初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

お財布すっからかんでもリボ払いでデートを乗り切る。賢いリボ払いの使い方

お財布すっからかんでもリボ払いでデートを乗り切る。賢いリボ払いの使い方(セゾンカードの場合)

みなさんは「リボ払い」という言葉にどんなイメージをお持ちでしょうか?
巷ではリボ払いというとお支払いが長引くだけと思われがちです。しかしリボ払いも使い方次第で非常に利便性のあるものになるので、今回は実例をもとに、リボ払いの正しく、賢い使い方をご紹介いたします。


リボ払いとは?

リボ払いの正式名称は、「リボルビング払い」といいます。ご利用残高に応じて、月々あらかじめ決められた額をクレジットカード会社に支払う方法です。

セゾンカードには、毎月10,000円のお支払いから始められる「標準コース」のほかに、ご予算に応じた柔軟なプランがあります。月々のお支払いを一定にコントロールすることができて管理しやすくなります。もちろん、セゾンカードならではの「永久不滅ポイント」など、カード利用時の特典もそのままです。


リボ払い後に気にすべきポイント

リボ払いを使って不測の事態に陥らないためには、どういったところに気をつけたらよいのでしょうか?

セゾンカードではそれぞれの予算や状況に合わせたプランを組むことができます。

だからこそ、カードのご利用総額や、お支払日については利用者自身でしっかり確認し、計画的に利用しましょう。


というのも、毎月お手軽な一定額の支払いとはいえ、商品代金が安くなるわけではなく、「いつ支払うか」の問題のため、考え無しに好きなものを購入していると、気付いた時にはお支払額が大幅に膨らんでしまうからです。


では、リボ払いはどうやって活用すればいいのか

使いどころさえ間違えなければ便利な仕組みであるリボ払い。そのリボ払いをどのように利用していけばいいのか、今日もどこかでありそうな利用シーンをもとに見ていきましょう。


デートに誘われたけど、出張経費の立て替えでお金が・・・・・・

デートに誘われたけど、出張経費の立て替えでお金が・・・・・・

対象者はA男。仕事もノリに乗って好調な男性のもとに食事のお誘いがありました。お相手は、少し気になっていた同じ会社の女性A子さん。


しかし、A男は今月出張が多く、かなり高額の経費を立て替えてしまったため、こんな時に限ってお財布が寂しい状態です。もし断ってしまったら「私には興味ないのかな?」と別の人のもとへ行ってしまうかも・・・・・・。


本当のことを話したとしても、「いい大人なのに貯金も計画性もない人なんだ」と思われてしまいそうです。


お金はないけれど、デートに行きたいという八方ふさがりな状況になった時、あなたはどうしますか? こんな状況を解決するためにリボ払いを活用してみてはどうでしょう。


A男がちょっと良いところでデートをして24,000円ほどかかったとします。24,000円をリボでお支払いすると手数料はたったの421円。月々10,000円のお支払いであれば3ヵ月でお支払いが終わります。もちろんお支払いの途中での全額払いも可能です。


<内訳>8/20に利用した場合

・レストラン(2人分):8,000円×2=16,000円

・帰りのタクシー代:8,000円

合計:24,000円 手数料421円

※セゾンカードで「実質年率14.52%」「標準コース」でお支払いの場合


※初回引落日の前月15日からの日割計算となるため、月の日数によって手数料金額が異なります。


※カードの種類やご登録内容によりリボ手数料の実質年率・お支払いコースが異なります。


リボ払いの注意点

リボ払いの注意点

先ほど登場したA男がA子さんとのデートをスマートにこなし、お付き合いすることになりました。しかし最初にいいところを見せたA男は「これ以上、デートのレベルを下げられない」と思ってしまい、彼女とのデート代を毎回支払うようになります。


<1ヵ月のデート代内訳>

・高級ディナー:20,000円(2人分)×2週分=40,000円

・デート時のお買物:30,000円×2週分=60,000円


「毎月支払いは10,000円だから」といって、隔週に2人で50,000円も支出し、そんな生活を毎月繰り返していたらなかなか完済することはできないでしょう。


リボ払いは、毎月少額でもお支払い可能な便利なお支払方法ですが、毎月使える額が多くなったからといって自身の収入が増えているわけではないので、自身の収入に見合った利用を心がけましょう。


計画的に利用すれば、リボ払いはお支払額がほぼ一定になるのでいざというとき安心です。


まとめ

お金がない時や急にお金が必要になった時、リボ払いは利用者の心強い味方です。セゾンカードでは、月々3,000円~の「長期コース」、月々10,000円~の「標準コース」、月々30,000円以上10,000円単位で自由に設定できる「定額コース」など、お支払額やニーズに合わせたプランが揃っています。

お支払いが一定額だということに安心せず、定期的にご利用明細で、残りのお支払額などの状況をきちんと把握する必要があります。

≫セゾンカードのリボ払いについて詳しくはこちら

<ショッピングリボご利用上のご注意>(セゾンカードの場合)
・ショッピングリボをご利用になると、リボ手数料がかかります。
・手数料実質年率9.60%~14.60% ※カードの種類により異なります。
・お支払いは毎月10日に締め切り、翌月4日(金融機関休業日の場合は翌営業日)のお支払いとなります。
・締切日の残高に応じ、下記「お支払額算出表」に定める金額をお支払いいただきます。月々のお支払額(弁済金)には、締切日残高に対する手数料を含みます。

(月々のお支払額算出表)

標準コース
ご利用があった時の締切日残高 月々のお支払額(弁済金)
1~100,000円 10,000円
100,001円~は、50,000円増すごとに 5,000円ずつ加算


長期コース
ご利用があった時の締切日残高 月々のお支払額(弁済金)
1~60,000円 3,000円
60,001~200,000円は、20,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
200,001~400,000円は、25,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
400,001円~500,000円は、50,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
500,001円~は50,000円増すごとに 2,000円ずつ加算


定額コース
30,000円以上10,000円単位でお客様にあらかじめご指定いただきます。

※月々のお支払額が上記算出表の該当お支払額に満たない場合は、全額となります。その場合も所定の手数料をいただきます。
※新たなショッピングリボ払いのご利用がない場合は、前回と同額のお支払額となります。
※「締切日残高」は、お支払日の前月14日時点の残高となります。

<カードご利用上のご注意>
・ご利用可能枠については、カード送付時の書面等でご確認ください。
・カードを紛失または盗難にあわれた場合で、ご本人以外によるカード利用により損害が生じたときは、(株)クレディセゾンにご連絡をいただいた日を含めて、61日前までさかのぼり、その後に発生した分については原則会員の責任はないものといたします。*(株)クレディセゾン所定のお手続きをおとりいただきます。
・カードのご利用は会員に限定され、カードを貸したり、譲り渡したり、質入れその他の担保利用などはできません。
・ カードは、裏面の署名欄に必ずご署名ください。また、カードの暗証番号は、生年月日・電話番号等他人に容易に推測される番号を避け、ご本人以外の方に知られないようご注意ください。
・ カード規約の一部もしくは全てを変更する場合は、当社ホームページでの告知その他当社所定の方法によりお知らせいたします。
・ 手数料率は、金融情勢等により変更させていただくことがあります。
・ カードにより年会費がかかる場合があります。
※「お支払額」は、リボ払いの場合は「弁済金」を表しています。

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事