初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

クレジットカードを紛失したときは、どうすればいいの?

クレジットカードを紛失したときは、どうすればいいの?

クレジットカードを紛失したときも、正しい対応をすれば安心!
キャッシュレスな生活を送れて、暮らしにとても便利なクレジットカード。便利だからこそ、紛失には気をつけたいものです。でも万が一、紛失してしまったときはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、クレジットカードを紛失してしまったときの対応をご紹介します。<br/>クレジットカードを紛失しても、焦らなくて大丈夫です。適切な対応を知っていれば、不正使用の被害からも身を守ることができます。<br/>
クレジットカード紛失時の正しい対応を学び、より安心安全なクレカライフを送りましょう!

<この記事でわかること>
・クレジットカードを紛失したら、すぐにカード会社に連絡する。
・警察署にクレジットカードの紛失届/盗難届を出す。
・クレジットカードの紛失対応は、海外でも同様。
・クレジットカードを紛失しても、正しく届出をしていれば保険がきく。
・紛失したクレジットカードの不正使用は、届出日から61日以内なら補償される。(カード会社によっては補償期間が異なる場合もあります)
・紛失の届出をしたクレジットカードは、二度と使えなくなる。
・クレジットカードの再発行には、1〜2週間ほどかかる。(期間は目安です。再発行時に確認しましょう)
・新しいクレジットカードは、裏面に署名し暗証番号の変更を行う。
・新しいクレジットカードは、支払いの再登録手続きが必要

クレジットカードを紛失したら、すぐに電話を!

クレジットカードを紛失したら、すぐに電話を!

クレジットカードの紛失が判明した場合、真っ先に不安になるのは、第三者による不正使用です。
すぐにクレジットカード会社の「紛失・盗難連絡先」専用電話番号に連絡しましょう。これは、ETCカード、家族カードもすべて含みます。

多くのカード会社では、ナビダイヤル(0570から始まる電話番号)、フリーダイヤル(0120から始まる電話番号)の2つの回線が用意されていることがほとんどです。
ナビダイヤルは携帯やスマートフォンからでも問い合わせることができます。なお、フリーダイヤルは無料通話なのでおすすめです。

カード会社に紛失の連絡をしたら、クレジットカードはただちにカード無効手続きがとられ、使用が停止されます。
つまり紛失がわかってから、カード会社への連絡が早いほど、クレジットカード紛失による不正使用のリスクから身を守ることができるのです。

クレジットカードの紛失・盗難の連絡先は、国内・海外ともに24時間対応なので、少しでも早い連絡を心がけましょう。
なお、一度無効手続きを行ったクレジットカードは、その後にカードが見つかったとしても、「なりすまし防止」のため、二度と利用することはできません。

また、キャッシュカード一体型クレジットカードのような銀行系カードも同様に、真っ先にキャッシュカード機能を停止させましょう。
カード会社と銀行、両方に連絡しましょう。
その後の再発行などについては、各銀行によって異なるので、直接確認しましょう。

紛失したクレジットカードを不正使用されても正しく対処すれば補償がきく!

多くのクレジットカードには、盗難保険が付帯されているか、カード会社が損金を支払ってくれます。
ですから紛失したクレジットカードが不正使用された場合でも、正しい手続きをとっていれば補償を受けることができます。

クレジットカードを紛失したら、まずはカード会社に連絡して無効手続きを行います。
その次に、警察署の落し物窓口などに、紛失届/盗難届を出しましょう。実は、紛失届/盗難届の手続きをすることで、万が一、紛失したクレジットカードが不正使用されてしまった場合、一部の場合を除き補償が受けられます。

クレジットカードの紛失届/盗難届の届け出は、最寄りの警察署に出向くか、各都道府県の「電子申請サービス」を使用します。
ただし「電子申請サービス」はサービス開始までが多少面倒なので、直接警察署や交番に出向き、対面で手続きをする方が、結果的にはスピーディな対応ができます。

クレジットカードの紛失や盗難が、海外の場合であっても同様です。必ず現地の警察署に出向いて、紛失届/盗難届を提出しましょう。手続きが完了すると、届け出の証明書を発行してくれます。

<クレジットカード紛失時に警察署に届け出る項目>

・氏名
・年齢
・住所
・電話番号(固定電話やスマートフォンなど)
・紛失/盗難の日時
・紛失/盗難の場所(略図を書く場合もあります)
・紛失/盗難時の状況
・財布ごと紛失/盗難の場合、その中身(免許証、現金、クレジットカードの枚数など)

クレジットカードを紛失したら、必ずカード会社と情報を共有

警察がクレジットカードの紛失届/盗難届を受理すると、届出の受付番号が通知されます。
この受付番号をクレジットカードの発行会社に連絡しましょう。

紛失が判明してからカード会社からの請求書が届いた場合は、利用金額を一つひとつ確認し、不正使用がないかをすみやかに確認しましょう。
不正使用される金額は、必ずしも高額とは限りません。
あえて少額にして、わかりにくいようにしている場合もあります。

少しでも不審なカード利用があったら、前月の支払いなどと比較し、カード会社に問い合わせましょう。

紛失したクレジットカードの再発行手続きの方法

カード会社に紛失・盗難を連絡した時点で、そのカードは無効となり、二度と使用することができなくなります。
そのため、通常はクレジットカードを新規で再発行することになります。

クレジットカードの再発行に関する手続き方法は、紛失・盗難の届け時に電話で案内されます。
カードの再発行には一般的に、手数料が発生します。

なお、再発行の手続きは、必ず契約者本人が行う必要があるので注意しましょう

クレジットカードの再発行は、残念ながら即日発行は困難です。
一部のカードを除いて、再審査と郵送期間を含めて通常は1〜2週間ほど必要となります。

ただし、海外でクレジットカードを紛失/盗難した場合、一定の手数料を支払えば、緊急発行が可能なカード会社もあります。
ただし、このカードは海外でのみ使用可能なもので、帰国後に再度、カードの再発行手続きが必要となります。

新しいクレジットカードの再登録手続き

新しいクレジットカードの再登録手続き

再発行されたクレジットカードは、受領後すぐにカード裏面の署名欄に自署でサインをしましょう。
また、紛失した旧カードの暗証番号が万が一知られていると、新しいカードが盗難被害にあい、不正使用される可能性もあります。
念には念を入れ、暗証番号は第三者が分かりにくいものに変更しましょう。

新しいクレジットカードが再発行されたら、カード払いしている契約先へ、再登録の申請が必要となります。
この再登録を怠ると、料金の引き落としや支払いができなかったりするので、注意しましょう。
ただし、紛失前のカードに貯まっていたカード会社固有のポイントやマイルは、基本的には新しいクレジットカードに自動的に引き継がれます。

<再登録手続きの例>

・公共料金(電気、ガス、水道など)
・電話代(固定電話・携帯電話)
・新聞代
・ショッピングサイト
・スポーツクラブ会費
・各種提携ポイント(楽天ポイント、Tポイントなど)

【まとめ】

クレジットカードを紛失したときの正しい対応はご理解いただけたでしょうか。
便利なクレジットカードだからこそ、紛失や盗難に気をつけて、より安心安全なクレカライフを送りましょう。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事