【クレジットカードのことならCredictionary】

日本人の手取りの平均はいくら?年齢・業種・都道府県別に紹介

日本人の手取りの平均はいくら?年齢・業種・都道府県別に紹介

日本人の手取りの平均はいくらかご存知でしょうか。こちらの記事では、日本人の手取りの平均額を紹介しています。

日本人の手取り平均額だけでなく、年齢別の手取りの平均額もご紹介。手取りの平均額に対してご自身の手取りがどこに位置するのか気になる方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

手取りの平均額

手取りとは給料の額面から、税金・社会保険料・積立金などを引いた金額のことを指します。人によっていくら引かれるのかは異なりますが、額面から2割ほどの金額が税金・社会保険料・積立金などで差し引かれることが多いです。

今回紹介する手取りの平均額のデータは、厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査(※)」をもとに算出しています。厚生労働省のデータは額面の金額なので、手取りの計算をするため一律2割引いた金額を算出しています。そのため数字はあくまで参考値となることをご了承ください。

令和元年時点での手取り平均額は、男性27.04万円・女性20.8万円で男女平均は24.616万円とが計算することができます。前年度と比べると男女ともに金額がアップしており、過去最高の数字を記録しています。

(※)出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

【年齢別】手取りの平均

続いては年齢別に手取りの平均額を紹介していきます。年齢別の手取りの平均額は、以下のように計算できます。

年齢 男性の手取りの平均額 女性の手取りの平均額
19歳以下 14.624万円 13.792万円
20歳~24歳 17.072万円 16.648万円
25歳~29歳 20.128万円 18.632万円
30歳~34歳 23.264万円 19.792万円
35歳~39歳 26.272万円 20.496万円
40歳~44歳 28.808万円 21.488万円
45歳~49歳 31.24万円 21.728万円
50歳~54歳 33.896万円 22.064万円
55歳~59歳 33.328万円 21.344万円
60歳~64歳 24.44万円 18.36万円
65歳~69歳 20.952万円 17.064万円
70歳以上 19.68万円 17.168万円

男性・女性ともに手取りの平均額が最も高くなるのは、50歳~54歳です。また年齢が高くなるほど男女の手取り額の差は大きくなり、55歳以降になるとその差が徐々に縮まることもわかります。

また役職別の手取りの平均額は、以下のような数字となっています。

役職 男性の手取りの平均額 女性の手取りの平均額
非役職者 25.12万円 20.808万円
係長職 32.432万円 28.12万円
課長職 42.56万円 38.048万円
部長職 53.344万円 49.264万円

年齢を重ねるとともに手取りの金額はあがっていきますが、それ以上に役職別の手取りの差が大きくなっていることがわかります。

ポイントを貯めて節約できるクレジットカードの利用がおすすめ

ポイントを貯めて節約できるクレジットカードの利用がおすすめ

ここまで手取りの平均額について紹介をしてきました。ご自身の手取り額はいかがでしたでしょうか。ご自身の給料から想像以上に税金などで差し引かれていて、節約を意識した方も多いのではないでしょうか。

そんな方にはクレジットカードの利用をおすすめします。クレジットカードを利用すればポイントが貯まり、貯まったポイントで支出を減らすことができます。また利用履歴を一元管理できるので、支出の把握がしやすくなる点もメリットです。

ポイントを貯めるためにクレジットカードをつくるのであれば、永久不滅ポイントが貯まるセゾンのクレジットカードがおすすめです。永久不滅ポイントはポイントの有効期限がないので、ポイントの利用を忘れていて失効してしまうことがありません。

ここからはおすすめのセゾンのクレジットカードを紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

初年度年会費無料でつくれるクレジットカードで、翌年度以降も年1円以上利用があれば年会費が無料になります。通常のポイント還元率は約0.5%ですが、QUICPay(クイックペイ)を利用してお買物をするとポイント還元率が約3%になります。

さらに、25歳未満の方は「セゾンクラッセ」の会員登録をして、対象のコンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)でQUICPayにて支払いをすると、永久不滅ポイントの還元率が2%相当アップし、合計5%相当になります。セゾンクラッセは、セゾンPortalから簡単に登録ができるので、ぜひご活用ください。

QUICPayは全国121万か所以上で使えるので、とても使いやすい電子マネーです。

例えば毎月5万円をQUICPayで決済した場合、1か月で約1,500円相当のポイントが貯まり、年間で約18,000円相当のポイントが貯まります。決済方法をQUICPayに変更しただけで年間約18,000円の節約になる計算です。

またナンバーレスのデジタルカードも選択でき、セゾンのカード会員であれば審査後最短5分でアプリ上にクレジットカードが発行されます。住所変更などの手続きもスマホ上で行えるので、管理しやすいのが特徴です。

後日届くプラスチックカードは、券面にカード番号が記載されていないので、盗み見による悪用を防ぐことができます。セキュリティ面でも優れたクレジットカードなので、初めてクレジットカードをつくる方でも安心です。

セゾンパールセゾンパール

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は11,000円(税込)で、通常はショッピング1,000円(税込)につき1ポイント(約5円相当)貯まるところ、国内利用1.5倍、海外利用2倍のポイントが貯まります。

また自動的にJALのマイルと永久不滅ポイントがたまる「SAISON MAIL CLUB」に年会費4,400円(税込)で優待登録できます。1,000円(税込)のショッピング利用ごとにJALマイルが10マイル付与されるうえに、2,000円(税込)の利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイント付与されるサービスです。(SAISON MAIL CLUBの上限マイルは年間15万マイル、登録中は通常のポイントサービスは適用されません。)
さらに最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険や空港ラウンジ優待、1,000万円の家族特約も付いており、旅行サービスも充実しています。
ほかにも「セゾンポイントモール」を経由したオンラインショッピングで最大30倍のポイントが貯まるだけでなく、固定費の支払いもできるため、日常的に利用することでポイントが貯まりやすい一枚です。貯まったポイントは商品やマイルなどの他のポイントと交換できるため、節約につながります。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

手取りの平均は意識しすぎないようにしよう

手取りの平均額を見ると、どうしても平均を意識してしまうという方も多いかと思います。しかし手取りの平均はあくまで平均です。

クレジットカードを利用しての節約は、あまり生活を変えることなく成果が大きいのでおすすめの方法です。クレジットカードをうまく活用することで、生活をよりお得に過ごしてみませんか。

おすすめのクレジットカード

人気記事