学生におすすめのクレジットカードを紹介!選び方や利用時の注意点も紹介

学生におすすめのクレジットカードを紹介!選び方や利用時の注意点も紹介

高校を卒業して大学や短大、専門学校に入学すると、ネットショッピングや海外旅行など、クレジットカードを利用したほうが便利なシーンと数多く出会います。「クレジットカードがあると便利だな」と思っても、どのクレジットカードを選べばよいか迷ってしまう学生も多いのではないでしょうか。

この記事では、学生におすすめのクレジットカードを解説しています。選び方や注意点を知れば、カード選びが初めてでも心配はありません。ポイントをおさえ、自分に適したクレジットカードを選びましょう。

学生におすすめのクレジットカード

学生がクレジットカードを持つメリットとは?

「学生にクレジットカードはまだ早い?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、学生がクレジットカードを持つメリットはたくさんあります。

以下で、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

キャッシュレス決済ができる

学生がクレジットカードを持つメリットとしては、キャッシュレス決済ができる点が挙げられます。

日本では現在、キャッシュレス決済比率を上げようとしています。学生のうちからキャッシュレス決済に対応していくことは、今後キャッシュレス決済がさらに普及したときにも対応しやすくなるのでおすすめです。

また、キャッシュレス決済そのもののメリットとしては、現金を持っていなくても支払いができることです。現金を持ち歩かずに済むほか、クレジットカードは電子マネーやQRコード決済とも紐付けることができるので、さまざまなキャッシュレス決済に対応できるようになります。小さな鞄でも支払いはスマートにでき、一石二鳥です。

ポイントが貯まる

ポイントが貯まる点も、クレジットカードを持つことのメリットのひとつです。

多くのクレジットカードでは、利用額に応じて一定のポイントが貯まります。例えば0.5%還元のクレジットカードで毎月5万円の支払いをすると、毎月250円お得になり、年間で3,000円もお得になります。

貯まったポイントは、家電や商品券、各種ポイントなどに交換することができるので、現金で買い物するよりもお得になり貯める楽しみがあります。また、貯めたポイントをクレジットカードの支払いに充当することもできるので、節約にも役立ちます。

急な出費に対応できる

クレジットカードは後払いが可能なため、手元に現金がなくても急な出費にも対応できるというメリットもあります。後払いは、クレジットカードならではの特徴の1つで、いざというときに役に立ちます。

大学生になると、高校生の頃よりも出費が増えるため、クレジットカードがあると便利でしょう。例えば一人暮らしをしている自宅の必要家電が故障してしまったとすると、急きょ新しいものを購入しなければなりませんが、家電は決して安くはないため、そのタイミングで家電の購入に充てられるだけの現金が手元に必ずしもあるとは限りません。

クレジットカードを持っていなければ、次にアルバイトによる収入が入るまで必要家電なしで生活したり親に援助を求めたりしなければなりません。しかし、クレジットカードがあれば手元に現金がなくても、限度額の範囲内であれば買い物をすることができます。

もちろん使った分の金額は後から引き落とされるので、引き落とし日までにお金を用意しておく必要があります。

クレジットカードの使いすぎで、支払困難にならないように、使いすぎには気をつけましょう。しかし、手元にお金がない状態での急な出費に対応できるというのは見逃せないポイントです。

学生の約6割はクレジットカードを所有している

大学生のうち、どれくらいの人がクレジットカードを持っているか気になるのではないでしょうか?

日本クレジット協会「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(令和元年度)」のデータによると、約6割の学生がクレジットカードを持っていると報告されています。家族名義(家族カード)を持っている人も一部いますが、ほとんどの人が自分名義のクレジットカードを持っています。

このように、大学生の半数以上の方が持っているというデータが出ているので、迷っている方はぜひ持ってみてはいかがでしょうか。

出典:一般社団法人日本クレジット協会「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(令和元年度)」

学生がクレジットカードを持つきっかけとは?

