初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

クレジットカードの限度額の設定の仕方、上げ方とは?

クレジットカードの限度額設定の上げ方は?

クレジットカードの利用限度額がいくらか覚えてますか?
キャッシュレスでスマートにお買物が楽しめるクレジットカード。
便利この上ないクレジットカードですが、利用限度額の存在をついつい忘れてしまうこともゼロではありません。

より良いクレカライフを送るためにも、今一度、クレジットカードの利用限度額について学びましょう。

クレジットカードには利用限度額が設定されている

私たちが日頃使っているクレジットカードには、利用限度額が設定されています。
利用限度額は通常、クレジットカードを作るときに希望額を決める、もしくはカード会社が収入などに応じて決定するものです。

ショッピングの利用限度額とキャッシング限度額は、それぞれが別枠になっているカードもあれば、全体の利用限度額の範囲内で、キャッシング限度額が設定されているクレジットカードもあります。

別枠になっているクレジットカードの場合は、「ショッピング利用限度額30万円」「キャッシング限度額10万円」であれば、それぞれその限度額の範囲での利用が可能です。

全体の利用範囲内でキャッシングの枠が設定されている場合は、
「利用限度額」−「ショッピングの利用額+キャッシングの利用額」=「残りの利用可能額」になります。

例えば、「利用限度額30万円、キャッシング枠10万円」と設定されているクレジットカードは、全体の利用限度額が30万円ですので、お買物で25万円使った場合、ショッピングでもキャッシングでも、残りの利用可能額は5万円ということになります。

カードの利用限度額と、キャッシングでの利用金額の設定などは、カードにより異なるので、あらかじめ条件をよく確認しておきましょう。

クレジットカードの利用可能額はどうすれば回復できるの?

クレジットカードの利用可能額は、利用限度額から現在利用している利用額を差し引いた金額になります。
ですから、利用可能額は利用額の出し入れ次第で常に変動します。

返済日を待たなくても、リボ払い分などを先に支払う方法もあります。
例えば、上記の「利用限度額30万円で25万円を利用し、残りの利用可能額は5万円」となっている場合を考えてみましょう。

ATMでリボ払い分の3万円を支払えば、利用金額は「利用額25万円-返済額3万円=利用額22万円」となり、「利用限度額30万円-利用額22万円=利用可能額8万円」利用額は8万円まで回復します。
※概算です。実際には利用額にリボ手数料などが加算されるため、利用可能額はその分少なくなります。

リボ払いやキャッシングは利息があるので、なるべく早めの支払いを心がければ、支払い額を少なくすることができます。
※カード会社によっては、リボ払いでも支払い日でしか支払いができない場合があります。

どうしてクレジットカードには利用限度額があるの?

大きな理由は、利用者の使い過ぎを未然に防止するためです。

クレジットカードの利用限度額は、審査で利用者の年収などから判断されます。
ですから利用者が「50万円を限度額にしてほしい」と希望しても、それよりも下に設定されることもあります。

特にクレジットカードの使い方に慣れていない初心者は、ついつい使い過ぎてしまう可能性があります。
利用限度額が設定されることで、自動的に利用できる額の上限が決まり、使い過ぎを防いでくれます。

クレジットカードの利用限度額は、利用者の「信用度」のバロメーターでもあります。
トラブルなく使い続けることで信用度がアップし、希望すれば、利用限度額の増額も可能となる場合もあります。

クレジットカードの利用限度額を忘れていると大変なことも!

クレジットカードの利用限度額を忘れていると大変なことも!

クレジットカードの利用限度額は、クレジットカードを利用している人なら必ず覚えておくべきものです。
というのも、クレジットカードの利用額が知らないうちに限度額に達していると、いざという時に利用することができない事態が起こりうるからです。

もっとも注意しなければいけないのは、利用限度額ギリギリのところに電話代や電気代などのカード決済があると、限度額を超えてしまうことがあります。
そうなると、引き落としができなくなってしまいます。

引き落としされないまま放置されると、カードの次の有効期限の更新時にカードを更新できなかったり、利用限度額が減額される場合もありますので要注意です。

クレジットカードの利用限度額はどうやって決まるの?

クレジットカードの利用限度額のうち、ショッピングの利用限度額は、2010年12月17日に第2段階施行された「改正割賦販売法」によって定義されています。
それは原則として、「支払可能見込額」に0.9(経済産業大臣が告示した率)を掛けた「包括支払可能見込額」が目安となっています。

支払可能見込額は、以下の数式で計算できます。
支払可能見込額 = 年収等 − 生活維持費 − クレジット債務(借金)
なお生活維持費は、経済産業省令に記載されている数式から計算できます。

【生活維持費の一覧表】

居住形態

4人世帯以上

3人世帯

2人世帯

1人世帯

持家かつ住宅ローン無
又は
持家無かつ借賃負担無

200万円

169万円

136万円

90万円

持家かつ住宅ローン有
又は
持家無かつ借賃負担有

240万円

209万円

177万円

116万円


<a href="https://www.j-credit.or.jp/customer/sales_law/pdf/sales-law3_2013.pdf" target="_blank"  rel="nofollow">[参照]日本クレジットカード協会 生活維持費</a>
 

例えば、年収350万円、賃貸1人暮らし、50万円のクレジット債務がある場合のショッピングの利用限度額の目安は、
(350万円−116万円−50万円)×0.9=約170万円
と、なります。

なお、クレジットカードの「ローン・キャッシング」の利用限度額の審査は、貸金業法に基づき行われ、年収の1/3以内に制限されています。

割賦販売法・貸金業法について

クレジットカードの利用限度額を増額するにはどうしたらいいの?

ショッピングや引き落としの金額が大きくて、設定した利用限度額が足りなくなってきたり、家電や引越し代金などの高額出費の際は、クレジットカードの利用限度額の増額を検討したいものです。

クレジットカードの利用限度額を増額するには、主に2つの方法があります。

(1)クレジットカードの窓口に申し込む
クレジットカードの窓口に電話をして、利用限度額の増額を申し込みましょう。
この場合、カード会員本人による連絡が必要です。
また、現在の収入や借り入れ状況などにより、希望に添えない場合もあります。

(2)一時増枠を申し込む
海外旅行や結婚式費用の支払いなど、一時的にショッピング利用可能枠の増枠を希望する場合は「一時増枠」がおすすめです。
こちらの場合も、カード会員本人から、カード会社の窓口に申し込むことが必要です。
また現在の収入や借り入れ状況などにより、希望に添えない場合もあります。

クレジットカードの利用限度額を増やすために、カードをグレードアップ

クレジットカードの利用限度額は、カード会社やカードの種類(グレード)によって、一定の基準が設定されています。
ですから、いくら利用限度額を増額したいと思っても、カードの種類によってはそもそも大幅な増額が不可能というケースもあります。
そんなときは、クレジットカードのグレードアップを検討するのもいいかもしれません。

クレジットカードの利用限度額の増額は、「実績をつむ」ことが一番

クレジットカードの利用限度額の増額は、「実績をつむ」ことが一番

年収や勤務先、勤続年数はもちろんのこと、もっとも大切なのは毎月の支払いで残高不足などのトラブルがないこと。
それを長期間続ければ、実績は自ずとつまれていくものです。

まとめ

限度額は利用者の信用度に深く関わっています。
クレジットカードを利用するときは、利用金額と限度額を把握し、無理のない返済計画をきちんと立てた上で、適切な利用を心がけましょう。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事