【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカードの決済手数料はいくら?仕組みや手数料が上乗せされない理由を解説

クレジットカードの決済手数料はいくら?仕組みや手数料が上乗せされない理由を解説

これからクレジットカードを発行しようと考えている方に中には、利用時に手数料がかからないか心配な方もいらっしゃると思います。また、手数料の仕組みや実際にどれくらいの金額がかかるか気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、クレジットカードの手数料に関して下記の内容を解説していきます。

・そもそもクレジットカードの手数料とは?
・利用者・加盟店がそれぞれ負担するクレジットカードの手数料
・注意したいクレジットカード手数料の上乗せ
・カード決済の手数料を抑える方法
・手数料を抑えたい方におすすめのカードの紹介

本記事を読むことで、クレジットカードの手数料に関する知識を一通り理解できるでしょう。手数料を節約してお得にカード決済を利用する方法もわかります。

なお、クレジットカードの手数料を抑えられるおすすめのカードについて今すぐ知りたい方は「手数料を抑えたい方におすすめのクレジットカード」を参考にしてください。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカード決済における手数料とは?

クレジットカードの手数料は、クレジットカード会社の提供する決済サービスや、支払い方法などを利用するために支払う料金です。

クレジットカードの手数料には大きく2種類あります。

・「利用者」がクレジットカード会社に支払う手数料
・「店舗(加盟店)」がクレジットカード会社に支払う手数料

利用者は、リボ払いやボーナス2回払いなど一部の決済方法を利用すると、手数料を支払うことになります。また、海外での利用時やキャッシングの利用時など、利用方法に応じた手数料も存在します。

いっぽう加盟店は、クレジットカード利用者が店舗で決済するたびに手数料を支払います。この手数料は利用者ではなく加盟店が支払う手数料で、利用者の代金へ上乗せすることはクレジットカード会社の規約違反に該当します。

店舗としてクレジットカード決済を導入すると手数料がコストとなりますが、集客や業務負担の低減といったメリットがあります。クレジットカード決済の導入を検討している方は、このあたりのメリット・デメリットはぜひ把握しておきたいところです。

クレジットカード決済の手数料の仕組み

クレジットカード決済は「利用者」「加盟店」「カード会社」の3者の関係で成り立っています。

カードを利用する際の、基本的な流れは以下のとおりです。

クレジットカード決済の手数料の仕組み

クレジットカードカード手数料のしくみ

①利用者が加盟店でカードを利用する
②カード会社が加盟店に利用者の利用代金を支払う
③カード会社が利用者に請求を行う
④利用者がカード会社に代金をまとめて支払う
⑤カード会社が加盟店から手数料を受け取る

こうした仕組みで、クレジットカードが使われることで

・利用者は、手元に現金がなくても買物をすることができる
・加盟店は、決済の幅が広がることによって来店数の増加が期待できたり、機会損失の回避や売上管理の効率化ができたりする
・カード会社は、手数料によって利益が得られる

というように、3者それぞれがメリットを享受できます。

【いくら?】利用者負担になるクレジットカード払いの手数料一覧

利用者が負担する可能性があるクレジットカード払いの手数料として、大きく下記の6つが挙げられます。

年会費
分割払いの手数料
リボ払いの手数料
キャッシングの手数料
遅延損害金
海外でのクレジットカード利用時に発生する「マークアップフィー」

各手数料の概要と金額をシミュレーションした例を紹介していきます。シミュレーションの例を見ることで、カードを使う際にどれぐらいの費用がかかる可能性があるか具体的にイメージしやすくなるでしょう。

年会費

年会費は、クレジットカードを1年間使うためにカード会社へ支払う料金です。

年会費無料のカードもあれば、ランクの高いカードになると年会費が数万円のカードもあります。

また、「年1回以上の利用で年会費が無料」「年間で一定額以上の利用で年会費が安くなる」など、条件付きで年会費が優遇されるカードもあります。

具体例として、セゾンカードの年会費を見てみましょう。下表は、セゾンカードの年会費の例をまとめたものです。かかる年会費に大きな差があることがわかります。

カード名 年会費(税込)
セゾンカードDigital 永年無料
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital ・初年度無料
・2年目以降1,100円(税込)(年1回1円以上の利用で翌年無料)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード ・初年度無料
・2年目以降11,000円(税込)

