【クレジットカードのことならCredictionary】

お金を貯めるポイントは収支のバランスにある!貯まらない原因・貯金のコツをご紹介

お金を貯めるポイントは収支のバランスにある!貯まらない原因・貯金のコツをご紹介

「お金を貯めたいけど、何からすれば良いのかわからない…」という方は多いのではないでしょうか?これまで何度もお金を貯めようとしたけど、上手くいかなかったという経験もあるかと思います。

そこで本記事では、お金が貯まらない理由や貯金をするためにやるべきことについて解説します。やるべきことの1つとしてクレジットカードの活用がありますが、本記事ではおすすめのセゾンのクレジットカードについてもご紹介します。

セゾンパールセゾンパール

お金が貯まらない理由

お金が貯まらない主な理由は、「収支のバランスが取れていない」または「貯金に対する明確な目標がない」という2つが挙げられます。

お金を貯めるためには、毎月貯金に回すためのお金を確保しなければいけません。しかし、収支のバランスが取れていないとその分のお金を確保できず、お金が貯まりにくくなります。

また、貯金に対する明確な目標が定まっていないと、毎月貯金する金額にばらつきが生じやすくなり、効率的な貯金が難しくなります。

お金を貯める際は、「いつまでにいくら必要なのか」を目標として定め、その目標に合わせた計画的な貯金が必要です。

年齢別にみる平均貯金額

具体的な貯金額を設定する目安として、年齢別の平均的な貯金額を参考としたい方は多いのではないでしょうか?

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(令和2年)」によると、年齢別の平均貯金額は以下のようになっています。

年齢 平均貯金額(平均値) 平均貯金額(中央値)
20代 113万円 8万円
30代 327万円 70万円
40代 666万円 40万円
50代 924万円 30万円
60代 1,305万円 300万円

今回は、平均値だけではなく中央値も参考データとして紹介しています。

「データの合計を個数で割った値」である平均値と異なり、中央値は「データを順に並べ、その順番のちょうど真ん中の値」を示します。

平均値は極端に貯金の多い方がいる場合、その分平均的な貯金額も高くなってしまいます。

そのため、より参考としやすい中央値を併記しています。

平均貯金額を把握すると、貯金の明確な目標を立てやすくなります。ぜひ参考にしてください。

お金を貯めるために知っておきたい2つの支出

お金を貯めるために必要なことはさまざまですが、なかでも「固定費」、「変動費」の2つの支出について知ることは非常に大切です。

これらの支出について理解すると、お金を貯めるために必要なことや、節約する具体的な方法が浮かび上がってきます。

以下では、それぞれの支出について詳しくご説明します。

固定費

まずは、固定費についてです。固定費とは、毎月定額で発生する支出のことです。金額が固定されているため、固定費といいます。

具体的には、家賃や住宅ローンといった住居費、携帯電話やインターネットにかかる通信費、保険料などが固定費に含まれます。

固定費は、1度金額を見直すだけでその後も節約効果が継続的に持続するため、お金を貯めたいなら、まずは固定費の節約に取り組むのが効果的です。

なかでも、見直すなら通信費がおすすめです。料金プランやキャリアを見直すだけで大幅に料金が下がる場合があるので、何年間も変えていないという方は1度見直しをしてみるとよいかもしれません。

変動費

次は、変動費についてです。変動費とは、毎月金額が変動する支出のことです。月によっては、発生しない費用もあるかもしれません。

具体的には、食費や日用品代、交際費や医療費、光熱費などが変動費に含まれます。

変動費を節約するとなると、日々かつ長期的に金額を抑えるための行動を続ける必要があるので、固定費を下げるよりも大変に感じる方が多いかもしれません。

しかし、なかには比較的節約しやすい変動費もあります。

例えば、食費や光熱費は節約しやすいタイプの変動費です。普段から自炊するように心掛ける、エアコンの設定温度を調節する、節水効果のあるシャワーヘッドを使う、などの方法で節約できるでしょう。

食費や光熱費などにお金がかかっている方は、具体的な内訳を見直し、節約できる部分がないか確認してみてはいかがでしょうか?

