初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

公共料金は、まとめ払いでポイントを貯めよう!クレジットカードで支払うとメリットばかり!

公共料金は、まとめ払いでポイントを貯めよう!クレジットカードで支払うとメリットばかり!

公共料金や携帯電話のお支払いを口座振替にしている方が多いのではないでしょうか。 しかし、クレジットカード払いにした方がメリットが多いことを知っていますか? 今回は、公共料金をクレジットカード支払いに変更したときに、どんなメリットがあるのか、具体的にご紹介します。 この記事を読んだら、あなたも今すぐ公共料金をクレジットカードでのお支払いでひとまとめにしたくなるはず。

1.ポイントが貯まる!

公共料金は、毎月必ず支払っているものです。
電気代を月5,000円支払っていると、年間で60,000円にもなります。その金額を現金で支払うとポイントは貯まりませんが、クレジットカードで支払うと金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まります。
セゾンカードなら、有効期限のない永久不滅ポイントが1,000円で1ポイント(=約5円相当)貯まります。

2.管理がしやすい!

皆さんは公共料金の明細をこまめにチェックしていますか?毎月しっかり把握して、明細も保管している方もいらっしゃると思いますが、いくつも明細があって管理が大変だと感じる方も中にはいらっしゃいますよね。

そんな方におすすめなのが、クレジットカード払いで明細を1枚にまとめてしまうこと。公共料金すべての支払いをクレジットカードにすることで、カード明細の1枚で公共料金の使用料金を把握することが出来ます。何枚も明細を見比べるのが面倒という方は、クレジットカード払いがおすすめです。

3.支払日を固定できる!

公共料金をクレジットカード払いにすると、支払日を全てクレジットカードの引き落とし日にまとめることができます。口座引き落としで公共料金の支払いをしていると、電気料金は5日、ガス料金は25日、水道料金は上下水それぞれ2か月に1度など、引き落とし日もバラバラになってしまいますよね。

金額も毎回違う方がほとんどですので、今月の“いつ”に“いくら”引き落とされるのか把握できていないと、金額が足りなくて口座引き落としができないということも起こってしまいます。そこで、クレジットカードでの支払いにすれば、クレジットカードの引き落とし日を把握しているだけで良いので管理が楽になりますね。

解約の際に支払い方法の変更を。
クレジットカード払いの注意点

解約の際に支払い方法の変更を。 クレジットカード払いの注意点

ここまでクレジットカード払いにしたときのメリットについて紹介してきましたが、注意すべき点もあることを知っておきましょう。

再発行

紛失などで、クレジットカードを再発行したときは各公共料金の会社へ申請が必要です。また、再発行するとカードが手元に届くのに時間がかかる場合があります。

その場合、あらかじめクレジットカード払いにしている公共料金の会社、電気料金なら契約している電気会社に連絡を入れておきましょう。連絡がされていないとクレジットカードでの支払いがされず、未納と同じ状態になってしまうことがあるので気をつけてください。

解約

なんらかの理由でクレジットカードを解約する場合、新しい支払方法の登録が必要です。その際は、速やかに公共料金の会社に連絡し、支払方法を変更してもらう必要があります。こちらも連絡がされていないと、再発行の場合と同じで、未納の判断がされてしまいます。クレジットカードを解約することが決まったら、支払方法も変更することを忘れずに行いましょう。

こんなものまで支払える!公共料金の種類

公共料金といっても、ぱっと思い浮かぶものは電気・水道・ガスくらいではないでしょうか。
実は、月々のお支払いでいえば下記のようなものも含まれるんです。
・携帯電話、PHS、電話料金
・新聞料金
・放送料金(WOWOWなど)
・プロバイダ料金
・国民年金保険料

それ以外にも税金のお支払いなら、ふるさと納税、固定資産税、自動車税などにご利用いただけますし、モバイルSuica等の料金をお支払いいただくことも可能です。
そのほかには、BIGやtotoを購入することもできるんですよ。

想像以上にご利用可能な支払先があると思いませんか?

【例えば・・・】とある家庭が、公共料金をクレジットカード払いにしてみた例

【例えば・・・】とある家庭が、公共料金をクレジットカード払いにしてみた例

地域や契約会社によって違いはありますが、先ほどお話したとおり、クレジットカード払いは電気・水道・ガス・固定電話・携帯電話・インターネットのプロバイダ・放送・新聞など継続的にかかるほとんどの料金で使用できます。

とある夫婦2人の家計でシミュレーションしてみましょう。

電気代:12,981円
水道代:2ヵ月 5,143円
ガス代:7,795円
夫婦の携帯電話代:11,604円
インターネット代:2,290円
新聞:3,925円


これらを計算すると月々43,738円を公共料金として支払っていることになります。
これをセゾンカードで支払うと、1ポイント=5円相当の永久不滅ポイントが毎月43ポイント貯まり、年間で516ポイントも還元されます。
貯まったポイントを、例えば200ポイントごとにAmazonギフト券1,000円分などと交換できるため、公共料金で貯めた分で普段のお買物もお得にできるのです。

まとめ

今回はクレジットカードで公共料金を支払う場合のメリット・注意点について紹介してきました。ご家庭の公共料金の管理が楽になるうえに、まとめ払いでポイントが貯まるのは魅力的ですね。

今ならセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード限定で公共料金1%キャッシュバック実施中!
https://www.saisoncard.co.jp/cpn/americanexpress1808/

まだセゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをお持ちでない方はぜひこの機会にご入会のうえ、キャンペーンにご参加ください。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事