Credictionary

プラチナカードのラウンジ特典ってどんなもの?セゾンのおすすめプラチナカードも

プラチナカードのラウンジ特典ってどんなもの?セゾンのおすすめプラチナカードも

プラチナカードにはさまざまな特典やサービスが付帯していますが、プラチナカードのようなグレードの高いカードの付帯サービスとしてまず思いつくのは、空港ラウンジサービスではないでしょうか。

まだ、空港ラウンジを利用したことが無い方の場合、どんなサービスが受けられるかあまり分かっていないという方も多いのでではないのでしょうか?

この記事では、プラチナカードに付帯している空港ラウンジサービスの内容や、空港ラウンジが利用できるセゾンのおすすめプラチナカードについて説明します。

プラチナカード所有者は空港ラウンジが利用できる

プラチナカード所有者は空港ラウンジが利用できる

空港ラウンジサービスは、ゴールドカードやプラチナカードのようなグレードの高いカードに付帯しているサービスです。

ゴールドカードの中には、空港ラウンジサービスが付帯していないものもありますが、プラチナカードのグレードにまでなれば、すべてのカードに空港ラウンジサービスが付帯しています。

プラチナカードの種類によって利用できる空港ラウンジに違いはあるものの、プラチナカードではプライオリティ・パスに無料で登録できることが多いです。

プライオリティ・パスに登録することで、海外・国内の空港で専用のラウンジサービスが利用できるようになります。

空港ラウンジでできること

空港ラウンジは言ってみれば「特別な待合室」であり、広々とした空間に大きめのソファや一人掛け用のイスがいくつも並んでいます。

その近くには軽食やアルコールを含むドリンクが用意されているので、ラウンジ利用者は好きなものを無料で楽しむことが可能です(一部有料のものもあります)。

マッサージチェアやシャワールームが備え付けられているラウンジもあるので、リラックスしたりちょっと汗を流したりしたいときにも便利です。

ビジネス用のエリアには専用のWi-Fiもあり、個室や半個室も利用できるので、ビジネスマンがフライト前にちょっとした打ち合わせやプレゼンの最終確認などをおこなうのにも役立ちます。

それぞれの方がフライト前の時間を有意義に過ごすための場所が、空港ラウンジと言えるでしょう。

プラチナカード所有者が登録できるプライオリティ・パスとは

プラチナカード所有者が登録できるプライオリティ・パスとは

先ほど「プラチナカードではプライオリティ・パスに登録できることが多い」とお伝えしましたが、プライオリティ・パスとは世界中で空港ラウンジが利用できるサービスのことです。

利用できる空港ラウンジは148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上なので、飛行機を利用する機会が多い方にとっては非常に便利なサービスと言えます。

プライオリティ・パスにはスタンダード、スタンダード・プラス、プレステージの3つのグレードがあり、それぞれ年会費やラウンジを利用する際の料金などが異なります。

例えばスタンダードでは年会費がUS$99(約10,700円※)で、1回のラウンジ利用でUS$32(約3,500円※)が必要ですが、プレステージでは年会費がUS$429(約46,000円※)と高めに設定されている代わりに、ラウンジは何回でも無料で利用できます。

プラチナカード会員はプライオリティ・パスのプレステージに年会費無料で登録できるので、その点は非常に優遇されているといえます。

※いずれも2020年6月現在

プライオリティ・パスの登録方法

プライオリティ・パスの登録方法

プライオリティ・パスの登録方法は、専用サイトから申し込むだけで登録が完了します。

セゾンのプラチナカードを利用してプライオリティ・パスに登録する場合は、Netアンサー「カード限定」メニュー内の『空港ラウンジ「プライオリティパス」』からできます。

もしくはカード裏面のインフォメーションセンターへ問い合わせることでも申し込むことができます。(カードを手元に用意したうえでカード会員本人から連絡する必要があります)。

プライオリティ・パスの使い方

プライオリティ・パスの使い方

プライオリティ・パスで空港ラウンジを利用する場合、ラウンジ受付にてプライオリティ・パスカードと当日の搭乗券を提示します。

当日飛行機に乗ることが証明できればいいので、搭乗券ではなくeチケットの控えなどでもかまいません。

ラウンジの利用人数を確認し、カードをスキャンします。端末にてサインをおこない、控えのレシートを受け取れば手続きは完了です。

なお、プラチナカードで登録できるプライオリティ・パスのプレステージ会員であればラウンジは何度でも無料で利用できますが、同伴者がいる場合は1人につきUS$32 (約3,500円※)のラウンジ利用料金が必要になります。

このようにラウンジを利用する際に料金が必要な場合でも、その場で料金を請求されることはなく、後日クレジットカードから自動的に引き落とされます。

※2020年6月現在

空港ラウンジをよく利用するならセゾンのプラチナカード

空港ラウンジをよく利用するならセゾンのプラチナカード

プライオリティ・パスは、空港ラウンジをよく利用する場合にはぜひ利用したいサービスです。

セゾンが発行するクレジットカードでプライオリティ・パスに無料で登録できるのは、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの2種類です。