貯金方法は「支出の抑制」か「収入の増加」に2分できる

毎月貯金に回せる金額は、収入から支出を引いて残ったお金によって決定します。

例えば、毎月の収入が25万で支出の合計が20万円だった場合、残りの5万円が貯金に回せる金額となります。

この時、貯金額を7万円に増やすには「支出を18万円に抑える」、または「収入を27万円に増やす」どちらかの方法が考えられるでしょう。

なお、収入を増やすよりは支出を抑えるするほうが簡単なため、まずは支出をどう抑えるか検討するのがおすすめです。

ここからは、支出の抑制および収入の増加につながる具体策をそれぞれ5つずつご紹介します。

支出を抑制する5つの方法

まずは、支出を抑制する方法を5つご紹介します。

日常生活のなかに簡単に取り入れられることを主にご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

家計簿をつける

1つめは、家計簿をつけることです。家計簿をつけると毎月かかりすぎている固定費や変動費が明白になるため、余計な支出を減らしやすくなります。

また、家計簿をつける際は、家計簿アプリの活用がおすすめです。

今では高性能な家計簿アプリがたくさん登場しており、レシートを撮影するだけで支出データとして読み込めたり、クレジットカードや銀行口座と連携すると自動で家計簿アプリに反映させたりすることができます。

家計簿アプリならスマートフォンで手軽に家計簿をつけられるので、家計簿をつけるのが初めての方でも続けやすいでしょう。

先取り貯金をする

2つめは、毎月決まった金額を先に貯金する「先取り貯金」をすることです。

貯金額を先取りするので、月残ったお金を貯金する一般的な貯金方法よりも、確実に貯金ができるでしょう。

さらに、先取りすることで無駄遣いが減り、支出の抑制にも繋がります。

「先取りして月末に苦しくなるのが心配…」という方は、まずは5,000円や10,000円など少ない金額から実践し、余裕がありそうなら少しずつ増額するのがおすすめです。

もしボーナス月があるなら、ボーナス月だけ先取り貯金額を数万円増額して多めに貯めるといった工夫をしてみるのもよいでしょう。

このように、給料を使う前に貯金額を先取りするという方法をとれば、お金の管理が苦手な方でも貯金がしやすくなります。

先取り貯金なら、貯金しようとしていた(残そうとしていた)金額を間違って使いこんでしまうこともほぼなくなるため、おすすめの貯金方法です。

1ヵ月の間に使えるお金を把握する

3つめは、1ヵ月の間に使えるお金を把握することです。1ヵ月の間に使えるお金は、以下のように算出できます。

1ヵ月の間に使えるお金(変動費)=手取り月収-先取り貯金額-固定費

上記でご紹介した先取り貯金を行う場合、手取り月収から先取り貯金額と固定費を差し引いた金額が、1ヵ月の間に変動費として使えるお金です。

上記の式に沿ってやりくりをすれば、貯金と固定費の確保ができ、その分変動費も減るため、余計な支出を抑制できます。

こちらを意識するには、手取り月収と先取り貯金額、そして固定費を把握する必要があるので、やはり家計簿が役に立つでしょう。

もし1ヵ月でお金の管理ができるか不安な場合は、1週間ずつに分けて管理すると比較的やりやすいかもしれません。

封筒に分けて管理したり、1週間分だけ口座から引き出すようにしたりすると、誤って使い込んでしまう心配がなくなります。

買物をするときは予算を決める

4つめは、買物をするときの予算を決めることです。1回の買物に対して、「今日は〇円以内で済ませよう」といった形で予算を決めておくと、余計な商品を買うことがなくなり、支出の抑制に繋がります。