分割払いの手数料

分割払いは、商品の購入代金を指定した回数に分けて支払う方法です。2回~24回払い、36回払いなどから選択できます。

多くのカードでは、3回払い以上になると手数料が発生します。2回払いでは手数料がかからないのが一般的です。ただしボーナス2回払いでは手数料が必要なものもあります。

例えば10万円の商品を10回払いで購入したケースでは、毎月「1万円+分割手数料」を10回で返済することになります。

実際にセゾンカードの分割払いで、かかる手数料をシミュレーションしてみましょう。

「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」で10万円を10回払いする場合、実質年率は12.3%となりトータルで5,700円の分割手数料を支払うことになります。

分割手数料を10回に分けて支払う仕組みで、毎月10,000円の代金に加えて570円の手数料を負担する形です。

クレジットカードの分割払いに関して詳しく知りたい方は「クレジットカード分割払いとは?」も参考にしてください。

リボ払いの手数料

リボ払い(リボルビング払い)は、利用金額にかからわず、毎月の支払い額が一定になる支払い方法です。クレジットカードの利用金額が多い月も、少ない月も支払いは一定になるので、支払いの管理がしやすくなります。

リボ払いでは、月ごとの利用残高に対して手数料が必要になります。

セゾンのリボ払いの場合は、月々の支払い額が一定の定額コースのほか、利用残高に応じて支払い額が変わる長期コース(5,000円~)、標準コース(10,000円~)の2つの支払い方法が選択可能です。手数料はカードの種類とコースごとに異なります。

■セゾンカードのリボ払い手数料
長期コース・標準コース・定額コースいずれも実質年率15.00%(2021年9月現在)

■セゾンゴールドカード・セゾンプラチナカードのリボ払い手数料
標準コースで実質年率9.6%、長期・定額コースで実質年率12.0%(2021年9月現在)

実際にセゾンカードのリボ払いでかかる手数料を、以下条件でシミュレーションしてみます。

・2021年9月19日に10万円分利用
・ショッピングリボ払いを利用
・標準コースで利用
・年利は15%

上記の場合、1ヵ月目の手数料は1,027円となります。1ヵ月あたりの支払額は標準コースでは10,000円になるため、8,973円分の支払いが完了する形です。

2ヵ月目以降も同様に1万円分を返済していくと、トータル11回払いで支払う手数料は7,211円となります。なお、リボ払いの返済額は借入日により異なってくるため、都度確認が必要になります。

クレジットカードのリボ払いに関して詳しく知りたい方は「リボ払いをわかりやすく解説!」も参考にしてください。

キャッシングの手数料

キャッシング機能は、クレジットカードを使って、銀行やコンビニのATMで借り入れをして現金を引き出せるサービスです。

キャッシングには金利があり、返済時には利用期間に応じた利息が加算されます。セゾンカードの場合は、実質年率は12.0%~18.0%で、返済は一括返済とリボ払いから選択できます。

実際にセゾンカードのキャッシングでかかる手数料を、以下条件でシミュレーションしてみましょう。

・2021年9月19日に10万円分利用
・キャッシングリボ払いを利用
・標準コースで利用
・年利は12%

上記の場合、1ヵ月目の手数料は1,512円となります。その後残高が少なくなっていくに伴い、毎月の手数料も少なくなっていきます。

標準コースを利用の場合は11回払いとなり、トータルで支払う手数料は6,435円です。キャッシングリボの場合も借入日によって手数料は異なるため、よく確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングに関して詳しく知りたい方は「キャッシングはクレジットカードがあれば即日で利用できる?」も参考にしてください。

遅延損害金

クレジットカードの支払い日に引き落とし・支払いができなかった場合には、遅延損害金が発生します。

金額は、本来の支払い日の翌日から実際の支払い完了日までの期間に、滞納額に対して発生する利息分です。セゾンカードの場合は、遅延損害金は年14.6%となります。

実際にセゾンカードの遅延損害金について、シミュレーションしてみましょう。10万円分の買い物を一括払いで購入し、1か月支払いが遅れた場合を例に考えてみます。

発生する遅延損害金は100,000円×0.146÷12で1,217円です。元々の利用料金と合わせて、101,217円を用意する必要があります。

仮に支払い方法としてリボ払いや分割払いを選択していた場合は、手数料もあわせて支払わなければなりません。

クレジットカードの支払いを滞納してしまった際の対処法などについては「クレジットカードの支払いが遅れたらどうなる?」で詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

海外でのクレジットカード利用時に発生する「マークアップフィー」

海外でクレジットカードを利用する際には、手数料としてマークアップフィーが発生します。

聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言えば「海外決済における事務手数料」です。

マークアップフィーは、現地通貨を円換算するための事務手数料として、円換算レートに加算して徴収されます。

加算されるレートは、カード会社や国際ブランドごとに異なります。セゾンカードの場合は、Visa・Mastercardで2.20%(税込)、JCBで2.15%(税込)、American Expressで2.00%(税込)となっています。

