【クレジットカードのことならCredictionary】

節約するには?生活費の見直し方法とおすすめのクレジットカードを紹介

節約するには?生活費の見直し方法とおすすめのクレジットカードを紹介

節約をしたいと思っていても、なかなか上手くできないと悩んでいませんか?節約ができないと悩んでいる方の多くは、自身の収入と支出のバランスを把握していません。節約をするには、家計簿などを利用して自身の支出を見直す必要があります。

本記事では、具体的に節約するための生活費の見直し方法と、節約するにあたっておすすめのクレジットカードをご紹介します。クレジットカードを賢く使う方法を知りたい方もぜひ参考にしてください。

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル

節約の第一歩!家計簿をつけて節約

まず節約をするために最初に行わなければいけないのは、家計簿をつけるということです。家計簿をつけると、自身の収入から固定費や他の買い物でいくら使っているのか「見える化」することができます。

支出の「見える化」ができれば、無駄に使用しているお金や節約できる支出の認識が可能になります。月々の支出の計画を立てて節約をするためにも、まずは家計簿をつけて収入と支出の「見える化」を行いましょう。

支出の「見える化」をして無駄な出費を把握し、節約ができるようになれば、貯蓄できる額も自然と増えるようになります。

家計簿について詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。「節約したい方必読!家計簿の続けられるつけ方のコツや見直しポイントをご紹介

食費の節約

支出の見直しをしやすいのが食費の節約です。当然のことですが、食費は毎月一定以上のお金を使わなければいけません。

しかし、食費と言っても外食であったり、デリバリーであったりと、その支出にはさまざまな種類があります。1回の食事で高額な料金を支払ってしまう事もありますので、節約ができる部分は節約していきましょう。ここからは、食費に関する具体的な節約方法を説明してきます。

外食を避けて自炊をする

外食を避けて自炊をすることで食費の節約になります。レストランなどでの外食をすると、料理や他のサービス料もかかってしまうこともあるため、自炊に比べて出費が多くなってしまいます。

オフィス勤めや現場勤めの方の中には、ランチを外食で済ませるという方も多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、ランチにも自宅で作ったお弁当を持っていけば、日々のランチ代も節約に繋がります。食費の節約をするためには、まず外食の回数を減らしていきましょう。

スーパーなどの割引日を利用する

スーパーなどの割引日を利用するようにすると食費の節約になります。外食を避けて、自炊するにしても食材は購入する必要があります。外食よりも安くなるものの、食材費用は必ずかかってしまいます。

食材を購入する際には、まとめて1週間分の食材をセール日に購入しておけば、通常料金の日に買い物をするよりも安く済ませることができます。まとめて購入をすれば、手間も時間も省けて無駄な買い物もしなくなります。

居住費の家賃や光熱費の節約

家賃や光熱費は定期的な固定費として必ず支払わなければいけませんが、毎月の固定費だからといって節約ができないわけではありません。

家賃は固定費の中でも、かなり高額になります。そのため、家賃を抑えることができれば、大幅に固定費を削減できて節約につながります。

また、電気やガス代、水道料金などの光熱費も小さな気遣いを続けていれば、大きな節約につながります。ここからは、具体的な居住費や光熱費の節約方法を説明してきましょう。

引越しをして家賃を下げる

引越しをして家賃を下げれば、大きな節約になります。引っ越しには初期費用などがかかるため、まとまった額が必要になります。しかし毎月支払う家賃は固定費の中でも特に大きな支出になります。

当然の事ですが、家賃を抑えれば大幅な節約になります。家賃は住んでいる場所や面積によって変動します。

まずは自身が住んでいる家の場所や面積を見直しましょう。住んでいる場所が通勤のためでなければ、家賃の低い場所に引越してもよいかもしれません。リモートワークが可能なのであれば、家賃の低い地方移住も選択肢に入れてよいでしょう。

家の広さについても、使っていない部屋がでない程度の家に引っ越せば、家賃を削減する事もできます。自身の家と生活環境などを合わせて考慮して、家賃を削減するのも大きな節約になります。

光熱費は小さな気遣いから

水道代や光熱費は小さな気遣いをすれば、節約ができます。光熱費も生活していく上で、必ず支払わなければいけない固定費です。家賃などと比較すれば安くなりますが、年間のトータルで見れば大きな出費になります。

外出時には必ず、電気を消したのか確認することで電気代は節約が可能です。古くなった家電などは、省エネできる新しい家電に買い替えれば月々の電気代も安くなります。

水道もシャワーをこまめに切り、食器洗いでも必要以上の水を使用しないようにすれば、余計な水道代を削れます。光熱費の節約は、こまめに利用を抑えることで大きな効果を生むのです。

通信費のプランを変更して節約

通信費のプラン変更をすれば節約になります。固定費の中でも、大きな出費になっているのは通信費です。携帯電話やインターネット、家庭用テレビなどを使用していれば月々の固定費として支払わなければいけません。

通信費の多くは、数種類のプランを用意しているため、利用していないサービスのために高額な料金を支払っていることもあります。そのため、インターネットや携帯電話、固定電話の料金を見直す必要があります。見直してみるべき通信費を具体的に紹介していきます。

インターネットの通信費はプランを比較して無駄をなくす

インターネットの通信費は、複数以上あるプランから比較して選択すれば、無駄がなくなり節約になります。テレワークなどのために、家でインターネットを多く利用する方はインターネット回線が必要になります。

しかし、家ではとくにインターネットを多く利用しない方なら、速度が遅くて料金の安いプランに変更すれば無駄な通信費を削ることができます。まずは、自身の生活と照らし合わせて、インターネットのプランを検討してみましょう。