また、使える予算が決まっていると自動的に倹約モードになるため、特売品や見切り品、半額シールが貼られている商品の中からやりくりする力も身に付きます。

「適切な予算がわからない」という方は家計簿をつけて、いつもどれくらいの支出が発生しているのかを把握するところから始めるとよいでしょう。

ふるさと納税をはじめとした控除制度を利用する

支出を抑制する方法の5つめは、控除制度の活用です。ふるさと納税や医療費控除などの制度を活用すると、支払う税金を節約できます。

控除制度を活用するためには、一般的に確定申告を自身で行う必要がありますが、その分税金への知識が深まり、より確かな金銭感覚が身に付きます。

面倒に感じるかもしれませんが、支出を少しでも抑制したい方はぜひ確定申告の手続きを検討しましょう。

なお、ふるさと納税を活用する場合は、確定申告をせずに控除を受けられる「ワンストップ特例制度」を利用できます。利用するためには申請条件を満たす必要がありますが、手間をかけずに税金を節約できるため、確定申告を行う時間がない方におすすめです。

収入を増加させる5つの方法

支出を抑制するだけでなく、自身の収入を増やすことでも貯金に回せる金額は増加します。

今すぐ始められるものから大きく収入をあげられる可能性があるものまで、収入の増加方法を5つご紹介するので、挑戦できそうな方法があればぜひ実践してみてください。

不用品を売却する

1つめが、不用品の売却です。

自宅にある不用品を買取業者に売却すれば、一時的に自身の収入を増やせます。不用品がある方であれば誰でも実践できるため、収入を増やすことに対して敷居の高さを感じている方でも手軽に挑戦できます。

ただし、収入が増えるのは不用品を売却した月だけです。本格的に収入の増加を目指す場合は、不用品の売却をメインにするのではなく、他の方法と併用して収入を増やすとよいでしょう。

より給与の高い職場へ転職する

2つめの方法が、より給与が高い職場への転職です。今より給与面の待遇が良い職場へ転職すると、毎月の収入が増加します。

転職に不安を感じる方もいるかもしれませんが、今の職場と同じ業種であれば、ある程度スムーズに転職ができます。

また、給与水準が全体的に低い業界で勤務している方は、思い切って違う業界への転職を検討するのもおすすめです。

実際に転職活動を行う際は後悔しないためにも、転職を希望する企業や業界の給与水準をしっかりとリサーチしておきましょう。給与水準だけでなく、福利厚生の面を確認することも大切です。

副業をはじめる

時間にある程度余裕のある方は、副業に挑戦するのがおすすめです。本業以外に収入源が増えると、さらに多くの収入を得られます。

現在では仕事の受発注をサポートするサービスが増えてきており、副業を始めるハードルが低くなっています。

案件の種類はさまざまですが、なかにはデータの入力やアンケートへの回答など、スキルがなくても始められる副業もあるので、ぜひ探してみてください。

また、専門的なスキルが必要となる案件は、比較的報酬が良い傾向があります。

ただし、会社によっては、副業を禁止している場合があるので注意してください。副業に挑戦する際は、本業の就業規則を事前に確認しておくとよいでしょう。

副業の種類、確定申告の必要性については下記関連記事もご確認ください。

サラリーマンの副業6選!変化していく働き方

資格を取得する

4つめの方法が、資格の取得です。指定の資格取得者に対して手当を支給する職場で勤務している方は、その資格を取得し手当を受け取ることで、自身の収入を底上げできます。

また、取得する資格によっては、同じ業界の職場に転職する際に有利となる可能性もあります。

自身の仕事に関わる資格の勉強は、仕事の効率や業績向上にもつながります。収入の底上げ以外にもメリットが存在しますので、職種によっては積極的に考えたい選択肢のひとつといえます。

iDeCoを活用する

収入を増やす5つめの方法が、iDeCoの活用です。

iDeCoとは、自分が拠出した掛金を運用して資産を育成する年金制度です。積み立てたお金を自身で選んだ投資商品で運用し、形成された資産を60歳以降に受け取れます。

ただし、iDeCoは老後のお金を確保するための制度なので、短期的に貯金をしたい方には向いていません。「老後の不安を解消するために貯金をしたい」と考えている方向けの制度です。