実際にセゾンカードのマークアップフィーについて、シミュレーションしてみましょう。

円換算で10万円相当の商品を、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(R)で購入する場合を考えてみます。

国際ブランドはAmerican Expressであるため、加算されるレートは2.00%です。100,000円×0.02で2,000円のマークアップフィーを支払うことになります。合計で支払う金額は102,000円です。

なお、キャッシングについてはマークアップフィーの請求はありません。

加盟店がクレジットカード決済時に支払う手数料

クレジットカードの加盟店は、カード会社に手数料を支払わなければなりません。決済手数料は業種や業態、規模、売上高などによって異なりますが、目安としては以下のようになっています。

規模と業種 決済手数料
大規模チェーン店 1.0%台
中規模小売店 約2.5%~3.5%
中規模飲食店 約3.0%~4.0%
小規模小売店 約3.5%~5.0%

これらに加えて、読み取り端末の設置費用(購入またはレンタル)や電気代、通信費が発生することも覚えておきましょう。

なお、カード会社と直接契約するのではなく、決済代行会社を通してクレジットカード決済を導入した場合、決済手数料とは別に月額手数料が発生するケースがあります。

加盟店が手数料を支払ってもクレジットカード決済を導入する理由

加盟店が手数料を支払ってでもクレジットカード決済を導入する理由として、下記の4つが挙げられます。

集客数が増加する
客単価を上げやすい
回転数が上がり業務効率化をはかれる
販促に役立つツールやサービスを決済業者から提供される

理由を知ることで、店舗が料金を支払ってでもクレジットカード払いを導入することに納得できるようになるでしょう。

集客数が増加する

近年、国や自治体がキャッシュレス決済の普及・促進のための施策を講じていることもあり、クレジットカード払いを選ぶ顧客が増加しています。現金払いしか受け付けていない場合、顧客が他店に流れてしまうかもしれません。

カード決済を導入すれば、こうした機会損失の回避が可能です。また、海外ではカード払いがスタンダードな国も多いため、外国人観光客の多い地域ではカード決済の導入によって大きな集客効果を期待できます。

客単価を上げやすい

客単価がアップすることも、クレジットカード決済を導入するメリットです。現金払いしか受け付けていない店舗では、手持ちの現金が足りずに高額商品の購入を諦める顧客がいるかもしれません。

カード決済に対応していれば、分割払いやリボ払いも選択できるので、高額な商品でも購入されやすくなるでしょう。

回転数が上がり業務効率化をはかれる

クレジットカード決済であれば会計時にお客さまからサインをもらうだけでよいので、スムーズな会計を実現でき、結果的に回転率のアップを期待できます。

また、クレジットカード決済を導入すれば、日々の売上金のチェックや現金管理の簡略化につながります。お釣りを渡し間違えるミスが発生することの抑制につながり、レジにおける会計業務の負担を軽減できます。

販促に役立つツールやサービスを決済業者から提供される

販促に役立つツール・サービスを決済業者から提供されることも、カード決済導入のメリットです。ちなみに、セゾンカードの場合、DMやEDM、CLO(※)といった多彩な販促ツールをご利用いただけます。

加えて、永久不滅ポイントを活用した販売促進策も利用可能なので、クレジットカード決済の導入を検討している事業主は資料を請求してみてください。

(※)Card Linked Offer(年齢・性別・住所・利用履歴などに基づいて、各会員に適した優待情報を閲覧率が高いWEB明細画面に配信する送客サービス)

支払い時に注意したい「加盟店のクレジットカード手数料上乗せ」とは?

支払い時に注意したい「加盟店のクレジットカード手数料上乗せ」とは?

ごく一部の加盟店において、クレジットカードで決済すると、店舗が負担すべき手数料を、利用者側に上乗せして請求しているケースがあります。

法律違反ではないのですが、多くの場合は、クレジットカード会社の規約違反にあたる行為です。

セゾンカードにおいても、手数料の上乗せのような、現金払いと異なる代金を請求する行為は、加盟店規約で禁止されています。

利用者が手数料を上乗せされた場合の対処法

店舗側に手数料を上乗せして請求された場合は、支払いをする前に手数料の根拠を店舗に確認するとともに、クレジットカード会社へ連絡して規約の確認を行いましょう。

また、カード会社へ連絡して確認をする旨を店舗に伝えることで、店舗側が手数料上乗せを撤回する可能性もあります。店舗としても規約違反を自覚しているケースも少なくありません。

