初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

もう一度おさらい!
クレジットカードの正しい作り方

もう一度おさらい!クレジットカードの正しい作り方

今や社会人の多くの人が持っているクレジットカード。初めてクレジットカードを作るときの手順や、発行に必要なものなど、クレジットカードの作り方をご紹介します。あわせて、初めて作るのにおすすめのクレジットカードもご紹介します。

クレジットカードの作り方の手順を知ろう

クレジットカードの作り方には、大きく分けて「ネットで申し込む」「店舗などの窓口で申し込む」という2つの方法があります。どちらが良いかということではなく、それぞれのメリットがあります。

インターネットでのお申し込みの場合

インターネットでのお申し込みの場合、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がなく、自宅や出先など、24時間いつでもどこでも申し込みができます。

最近ではネット上で必要な作業が簡略化されつつあり、クレジットカードの作り方はますます便利になっています。
年会費初年度無料など、ネット申し込みだけの特典を付与するカードもあります。

その一方で、カードに関する知識がないと、ネット情報だけではカードごとの特徴や使い勝手を判断しにくい場合もあります。

インターネットでのお申し込みの場合

店舗のなどの窓口でのお申し込みの場合

窓口でのお申し込みの場合、窓口のスタッフと相談しながらそのカードブランドの中から、自分にあったカードを選ぶといった作り方ができます。
ネット上の説明ではよく理解できない、カードの特徴や付帯サービスなど、気になった点をスタッフにその場で質問できます。
その一方で、クレジットカードを作るには実店舗の営業時間内に足を運ばなければいけない煩雑さはあります。

クレジットカードの作り方の手順

クレジットカードの作り方は、一般的には以下の手順となります。原則的には、インターネットでも、店舗のカウンターでも作り方の手順は変わりません。

クレジットカードの作り方(1)/インターネットまたは店舗カウンターでお申し込み
インターネット申し込みではネット上のフォームに必要事項を記入。
実店舗での申し込みでは書類に必要事項を記入して申し込みます。

クレジットカードの作り方(2)/審査
カード会社のガイドラインに則った審査が行われます。

クレジットカードの作り方(3)/発行
審査をパスしたら、クレジットカードが発行されます。郵送で受け取るか、クレジットカードを受け取れるカウンターがあるカード会社の場合は、実店舗に直接出向いて受け取ります。

カードの店頭受け取りが可能な場合、店舗での受け取りを選択することで、ネット申し込みでも、少しでも早くカードを受け取ることができます。

カードを手にしたら、まずカードの裏面にある署名欄にサインをして、カードを利用してみましょう。

クレジットカードのお申し込み・発行に必要なもの

クレジットカードの作り方(お申し込み・発行)には、必ず必要とされるものがあります。これらのものが一つでも欠けると、申し込み自体できない可能性が高くなります。見落としがないよう、一つひとつ確認しましょう。

(1)本人確認書類
運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票の写しなど

(2)引き落とし用の銀行口座番号と銀行届印
銀行口座を持っていない場合は事前に作成しておきましょう。

(3)カードを受け取れる住所
カードが郵送される場合、その住所に送られます。

※未成年の方がお申し込みの場合は、別途親権者の同意が必要となります。

はじめての1枚におすすめのクレジットカードにはどんなものがある?

はじめての1枚におすすめのクレジットカードにはどんなものがある

クレジットカードを初めて作ろうと思っている人におすすめのクレジットカードを2つご紹介します。
どちらのカードも、ネットで申し込めば最短で即日発行できます。また年会費のランニングコストもリーズナブルなので、最初のクレジットカードとして気軽に申し込めます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

初めてのクレジットカードに最適な1枚といえるのが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。
初年度年会費無料で、年1回以上(金額下限条件なし)の利用で次年度年会費無料と、ランニングコストがかなり抑えられます。

クレジットカードがあれば、コンビニやスーパー、ファミレスなどでの支払いもスマート。
また、お買物をするごとにポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」が貯まります。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

初年度年会費は無料で、公式HPからの入会で26歳になるまでは年会費が無料になります。クレジットカードを持ちたい学生に人気のカードで、未成年でも親権者の同意があれば作ることができます。
海外旅行や海外留学などに便利な機能も充実していて、国内・海外旅行での旅行傷害保険が、最高3,000万円付いているので、旅先で何かあったときでも安心です(海外旅行は自動付帯、国内旅行は利用付帯)。
また、お買物をするごとにポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」が貯まります。

まとめ

クレジットカードの作り方に関する記事はいかがでしたか? クレジットカードを作るには、正しい手順で、本人確認書類など作成に必要な書類などをそろえれば、それほど難しいことではありません。クレジットカードを暮らしに取り入れ、ライフスタイルをより快適なものにしてはいかがでしょうか。

関連記事

人気記事