コンビニで公共料金をクレジットカードで支払える?

コンビニで公共料金をクレジットカードで支払える?

24時間いつでも営業しているコンビニは食料品や雑貨の販売以外にも、水道や電気代などの公共料金の支払いが可能です。

そこで今回は、コンビニで公共料金をクレジットカード払いできるのか解説します。どんな公共料金をコンビニで支払えるのか、公共料金をクレジットカード払いすることのメリットはあるのかなども解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

即日発行可能なクレジットカード

セゾンカードインターナショナルセゾンカードインターナショナル
セゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーンセゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーン

コンビニで公共料金を支払う方法は現金払いがほとんど

セブン・イレブンやファミリーマートなどのコンビニでは、料金収納代理業務を行っており、下記の公共料金を24時間いつでも支払えます。

● 電気料金
● ガス料金
● 電話料金(固定電話の通話料金など)
● 水道料金
● NHK(受信料)など

銀行や郵便局に行かなくても支払えますが、これらの公共料金をコンビニで支払う方法は現金払いがほとんどで、クレジットカードで支払うことはできません。

全国展開している大手コンビニのセブン・イレブン、ローソン、ファミリーマートでは、公式ホームページ上に「公共料金などの各種代金お支払い」でクレジットカード払いはできないと明記されています。

また、クレジットカード払い以外にも、下記の方法での公共料金の支払いはできません。

● 交通系電子マネー
● 楽天Edy
● iD
● QUICPay
● デビットカード
● バーコード決済
● QUOカード
● 各種商品券
● お買物券

コンビニで公共料金を支払う際には、送付されてくる払込用紙を一緒に持っていく必要があります。支払う際に運転免許証などの身分証は必要ありません。

公共料金をコンビニで現金払いすることのメリットは、銀行や郵便局のように場所や営業時間が限定されていないため、24時間いつでも好きなタイミングで支払いに行けることです。

一方で公共料金を現金払いするデメリットは下記の2つになります。

● 現金を用意する必要がある
● ポイントが貯まらない

コンビニで公共料金を支払う際には、毎回支払う金額分を用意しなければならず、そのために銀行や郵便局、コンビニなどのATMを使用するのは手間とコストがかかってしまいます。

コンビニやクレジットカードには独自のポイントサービスがありますが、公共料金を現金払いで済ませてしまうと、どちらのポイントも獲得できません。少なくともクレジットカードのポイントは、次項で解説する方法を取れば、公共料金の支払いでもポイントが貯まります。

セゾンパールセゾンパール

コンビニ以外で公共料金をクレジットカードで支払う方法

コンビニ以外で公共料金をクレジットカードで支払う方法

結論から申し上げれば、公共料金をクレジットカードで支払う方法ことができます。

公共料金の支払方法は、以前はコンビニや銀行で現金払いをするか、口座振替(自動引落)しかありませんでしたが、現在ではほとんどの公共料金がクレジットカード払いに対応しています。

下記はクレジットカードで支払いが可能な公共料金の一例になります。

● 電気代
● ガス代
● 水道代
● 電話代(固定電話の電話料金など)
● NHK(受信料)
※一部利用できない場合もあります

クレジットカード払いで公共料金を支払うことの最大のメリットは、クレジットカードのポイントが貯まることです。

コンビニで現金払いしても、コンビニやクレジットカードのポイントは付与されませんが、クレジットカード払いなら支払った金額に応じてポイントが付与されます。

どれだけのポイントが付与されるのか、シミュレーションしてみましょう。

今回は夫婦二人の世帯の公共料金をセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードで支払ったとします。

例えば、1ヵ月の公共料金及び通信費の合計が33,000円(税込)(電気代が6,000円、ガス代4,000円、水道3,000円、携帯電話・ネット回線費が20,000円)だったとします。

初年度年会費無料のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでは、ショッピングなどの支払い時に永久不滅ポイントが1,000円(税込)ごとに通常1ポイントが貯まります。

クレジットカードでの支払合計は33,000円のため、永久不滅ポイントは33ポイント付与されます。公共料金をクレジットカード払いにすることで、年間およそ400ポイントが貯まる計算になります。

貯めた永久不滅ポイントは300種類以上の人気アイテムに交換できます。また、永久不滅ポイントが400ポイント(1ポイント=5円相当)あれば、Amazonギフト券2,000円分に交換できます。

現金で支払ってもポイントが貯まらないことを考えると、クレジットカード払いの方がポイントが貯まる分お得になります。

ほかにも、公共料金をクレジットカード払いにすることで下記のメリットがあります。

● 公共料金の総額や変化を把握しやすい
● 公共料金の支払い日をまとめられる

クレジットカードで支払いをすると、クレジットカードの利用明細書に各種公共料金の明細がきちんと記録されます。個別のご利用明細書を保管しなくても、どの公共料金にいくら支払っているのか、総額はいくらなのか、公共料金の支払いが増えているのかなどのチェックがしやすくなります。