お手持ちのスマートフォンのキャリアによっては、インターネットサービスと提携していてセット割引も行っていることが多いです。スマートフォンのキャリアと相性の良いインターネットサービスを利用するようにしましょう。

携帯電話を格安SIMや安い端末に切り替える

携帯電話を格安SIMや安い端末に切り替えるのも通信費の節約になります。携帯電話の料金プランは多少複雑になっていて、利用していないサービスのために料金を支払っていることもあります。

まずは携帯電話のプランを見直し、無駄を省いた自身に合ったプランにしましょう。2021年からは各社とも、新しい格安プランも用意しています。

まずは、サービス内容を調べてみて、問題ないようであればプラン変更で通信費削減に繋げましょう。携帯電話を格安SIMに切り替えるとさらに月々の固定費が削減できます。

携帯電話の利用が多くない方は、格安SIMでも十分に活用できます。また、携帯電話は端末が高額になっていて、分割払いで支払っている方も多いです。なるべく料金の安い端末にすれば、固定費の節約にもなります。

持ち歩くカードを厳選して節約

普段持ち歩くクレジットカードを厳選して使用していれば、お金の節約に繋がります。クレジットカードには、年会費がかかるカードと、そうでないカードがあります。あまり使用していない年会費がかかるクレジットカードを解約すれば、年会費を支払う必要がなくなるので節約になります。

また、カードの用途を限定して使用するカードを決めれば、ポイントも分散しないため、無駄になることもありません。クレジットカードによる節約を詳しく解説していきましょう。

カードを固定化すれば支出を管理しやすい

メインで使用するクレジットカードを固定化すれば、支出を管理しやすくなります。支出を抑えるために大事なことは、家計簿などをつけて支出を「見える化」することです。

使用するクレジットカードが少なければ、明細などを確認するクレジットカードも減ったり、支出の確認がしやすくなったりするため、支出の管理がしやすくなります。

また、使用するカードを絞れば、還元されるポイントが集中します。カードのポイントを利用して買い物をしたり、欲しかった商品に交換できたりする点も節約になります。

生活費の支払いをするメインカードを決める

生活費の支払いをする、メインのクレジットカードを決めておけば節約に繋がります。とくに家賃や光熱費、通信費などの固定費は定期的に必ず支払わなければいけません。

メインのクレジットカードで支払っていけば、手間をかけることなくポイントも還元されていきます。クレジットカードによっては、光熱費や水道代などの公共料金をカード支払いにすることで特典がついています。

利用明細が一括で管理できるので、メインのカードで生活費の支払いを済ませるのは大きな節約になります。

ポイ活(ポイント活動)

クレジットカードを利用してポイ活(ポイント活動)による節約をすることもできます。クレジットカードは還元されるポイントを貯めれば、現金と同じように買い物をすることが可能です。

クレジットカードのポイント還元には、効率よく貯める方法があります。それがポイ活です。ネットでショッピングする際には、ポイントサイトを経由して購入すれば効率良くポイントを貯められます。

貯まったポイントで欲しいものを手に入れることもできるうえに、ポイントで欲しい物を買う場合、現金を使用する必要がありません。クレジットカードを利用したポイ活を継続して行えば、支出にならず大きな節約になります。

節約の条件を兼ね備えたおすすめのカード

生活費の節約をするためには無駄を抑えて、クレジットカードを賢く使うことが大事になります。また、節約するには固定費の支払いに使用できて、ポイントも貯められるカードにする必要があります。

セゾンのクレジットカードなら公共料金などの支払いも可能で、永久不滅ポイントも同時に貯めることができます。ここからは、優待割引でショッピングができて、永久不滅ポイントも貯まりやすいセゾン・パール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は1,100円(税込)で初年度の年会費は無料です。年に1回使用すれば翌年の年会費が無料になります。そのため、メインのカードとして利用すれば、年会費は無料になります。

公共料金の支払いをすることもできるため、その支払い分で自然とポイントを貯めていくこともできます。

また、QUICPay加盟店で、QUICPayを使って買い物をすると、月間ご利用合計金額(税込)の3%相当(永久不滅ポイント6倍)が還元されるため、ポイントがとても貯まりやすいカードです。

ほかにもセゾンポイントモールを経由して買い物をすればポイントが最大30倍になるため、ポイ活を始めてみたい方にも大変おすすめのカードです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

まとめ

まとめ

生活費を節約するためには、自身が何に大きな支出をしているか把握することが大切です。そのため、家計簿などをつけて自身の収入と支出を「見える化」するようにしましょう。自身の支出が「見える化」できれば、節約すべき部分が見えてきます。

無駄遣いをしている部分を認識して、支出を抑えるようにしましょう。外食の回数を減らして、自炊をすれば食費の節約になります。生活をしていく上で必ず支払わなければいけない固定費である家賃、光熱費、通信費を見直すと大きな節約になります。

また、支払い方法でQUICPay加盟店でQUICPayを使用することで、月間ご利用合計金額(税込)の3%相当(永久不滅ポイント6倍)が還元され、セゾポイントモールを経由して買い物をすれば、ポイントが最大で30倍も還元されます。節約方法のひとつでもある「ポイ活」を始めてみようと思っている方には、おすすめできる1枚です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのサービスを利用すれば、利用明細を一括にすることができて支出の管理がしやすくなり、さらに永久不滅ポイントも貯まります。生活費を節約して貯金をしていきたい方は、ぜひ検討してみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事