半数以上の大学生がクレジットカードを持っていますが、一体どのようなきっかけで持ち始めているのでしょうか。

きっかけとして多かったものを、日本クレジット協会のデータをもとに説明していきます。

ネットショップでの決済が簡単

ネットショップでは、そもそも決済方法がクレジットカードしか選べないようなものや、代引やコンビニ決済では別途手数料が発生するものが多いです。

クレジットカードを利用すれば、便利にお得にお買物を楽しむことができるため、カードを持つきっかけになると考えられます。

現金がなくても買物できる

現金を持ち合わせていなくて買物できなかった、ATMが近くに見当たらず買物できなかったという経験がある方は多いでしょう。

クレジットカードを持っていれば、そんなときも困らずに買物をすることができるので、財布に1枚入れておくと、とても便利です。

海外旅行の際に必要

海外に行く際は、盗難のリスクなどから必要以上の現金を持ち歩きたくないですよね。しかし、手持ちの現金がなくなってしまっては、現地で困ってしまいます。

また、クレジットカードのなかには、カードで事前に旅行代金を決済するか、カードによっては旅行先に持っていくだけでも、旅行保険が適用されるものがあります。旅行保険が付帯しているクレジットカードが1枚あれば、海外旅行の不安も1つ拭えるのでおすすめです。

出典:一般社団法人日本クレジット協会「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(令和元年度)」

学生がクレジットカードを利用する際の注意点

クレジットカードを持つきっかけからも分かるように、クレジットカードは便利なものです。

しかし、利用するうえでは注意するべき点もあります。以下で、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

支払い能力を超える使いすぎには気をつける

クレジットカードは、現金とは違っていくら使っているかがわかりにくく、ついつい使いすぎてしまうといったことがあります。後払いが可能なことに甘えて支払い能力を超えて使いすぎてしまうと、利用額が膨らんで支払いができなくなり、困ってしまうかもしれません。

クレジットカードを持ったら、「毎月◯◯万円」までといったように、カードで使う金額を決めてから利用すると良いでしょう。特にカード利用の初心者の方には、ルールを作って感覚に慣れていくことをおすすめします。

手数料がかかる場合がある

クレジットカードには、分割払いやリボ払いといった支払い方法が用意されています。便利な支払い方法ですが、手数料がかかることもあります。

手数料は分割回数や返済までの日数によって変動するため、知らないうちに手数料が膨れ上がって思ったよりも支払わなければいけなくなったということがないように、計画的に利用しましょう。

限度額がある

クレジットカードには限度額があり、限度額を超えての決済ができません。学生は、基本的に社会人よりも限度額が低めに設定される傾向にあります。

限度額がいっぱいになってしまい決済ができなかったということがないように、いくら使っているのかは常に把握しておくようにしましょう。

学生がクレジットカードを作る流れ

いよいよクレジットカードを作ることになったら、まずはここでご紹介する学生がクレジットカードを作る流れを把握しておきましょう。

流れだけでも知っておくことで、よりスムーズにクレジットカードを作ることができます。

申し込み

まずは、クレジットカードの申し込みをします。自分に合ったクレジットカードをしっかり選んで、申し込みましょう。

申込方法は基本的にネットか店舗、郵送があります。ネットでの申し込みが手軽で便利なので、おすすめです。

審査

次に、クレジットカードの審査が行われます。クレジットカードは申し込めば必ず作れるというものではなく、発行に際しては必ず審査を受ける必要があります。

審査は、クレジットカード申し込みの際に申告した住所や氏名などの個人情報をもとに行われますが、申告しなければならない内容はカード会社によって異なります。学生の場合は、在学中の学校名・学年・卒業予定年月・親権者(法定代理人)の住所および電話番号なども、必要になることが多いです。

アルバイトをしている場合はその年収なども記入する必要があります。これらの内容についてはくれぐれも、虚偽の申告はしないようにしましょう。虚偽の申告をすると、審査で落ちてしまう原因になります。

未成年の学生は親権者の同意が必要になる

学生、特に未成年の学生がクレジットカードを作る場合には、もうひとつ注意すべきことがあります。それは、「親権者の同意」です。20歳未満の未成年がクレジットカードを作るためには、親権者、つまり親の同意が欠かせません。