いざ手数料を請求された場合でも、手数料を支払う必要がないケースがほとんどです。落ち着いて対処を進めていきましょう。

利用者がクレジットカード決済の手数料をなるべく抑える方法

利用者がクレジットカード決済の手数料をなるべく抑える方法として、下記の2つの方法が挙げられます。

年会費無料のカードを発行する
支払いを短期間で済ませるようにする

上記の方法を把握して実践することで、お得にクレジットカードを利用できるようになるでしょう。どちらも専門的な知識は必要なく、実践しやすい方法になります。

年会費無料のカードを発行する

年会費無料のカードを発行することで、クレジットカードの手数料を抑えられます。年会費が有料のカードと比べると、年会費分の費用を節約することが可能です。

年会費がかかるクレジットカードでも、年間の利用状況次第で無料になる場合があります。例えばセゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは2年目以降1,100円(税込)の年会費がかかりますが、年1回1円以上の利用で翌年の年会費が無料になる仕組みです。

普段のカードの使い方で無料の条件を満たせる場合は、年会費有料のカードを選んでも手数料を抑えられるでしょう。

支払いを短期間で済ませるようにする

クレジットカード決済の手数料をできる限り抑える方法として、支払いを短期間で済ませる方法もあります。支払期間を短期間にすることで、分割払いやリボ払いの手数料を最小限に抑えられるためです。

利用金額が同じでも支払いにかける期間の違いで、手数料には大きな差が出てきます。

利用時にリボ払いや分割払いを選択した場合でも、あとから一括返済で返済できるカードは多くあります。金銭的に余裕があるタイミングで残額分を支払うことで、手数料を節約できるでしょう。

手数料をできるだけ抑えたい方は、計画的に早期の返済を進めていくことをおすすめします。

手数料を抑えたい方におすすめのクレジットカード!

手数料を抑えたい方におすすめのクレジットカードとして、下記の2枚を紹介します。どちらも手数料節約に役立つ注目のカードです。

セゾンカードDigital
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

それではそれぞれのカードについて、詳しく見ていきましょう。

セゾンカードDigital

カード名 セゾンカードDigital
ランク 一般カード
国際ブランド ・Visa
・JCB
・Mastercard
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料
発行スピード ・プラスチックカード:デジタルカード発行後から数日後
・デジタルカード:審査申込後最短5分
付帯サービス ・オンライン・プロテクション
対応スマホ決済・電子マネー ・セゾンQUICPay™
・iD
・Apple Pay
・Google Pay
・Suica
・PASMO

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンカードDigital(SAISON CARD Digital)は、審査完了から最短5分でセゾン公式アプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されるのが特長です。なお、デジタルカードのデザインは、セゾンPortalの「着せかえ」ボタンで複数のデザインからお選びいただけます。

後日、券面にカード番号やセキュリティコードといった情報が記載されていない「ナンバーレスカード」が届き、通常のIC付クレジットカードとして店頭で利用可能です。番号などを盗み見される心配がないので、セキュリティを重視する方に適したカードです。

国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選択可能です。年会費は永久無料で、ショッピングで利用すると1,000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。ETCカードも年会費・発行手数料無料で発行できるので、維持費の安いカードを探している方は申込みをぜひ検討してください。

国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン国内初!完全ナンバーレスカード セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

カード名 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital
ランク 一般カード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
(QUICPay™利用時は3.0%)
年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,100円(税込)
※年1回1円以上の利用で翌年無料
発行スピード 最短5分で発行(デジタルカードの場合)
付帯サービス ・オンライン・プロテクション
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・QUICPay利用でポイント6倍
対応スマホ決済・電子マネー ・セゾンQUICPay
・iD
・Apple Pay
・Google Pay

セゾンパールセゾンパール

年会費は初年度無料、2年目以降は1,100円(税込)です。ただし、年1回以上利用すると翌年の年会費も無料になります。なお、本カードに追加して、ETCカードを年会費無料・発行手数料無料で発行することも可能です。

審査完了後、最短5分でセゾン公式アプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されるため、「すぐにオンラインショッピングや電子マネー決済、ONLINEキャッシングで利用したい」という方におすすめします。後日郵送されるプラスチックカードの券面にはカード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報が記載されていないので、店頭で利用する際に盗み見される心配がありません。

ショッピングで利用すると1,000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントが付与されます。貯まった永久不滅ポイントは、Amazonギフト券などのアイテムとの交換や、ショッピングご利用分のご請求金額への充当が可能です。