クレジットカードの支払い日はクレジットカードごとに異なりますが、原則としては月に一度です。公共料金を現金で支払う場合、まとめて支払おうとしても支払い期限がバラバラなため複数回に分けて支払うことになりますが、クレジットカード払いに統一しておけば、支払い日を一日にまとめられるので管理しやすいです。

事前にクレジットカードを登録して自動決済

コンビニで現金払いするよりも、ポイントが貯まりメリットも多いクレジットカード払いですが、事前に登録をする必要があります。

公共料金によってはクレジットカード会社のホームページから申し込むか、現在契約している電気会社やガス会社などにクレジットカード払いの申し込み手続きをします。その際は、下記の注意点に気を付けましょう。

● 申し込んだ当日に切り替わる訳ではない
● クレジットカードの番号が変更されたら変更手続き
● クレジットカードの種類によっては支払えない
● 一部地域ではクレジットカード払いができない
● 引っ越しをするなら解約手続き

電気会社やガス会社によって異なりますが、クレジットカード払いに切り替わるまでにある程度の日数がかかります。インターネットで申し込んだ場合は2~3日、申込書にて申し込んだ場合は会社に届いてから10日程度かかるとされており、切り替わる前に払込用紙などが届く場合もあります。

また、紛失や盗難などによりクレジットカードを再発行した場合は、カード番号が変わるため、クレジットカード払いをしている公共料金の窓口に新しいクレジットカードの変更手続きが必要です。

クレジットカード会社によっては、対象加盟店(電気会社やガス会社など)での支払いに使用しているならクレジットカードの変更手続きを代行する場合もありますが、基本的には自分で変更手続きをしましょう。その際、新しいクレジットカード番号に変更されるまで時間がかかる可能性もあるため、クレジットカード番号が変わったら早めに手続きを済ませましょう。

利用できるクレジットカードは電気会社やガス会社によって異なります。大抵のクレジットカードが対応していますが、自分の使用したいクレジットカードが利用できるかどうかは確認しましょう。

一部地域ではクレジットカード払いができないという場合もあります。例えば、横須賀市上下水道局では料金収入の減少とクレジットカード払いにすることで経費が増え料金水準に影響することを考慮して、クレジットカード払いを記事執筆時点では取り扱っていません。

意外と見落としがちなのが、引っ越しをする際に公共料金の支払いを解約することです。電気、ガス、水道といったライフラインは自分で解約手続きをしないと、引っ越したあとでも自動的にクレジットカード払いが続いてしまいます。

また、電気などは解約手続きの際に事業者がメーターなどを確認をします。そのため、退去当日になってから解約申し込みをしても間に合わないので、余裕を持って手続きを始めましょう。

公共料金をクレジットカードで支払うときは、これらの注意点に気を付けましょう。

公共料金をクレジットカードで払うならセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめ

公共料金をクレジットカードで支払うのであれば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

年会費は通常1,100円(税込)となっています。初年度の年会費は無料で、さらに翌年度の年会費は年1回以上のカード利用で無料になります。
つまり、公共料金などの支払いをクレジットカードにしておけば、年会費が発生せず、永久不滅ポイントを獲得できるクレジットカードです。

さらにセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレスのカード会員の方だけが利用できる特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用できることも魅力のひとつです。

セゾンパールセゾンパール

よくある質問

Q1 コンビニで公共料金をクレジットカードで支払うことはできる?

公共料金をコンビニで支払う方法は現金払いがほとんどで、クレジットカードで支払うことはできません。

Q2 公共料金はクレジットカードで支払える?

公共料金の支払方法は、以前はコンビニや銀行で現金払いをするか、口座振替(自動引落)しかありませんでしたが、現在ではほとんどの公共料金がクレジットカード払いに対応しています。

公共料金をコンビニで支払う方法のまとめ

公共料金をコンビニで支払う方法は基本的に現金払いとなり、クレジットカードで支払うことはできません。

現金払いは24時間いつでも好きなタイミングに支払えますが、支払期日をうっかり忘れてしまったり、現金を用意したりする手間がかかる、現金支払いではポイントが貯まらないなどのデメリットがあります。

そこでおすすめなのが、各種公共料金をクレジットカード払いで申し込むことです。クレジットカード払いだと、自動的にカードから引き落とされ、支払い料金に応じてポイントが付与されます。

セゾンカードなら永久不滅ポイントが支払金額1,000円(税込)ごとに1ポイント付与され、人気のアイテムや別のポイントサービスとの交換に利用できます。同じ公共料金の支払いを現金払いでするよりもお得になります。

セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード新規ご入会特典のご案内

おすすめのクレジットカード

関連記事

おすすめのクレジットカード

人気記事