親権者の同意手続きの方法はカード会社によって異なり、親は、申込書の場合には署名捺印してもらう、親権者同意書を提出する、あるいは電話で同意確認をとるなど、各クレジットカード会社でさまざまな手段をとっています。

いずれにしましても、クレジットカード作成前に親権者の確認が必要であるため、未成年でクレジットカードを作成したい場合には、事前に親と相談しておくとよいでしょう。20歳以上であれば、自分の責任で作成することが可能です。

発行

クレジットカードの審査に通過すると、クレジットカードが発行されます。最短即日で発行されるものもあれば、2週間程度時間がかかる場合もあります。

クレジットカードがすぐに必要な場合には、最短即日発行対応が可能なクレジットカードがオススメです。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

学生がクレジットカードを選ぶときの3つのポイント

学生向けクレジットカードの選び方

初めてクレジットカードを作る学生であれば、「カードを発行するのにお金はかからないの?」、「何を基準にしたらいいのか?」など、不安になることもあります。

クレジットカードを選ぶ際には、「年会費」、「ポイント」、「特典」の3つを基準にするとよいでしょう。この3つの基準に着目していくと、自分に最適なクレジットカードを選ぶことができます。クレジットカードが初めての方のために、理由とあわせて解説していきます。

年会費がかからないクレジットカードを選ぶ

学生がクレジットカードを選ぶ際にまずチェックしておきたい基準が、「年会費」です。学生でクレジットカードを持つなら、年会費無料のクレジットカードをおすすめします。

クレジットカードの発行や所持に費用がかからないのは大きなメリットですし、年会費が無料でも、クレジットカードの基本的な機能は年会費が必要なクレジットカードと大きくは変わりません。

ひとくちに「年会費無料」と言っても、年会費が永年無料のカードもあれば条件付きで年会費が無料になるカードもあり、後者の場合は年会費が無料になる条件をクリアできるかどうかが大きなカギを握ります。

条件付きで年会費が無料になるカードのスペックは、年会費が必要なカードと近いことも多いので、条件を気軽に満たすことができるのであれば、かなりお得に使うことができるカードであると言えるでしょう。

セゾンが取り扱うカードの中では、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは26歳になるまでは年会費無料で利用可能なので、学生であれば年会費無料の条件を自然に満たせる可能性が高いです。

また、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは前年に1回以上のカード利用があれば翌年度も無料で利用できるので、ほぼ年会費無料で利用できると言って差し支えないでしょう。

「前年に1回以上のカード利用」が不安な場合は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをスマホ代の引き落とし先として利用したり、電子マネーのオートチャージに登録したりしておくことで、間違いなく年会費無料の条件を満たすことができます。

ポイントをお得に貯められるクレジットカードを選ぶ

学生がクレジットカードを選ぶ際の2つめの基準は、「ポイント」です。クレジットカード支払いが現金払いより優れているところは、カードを利用した金額に応じてポイントを獲得できることにあります。

そのため、クレジットカードを選ぶ際には、ポイントがお得に獲得できるカードを選びたいところです。各クレジットカードでは、さまざまなポイント制度が提供されています。

例えば、セゾンカードでは有効期限のない永久不滅ポイントがあり、1,000円(税抜)につき1ポイント貯まります。ネットショッピングの際に永久不滅ポイントが最大30倍となる「セゾンポイントモール」を利用できます。ネットショッピングをする際にセゾンポイントモールを経由するだけで、獲得できるポイントが数倍になるサービスです。

ほかにも、セゾンカードは、携帯電話料金や公共料金などをカード払いできます。もちろん、支払った料金に応じてポイントを獲得可能です。このように、クレジットカードを選ぶ際には、ポイントをお得に貯められる特典のあるカードを選ぶことが大切です。