これらのカードにはプライオリティ・パスに登録できる以外にもさまざまなメリットがあるので、以下で詳しく説明していきます。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンが発行するカードでは「永久不滅ポイント」というポイントを貯められますが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、国内利用でのポイント還元率が1.5倍、海外利用でのポイント還元率が2倍に設定されています。

そのため、普段使いでも海外旅行時におみやげを買う場合でも、さまざまシーンで永久不滅ポイントをためることができます。

プライオリティ・パスに登録することで世界中の空港ラウンジを利用できるようになりますが、本カードではプライオリティ・パスに登録しなくとも、国内の主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが利用可能です。

クレジットカードの定番の付帯サービスである旅行傷害保険に関しても、海外旅行なら最高1億円、国内旅行なら最高5,000万円を補償してくれる保険が自動付帯しているので安心です。

海外旅行に行く際に現地の言葉が不安でも、カードデスク・サービスや海外アシスタンスデスクでは日本語でさまざまなサポートをしてもらえるので、困ったことがあったりトラブルが起きたりした場合は電話するといいでしょう。

海外旅行のような特別なシーンだけではなく、日常生活でも使いやすいのも本カードの大きな魅力です。

毎月第1・第3土曜日の恒例開催日および特別開催日に、西友・リヴィン・サニーでのショッピング時に本カードをご利用すれば代金が5%オフになるので、お得にショッピングができます。

お得にショッピングができるのは西友・リヴィン・サニーだけではなく、ロフトでは毎月の月末の金土日および年数回の優待会で、パルコでは毎月第1土・日曜日にショッピング代金が5%オフになります。

5%オフの恩恵を受けられるタイミングで対象のお店でまとめ買いをすることで、出費をかなり節約できるでしょう。

年会費は22,000円(税込)で、これだけさまざまな恩恵を受けることができるのであれば、年会費以上の価値があるといえるでしょう。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは個人向けのカードですが、本カードは法人や個人事業主向けのカードであり、ビジネスに役立つ特典が多数付帯しています。

「ビジネス・アドバンテージ」はビジネスカード会員限定の優待プログラムで、ビジネスを効率化させるのに非常に便利です。

西濃運輸のカンガルーミニ便を優待金額で利用できたり、TKPの貸会議室ネットに掲載されている会議室の室料が10%オフになったり、オフィス・デポの商品代金が3%オフになったりと、ビジネスシーンで役立つ優待が数多く用意されています。

クラウド型会計ソフトの「freee」も最大3ヵ月間無料で利用可能で、freeeに本カードを連携させれば本カードで支払った分の経費管理の手間が省けます。

引き落とし口座も個人名義口座と法人名義口座 (※)から選べるため、法人名義口座を選ぶことで経費管理がよりスムーズになります。

※法人口座(代表者名併記のもの)でご設定いただけます。

ポイント還元率は国内での利用だと通常どおりですが、海外で利用する場合は還元率2倍で利用できます。

年会費1枚3,300円(税込)の追加カードを最大4枚まで発行できるので、海外出張の機会が多い会社であれば、社員に追加カードを持たせて出張先での支払いをそのカードで行わせるようにしましょう。

永久不滅ポイントがどんどん貯まっていき、貯まったポイントをオフィスの備品購入などに用いることで経費削減にもつながります。

旅行傷害保険、プライオリティ・パスを含む空港ラウンジサービス、海外でのサポート体制などはセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードと同じなので、本カードが1枚あれば海外出張のサポートは万全です。

年会費は22,000円(税込)で、年間200万円以上のショッピング利用(キャッシングや年会費含まない)があれば、次年度の年会費が半額の11,000円(税込)になります。

年間200万円以上のカード決済を行う会社であれば、1万円台の年会費でプラチナカードのサービスを受けることが可能です。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナカードがあればラウンジが利用できる!

プラチナカードには空港ラウンジサービスが付帯していますし、プラチナカードではプライオリティ・パスに登録できることも多いので、プラチナカードを持っていれば空港ラウンジを利用できると考えておいて問題ありません。

セゾンが発行するプラチナカードでも、プライオリティ・パスへの登録が可能です。

プラチナカードで空港ラウンジを利用したい、特典やサービスを利用したいとお考えの場合は、ぜひ検討候補に入れてみてはいかがでしょうか。

なお、今回はセゾンが発行する2種類のプラチナカードの特典内容などをご紹介しましたが、プラチナカードの特徴や特典などについてより詳しく知りたい場合は、「プラチナカードの特典内容は?利用するメリットとデメリットも解説!」も参考にしてみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事