クレジットカードを使えば日々の買物や固定費の支払いでポイントを獲得できる

クレジットカードを使えば日々の買物や固定費の支払いでポイントを獲得できる

お金を貯めたい方は、各種ポイント制度の活用を意識してみてください。最も代表的なポイントの使い方は、ポイントによる支払いです。

買物の際にカードやアプリを提示してポイントを集め、集めたポイントで会計を済ませれば、会計時のひと手間だけで貯金額を増やせます。

ポイントを貯められるサービスはさまざまありますが、本格的にポイントを貯めたいならクレジットカードのポイントサービスがおすすめです。

クレジットカードは、手元に現金がなくても支払いができるというだけではなく、支払い時に一定割合のポイントが貯まる点も魅力のうちのひとつです。

日々の買物でポイントが貯まるのはもちろん、固定費の支払いにもクレジットカードを利用すれば毎月一定のポイントが貯まります。

貯まったポイントは、買い物をする際の支払いや電子マネーへのチャージ、アイテムへの交換など、さまざまな用途に使えます。

クレジットカードでの支払いは、いわば一部のお金がポイントという形で戻ってくるようなものなので、なるべく活用するようにしましょう。

セゾンのクレジットカードならポイントが貯まりやすい!

セゾンのクレジットカードならポイントが貯まりやすい!

「お金を貯めるためにクレジットカードを活用したいけど、せっかくならポイントが貯まりやすいカードを作りたい」という方におすすめなのが、セゾンが発行しているクレジットカードです。

ここでは、そのうちの1枚として「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」をご紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital」は、QUICPay™加盟店で利用することにより、有効期限のない「永久不滅ポイント」が3%相当還元されるお得なクレジットカードです。

QUICPay™の加盟店はコンビニから、スーパー、ドラッグストアなど全国133万ヵ所以上あり、多くのお店で利用できます。(2021年8月現在)

また、25歳未満の方は、セゾンカード公式スマホアプリ「セゾンPortal」で提供されている「セゾンクラッセ」を利用すれば、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートでQUICPay™を利用した際の永久不滅ポイントの還元率が、最大5%相当にアップします。

「セゾンクラッセ」は「セゾンPortal」内の「クラッセ」ボタンを押すだけで利用できますので、25歳未満の方はぜひご活用ください。

年会費は初年度無料、2年目以降は1,100円(税込)ですが、年1円以上の利用で翌年も年会費無料で利用できるため、保有コストがほとんどかかりません。お金を貯めたい方にはピッタリのクレジットカードです。

また、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital」は、審査完了後、最短5分でデジタルカードが発行され、即時利用が可能です。

カード番号やセキュリティコードの管理、利用明細の閲覧などは、すべてスマートフォンのアプリから行えるため、後日送られるナンバーレスカードを受け取るまでは、デジタルカードを利用してネットショッピングができます。

さらに、カード会員に向けた優待特典や特別なキャンペーンなどの情報を提供するアメリカン・エキスプレス(R)会員限定の優待「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用可能です。

ネットショッピングや旅行の際に活用できるキャッシュバック・割引特典などが450点以上集約されていますので、お得に暮らしたい方はぜひご活用ください。

バーチャルカードのように即座に利用できるスピーディさと、クレジットカードの持つメリットを兼ね備えたカードを、貯金に役立ててみてはいかがでしょうか?

セゾンパールセゾンパール

お金を貯めるためには支払い手段を見直そう

本記事では、お金が貯まらない理由や支出の抑制方法、収入の増加方法などについて、詳しく解説しました。

お金を貯めるにあたっては、まず固定費と変動費についての理解が大切です。そのうえで、支出の抑制や収入を増やす工夫をし、貯金に回す金額を増やすことで、よりスムーズにお金を貯められるでしょう。

また、節約方法の1つとして、クレジットカードの活用も欠かせません。ポイントが貯まりやすいセゾンのクレジットカードを、ぜひ役立ててみてはいかがでしょうか?

おすすめのクレジットカード

人気記事