ちなみに、貯めた永久不滅ポイントはさまざまなものに交換できます。カード利用分の支払いにあてる、ギフト券やファッションアイテムに交換するなど、使い道は多岐にわたります。自分の目当てのアイテムと交換できるカードを選ぶことも、カードを選ぶ基準となるでしょう。

特典はライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶ

学生がクレジットカードを選ぶうえでの最後の着目点は、「特典」です。クレジットカードにはさまざまな特典が用意されています。自分の生活スタイルに合わせ、よく利用する特典があるクレジットカードを選びましょう。

例えば、海外旅行や海外留学を考えている方であれば、海外旅行傷害保険の付帯の有無をチェックしてください。海外旅行傷害保険は、ケガや病気など、旅行先で万が一のトラブルに遭った際に役立ちます。

海外では、医療費が高額な国が少なくありません。海外旅行保険が付帯しているクレジットカードであれば、旅行先で高額な治療費が発生した場合でも、保険で支払う費用を軽減することができます。

また、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを選ぶ際には、保険の適用条件もあわせて確認しましょう。クレジットカードの海外旅行傷害保険には、以下の2種類の適用条件があります。

・自動付帯:クレジットカードを持っているだけで保険が適用される
・利用付帯:クレジットカード会社が定めた要件を満たすことで保険が適用される

このほか、自動車をよく利用する学生なら、ETCカードの発行可否もチェックポイントです。ETCカードがあれば、高速道路の料金所をノンストップで通過することができ、簡単に支払いをすることができます。また、料金はカード利用分とまとめて支払うため、余計な手続きをする必要もありません。

また、近年ではスマホ決済を利用する学生も増えています。したがって、クレジットカードがどのような種類の電子マネーに対応しているかもチェックしておきましょう。

クレジットカードとスマホ決済を紐づけ、オートチャージを利用すると、残高が不足するたびにチャージする必要がありません。

おすすめのクレジットカード

学生におすすめのクレジットカード3選

以下では、学生がクレジットカードを選ぶ際のポイントを押さえたカードとして、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」「SAISON CARD Digital」を紹介します。

どれも多くのメリットを備えたカードなので、それぞれの特長を把握したうえで、自分にとってより使いやすそうなカードをお選びください。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigitalはナンバーレスデジタルカードであり、年会費は初年度無料で2年目以降は1,100円(税込)です。しかし前年に1回でも利用があれば、翌年度も無料になります。

審査完了後、最短5分でセゾンカード公式スマホアプリの【セゾンPortal】にカードが発行されるので、すぐにオンラインショッピングや電子マネー決済・キャッシングなどにも利用できます。

後日郵送でナンバーレスカード(券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)が届きますが、ナンバーレスカードはIC付きのクレジットカードとして利用できます。

オンラインショッピングなどでは決済の際にカード番号が必要になることがありますが、カード番号等の情報は【セゾンPortal】上でいつでも確認できるので安心です。

18歳以上の連絡可能な方(高校生を除く)であれば、申し込みが可能です。申し込み後すぐにカードを利用したい方や、カード番号などが流出してしまうリスクに備えたいという学生の方には、おすすめです。

本カードはポイントを貯めやすいという点でもおすすめできます。QUICPayを利用すると3%相当のポイント還元サービスを行っているので、普段の支払いでQUICPayを利用するだけで、ポイントがとても貯めやすくなっています。

さらに、「セゾンクラッセ」を利用すると25歳未満限定特典として、対象のコンビニで買物のときにQUICPay利用した際、ポイント還元率が2%相当アップするため、トータルで永久不滅ポイントが10倍も還元されます。セゾンクラッセはセゾンカードを利用したり、アンケートに答えることで、スコアがアップしていくサービスです。スコアをアップしていくことで、お得な特典が受けられるようになっています。

セゾンクラッセはアプリの「セゾンPortal」を起動させ、画面下の「クラッセ」をタップすれば、登録が完了します。

永久不滅ポイントは1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まり、1ポイントおよそ5円になります。貯まったポイントは支払いに充当できたり、好きな商品に交換できたり、商品券に交換することもできます。

