォンをレジの読み取り端末にかざすだけで、暗証番号入力やサインを求められることなく瞬時に支払いが完了する電子マネーです。「QUICPay」や「QUICPay+」のマークがある店舗で利用できます。

スマートフォンタイプは、iPhone(Apple Pay)およびAndroid(Google Pay)で設定可能です。スマートフォンひとつで快適に買物を楽しめるようになるので、お持ちの端末に登録してみてはいかがでしょうか。

詳しい使用方法などについては、以下の記事をご参照ください。
QUICPay(クイックペイ)とは?タイプや使い方、おすすめのカードについて解説

QUICPay(クイックペイ)を利用するメリット

以下は、QUICPayを利用するメリットです。

■支払いがスマートになる
■安全性が高い
■利用可能な店舗や対応しているカードの多さ
■ポイント・キャンペーンでお得になる

各項目について説明します。

支払いがスマートになる

QUICPayの特長は利便性の高さです。設定したスマートフォンひとつでショッピングを楽しめます。小銭を用意する必要が無いのでスマートな会計が可能であり、財布やカードを持ち歩かなくてもよいので快適です。

また、レジの読み取り端末にかざすだけで瞬時に支払いが完了し、サインや暗証番号の入力を求められることはありません。

安全性が高い

クレジットカードの場合、カード番号をレジ担当者に覚えられたり、暗証番号を盗み見られたりする可能性があります。しかし、QUICPayは読み取り端末にかざすだけで支払いが完了するので、そのような心配はありません。

生体認証に対応した端末なら、第三者による不正利用も未然に防げます。iPhoneに設定した場合は、店頭で支払う際に顔認証(Face ID)か指紋認証(Touch ID)を求められるので安心です。

利用可能な店舗や対応しているカードが多い

2020年12月末時点で、QUICPayは全国133万ヵ所以上で利用可能であり、170社以上のカード発行会社に対応しています。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、百貨店、ショッピングモール、家電量販店、飲食店、タクシーといった身近な店舗やサービスで使えるので便利です。

なお、新しいバージョンの「QUICPay+」なら、クレジットカードだけではなくデビットカードやプリペイドカードにも対応しています。

ポイント・キャンペーンでお得になる

QUICPay自体にポイント還元の仕組みは存在しませんが、紐付けられているクレジットカードのポイントが貯まるのでお得です。

また、QUICPay独自のキャンペーンやイベントが随時実施されていることも魅力といえるでしょう。詳細はQUICPayの公式サイトをご覧ください。

QUICPay(クイックペイ)を利用するデメリット

QUICPayを利用する際は、以下に挙げるようなデメリットに留意しましょう。

■支払い方法に制限がある
■使いすぎてしまう可能性がある

各項目について説明します。

支払い方法に制限がある

店頭でQUICPayで支払う際は「1回払い」のみでの利用となります。クレジットカードのように、「分割払い」や「リボ払い」といった支払い方法を指定することはできません。

なお、利用後の支払方法の変更などについては、お持ちのカード発行会社にご確認ください。カードによっては、あとから分割払いやリボ払いに変更できるケースがあります。

使いすぎてしまう可能性がある

クレジットカードと紐付けられている「後払い型」や、デビットカードと紐付けられている「即時払い型」のQUICPayは、事前にチャージする手間がありません。便利ですが、使いすぎてしまう可能性がある点に注意しましょう。

プリペイドカードと紐付けられている「先払い型」なら、チャージした残高の範囲内での利用となるため、使いすぎを防止できます。

QUICPay(クイックペイ)を利用する方におすすめのカード

QUICPayを利用する方におすすめのクレジットカードは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。年会費は初年度無料、2年目以降は1,100円(税込)となっており、前年に1円以上利用すれば翌年も無料になるのでご安心ください。

QUICPayに対応しており、スマートフォンに設定すれば快適にショッピングを楽しめます。Netアンサーから申し込むことで、Android用アプリの「セゾンQUICPay」を利用可能です。iPhoneをご利用の方は、Apple Payに登録することでQUICPayを利用できます。

QUICPay加盟店でApple PayやセゾンQUICPayを使って買物をすると、ショッピング1,000円(税込)の利用につき永久不滅ポイントが6ポイント(約30円相当)付与されるのでお得です。これは利用金額(税込)の3%に相当し、通常の6倍の還元率になります。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

ただし、SAISON MILE CLUBに登録している場合は対象外となる点にご留意ください。

また、加算ポイントは月々の利用明細書またはNetアンサーにて確認可能です(「現在の永久不滅ポイント数」に加算)。なお、利用店舗からの売上データなどの到着後に付与されるため、実際の利用日と付与月が異なる場合があります。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

QUICPayは、利便性や安全性が高く、利用可能な店舗や対応しているカードが多いことが特長です。また、クレジットカードのポイントが貯まったり頻繁にキャンペーンが実施されたりする点もメリットとして挙げられます。

ただし、店頭での支払い方法が1回払いのみとされていたり、使いすぎてしまう可能性があったりするというデメリットに留意しましょう。

おすすめのクレジットカードは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード。スマートフォンに設定してQUICPay加盟店で買物をすると1,000円(税込)につき、ほぼ30円相当の永久不滅ポイント(通常の6倍)が付与されるのでお得です。QUICPayを利用される方は、保有を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事