加えて注目したいのが、QUICPay™の利用で3%相当の永久不滅ポイント還元が受けられる特典です。QUICPay™加盟店で、支払い方法としてQUICPay™を紐づけた「Apple Pay」「Google Pay」「セゾンQUICPay」のいずれかを使ってお買物をすると、利用合計金額(税込)の3%相当の永久不滅ポイントが還元されます。

コンビニ、スーパー、家電量販店、ドラッグストアなどさまざまなところで、スマートにお会計をしながら、高還元率でポイントを貯められます。

また、セゾンクラッセの「25歳未満限定特典」を併用すると、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートにおいてQUICPay™で買い物をする際に還元率が2%相当上乗せされ、合計で5%相当の還元率になる(通常の10倍の永久不滅ポイントが付与される)のでお得です。セゾンPortal内の下部メニュー「クラッセ」をタップし、「クラス・スコアを確認」することで簡単に特典の対象者になれるので、25歳未満の方はぜひご利用ください。

その他、全国のセブンイレブン・イトーヨーカドーでnanacoポイントが貯まるなど、お買物がもっとお得になる特典も付帯します。

アメリカン・エキスプレス会員の優待特典「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も付帯。ショッピング、グルメ、エンターテインメントなどさまざまなシーンで割引が受けられます。

普段のお買物がお得になるクレジットカードを1枚持っておきたいという方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードをぜひご検討ください。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードの手数料に関するよくある質問

クレジットカードの支払いは一括決済すると手数料は無料?

クレジットカードのショッピング枠の支払いは、一括返済すると手数料は無料になる場合が多いです。返済方法として一括返済やボーナス一括払いを選択すると、手数料が発生しないケースが大半になります。

例えばセゾンカードの場合、1回払い・2回払い・ボーナス一括払いでは手数料無料です。

ただしキャッシングを利用した場合は一括返済でも手数料が発生します。ショッピング枠と同様に考えて利用すると、想定外の費用を支払うことになるため注意しましょう。

クレジットカード決済で手数料がかからない場合があるのはなぜ?

クレジットカード決済で手数料がかからない場合がある理由は、加盟店側が手数料を支払っているためです。クレジットカード会社側が年会費や決済手数料を無料にすることで、利用者を増やしやすくなることが予想できます。


また、利用者が増えると先述の「加盟店が手数料を支払ってもクレジットカード決済を導入する理由」にあるように、店舗側が手数料を支払っても導入する価値が生まれます。


なお、店舗が負担すべき手数料を利用者側に上乗せ請求することは、規約で禁止されています。


有効なカードを提示等した会員に対して、手数料その他名目の如何を問わず、現金払い顧客と異なる代金を請求するなど、会員に不利となる差別的な取扱いを行わないこと。

利用者に手数料がかからないことは、利用者・加盟店のどちらの視点からもメリットがあるといえます。

まとめ

クレジットカード決済は、「利用者」「加盟店」「カード会社」の3者の間で行われ、手数料には「利用者がクレジットカード会社に支払う手数料」と「店舗(加盟店)がクレジットカード会社に支払う手数料」の2種類があります。

「利用者」の場合、クレジットカードの支払いでは、リボ払いや3回以上の分割払いとなると手数料がかかります。その他、キャッシングや海外での支払いなど、いくつか手数料が発生するケースがあるので押さえておきましょう。

また、多くのカード会社では、店舗が負担すべき手数料を利用者に上乗せして請求することを利用規約で禁止しています。手数料を上乗せされた場合は、まずはカード会社に連絡して規約を確認しましょう。規約違反であることを店舗側に伝えると手数料上乗せを撤回することもあるので、落ち着いて対処を進めてください。

これからクレジットカードを持ちたい方には、「セゾンカードDigital」および「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」の2枚をおすすめします。いずれも審査完了後最短5分で「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行され、後日届くプラスチックカードの券面にはカード番号などが記載されていないので安全です。

なお、年会費や国際ブランド、付帯サービス・優待特典には違いがあるので、ご自身に適したものをお選びください。

店舗(加盟店)としては決済時の手数料を負担することになりますが、集客数の増加や客単価のアップ、業務効率の向上といったメリットが得られるため、多くの店舗でクレジットカード決済が導入されています。

メリット・デメリットを踏まえたうえで、ぜひクレジットカード決済の導入を検討してみてください。セゾンカードの場合、多彩な販促ツールを利用可能です。永久不滅ポイントを活用した販売促進策の提案も受けられるので、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

セゾンパールセゾンパール

おすすめのクレジットカード

人気記事