セゾンパールセゾンパール

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

次にご紹介するのは、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードです。

26歳になるまで年会費無料となるU25応援キャンペーンが実施されています。もともと年会費3,300円(税込)が必要となるカードの特典を、そのまま同じ内容で利用できます。

「26歳になるまで」無料であるため、修士課程の大学院生や、大学入試で浪人を経験した学生でも十分に適用範囲にはいります。社会人となったあとでも、26歳となるまで継続して年会費無料でカードが利用可能です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、カードを1,000円(税込)利用するごとに、永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。永久不滅ポイントは、有効期限のないポイントで、知らないうちにポイントを失効させてしまう心配がありません。

ETCカードも無料で発行できます。車を所有している方や、レンタカーを利用する方々にとっては非常に便利です。また、最高3,000万円まで補償してもらえる海外旅行傷害保険が付帯しているのも、海外旅行に行く機会の多い学生の方にとってはありがたいポイントと言えます。

QUICPayに対応しているので、クレジットカードを利用するほどでもない少額の支払いでも、スマホ決済で支払いを行うことでポイントを無駄なく貯められることも見逃せません。

会員限定のアメリカン・エキスプレス・コネクトの特典を利用することで、海外・国内の人気ホテルを最大8%オフで利用できたり、有名セレクトショップのファミリーセールサイトに新規登録できたりと、まさに至れり尽くせりのカードと言えます。

クレジットカードに付帯している少しグレードが高めの特典を無料で利用したいと考えている方にとっては、打ってつけのカードです。

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

SAISON CARD Digital

SAISON CARD Digitalは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードDigitalと同じくナンバーレスデジタルカードです。

通常のカードであれば最短3営業日で発行されますが、SAISON CARD Digitalは申し込み後、最短5分でセゾンカード公式スマホアプリの【セゾンPortal】にカードが発行されるので、すぐにオンラインショッピングや電子マネー決済・キャッシングなどにも利用できます。

後日郵送でナンバーレスカード(カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)が届きますが、ナンバーレスカードはIC付きのクレジットカードとして利用できます。

オンラインショッピングなどでは決済の際にカード番号が必要になることがありますが、カード番号等の情報は【セゾンPortal】上でいつでも確認できるので安心です。

年会費は永年無料で、高校生を除く18歳以上のご連絡可能な方なら誰でも申し込むことが可能です。国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBの3種類から選べます。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

よくある質問

Q1 学生向けクレジットカードの選び方は?

初めてクレジットカードを作る学生であれば、「年会費」、「ポイント」、「特典」の3つを基準にするとよいでしょう。この3つの基準に着目していくと、自分に最適なクレジットカードを選ぶことができます。

Q2 クレジットカードの審査で学生が注意するべき点は?

クレジットカードを作る際には、以下の3つのものが必要です。スムーズに申し込みができるように、事前に準備しておきましょう。また、未成年の方の場合は親権者の同意が必要になることがあります。その際は同意書を忘れないようにしましょう。

1.自分名義の銀行口座
2.本人確認書類
3.連絡可能な電話番号

Q3 本人確認書類として有効な書類は?

以下の書類は、その書類1点で本人確認をおこなうことができます。

・運転免許証または運転経歴証明書
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付)
・身体障害者手帳

一方で、健康保険証などの顔写真のない本人確認書類に使用する場合、さらにもう1点本人確認書類の提出が必須となります。

まとめ

大学や短大、専門学校へと進学すると、高校生活と比較して、活動できるエリアは飛躍的に広がります。そして、クレジットカードがあれば、学生生活をより快適に送ることができるでしょう。

初めてクレジットカードを作る際には、いろいろと迷ってしまうかもしれません。そのような場合には、「年会費」、「ポイント」、「特典」に着目して、自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを選んでください。

今回紹介した「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」、「SAISON CARD Digital」はいずれも、上記をすべて兼ね備えています。それぞれにメリットのあるカードなので、初めてのクレジットカードとして検討してみましょう。

クレジットカード

クレジットカード学生に関連する情報

法人におすすめクレジットカード

人気記事