初めてのクレジットカードの選び方・使い方はココから!【Credictionary】

MENU

【国民年金の2年前納】クレジットカード決済なら約19,000円削減可能!

【国民年金の2年前納】クレジットカード決済なら約19,000円削減可能!

国民年金は、2年前納制度があり、毎月納付する場合と比べてお得になる。個人事業主の間では、かなり浸透してきました。 しかし、国民年金を2年前納する際に、「クレジットカード決済を選択するとよりお得になること」はご存知でしょうか? 国民年金は、毎年毎年支払う必要があるものですので、お得にしたいですよね。 今回は、国民年金の2年前納かつクレジットカード決済を選択するとよりお得になる理由について、まずは国民年金の2年前納の仕組みからご紹介していきたいと思います。

国民年金の2年前納で約15,000円お得

国民年金の前納制度とは、国民年金を支払い期日より前倒しで納めることにより、本来支払うべき保険料が規定の割合で割引される制度のことです。

前倒しで納めることができる期間は決まっており、
・6か月
・1年
・2年
の3パターンです。

前倒しする期間が長いほど割引率は優遇され、年分の国民年金を前倒しすると、約15,000円分お得になります。

例えば、2年前納の支払額、約38万円の場合、1%ポイントが付くクレジットカードであれば、約4,000円分のポイントが付与され、割引額と合計で約19,000円お得になるのです。

以下は、令和元年度国民年金前納割引制度の前倒し期間による割引額(現金払い)の比較です。
情報参照元:日本年金機構「国民年金前納割引制度(現金払い 前納)」

前倒し期間  毎月納める場合の納付額  割引額  割引後の納付額
 6か月  98,460  800  97,660
 1  196,920  3,500  193,420
 2  395,400  14,520  380,880
 

国民年金保険の支払い方法

国民年金保険を2年前納する場合には、以下の3つの支払い方法から選択できます。
※従来の銀行口座振替に加え、平成29年4月より、新たに現金・クレジットカードでの決済が可能になりました

1:現金払い(コンビニ・銀行・郵便局)
2:銀行口座振替
3:クレジットカード払い

以前から国民年金の前納制度を活用している方の多くの方がまだ銀行口座振替ではないでしょうか。
この機会に、一度クレジットカード払いを検討してみませんか。

年金の決済にはクレジットカードがお得

決済方法別の割引額は、それぞれ、
・口座振替=15,760円
・現金、クレジットカード=14,520円

となっており、一見すると口座振替がお得なように思えます。

しかし、クレジットカード決済では、
・ポイント、マイルが貯まる
・自宅で簡単に支払いができる
・支払い猶予を引き伸ばせる

など 様々なメリットが存在します。

2年前納をクレジットカード決済する場合の手続き方法

クレジットカード決済を希望する場合の手続き方法を説明したいと思います。
手続きはシンプルで、3つのステップで終わります。

1:「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」(PDF)をダウンロード
国民年金の2年前納でクレジットカード決済を希望する場合には、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を年金事務所へ提出する必要があります。

まずは、日本年金機構のホームページから、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」のPDFをダウンロードしましょう。
日本年金機構HP:ダウンロード


2:ダウンロードしたPDFを印刷
ダウンロードした「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」(PDF)を印刷します。

3:必要事項を記入の上、年金事務所へ提出
印刷した「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」の注意事項を確認し、必要事項を記入してください。その後、記入した申請書を年金事務所へ提出すれば手続きは完了です。

年金支払いにおすすめのクレジットカード

国民年金保険料の2年前納を行う際に、クレジットカード決済の恩恵を最大限受けるためにおすすめのカードが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。
 初年度年会費無料となっており、こちらは「セゾンマイルクラブ」へ年会費4,000円で登録ができます。
セゾンマイルクラブとはショッピングで貯まる永久不滅ポイントを、自動的にJALマイレージ へと 移行する仕組みになっています。
例えば1,000円利用するたびに、最大11.25マイルを貯めることができます。マイルを貯めている方々にとっては、非常に効率良くマイルを獲得できるでしょう。
「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」についてはこちらの記事でも紹介されているので、ぜひご覧ください。
参考:メリット満載のゴールドカードはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでキマリ!

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン



ただし、個人事業主の方には「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を最もおすすめします。

まず、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードには、年間200万円以上の利用で、年会費が半額の1万円(税抜)になるという特徴があります。

そこで国民年金保険料をカード払いにすると、この年間200万円の利用額に含めることができます。総額40万円近くの支払いは大きいですよね。
 
さらにセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、先ほどご紹介した 「セゾンマイルクラブ」へ無料登録することができます。
その上、プラチナ会員特典として、「永久不滅ポイントの優遇ポイント」も同時に貯まっていきます。いち早く、効率的にマイルを貯めたい方は必見です

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

※セゾンマイルクラブについてはこちらの記事で解説しています。
マイルとは?クレジットカードでマイルを貯める方法をご紹介!

クレジットカード決済の4つのデメリット

国民年金保険料の2年前納でおすすめしているクレジットカード決済ですが、メリットだけではなく、以下の4つのデメリットも存在します。

1.支払い額が多く負担が大きい
2年分の国民年金保険料を一括で支払うため高額になり、負担が大きくなります。

2.前納した保険料は戻ってこない
一度前納した国民年金保険料は、いかなる理由でも返還請求ができません。
年の途中で社会保険などに変更する可能性がないか、考えておきましょう。

3.カード利用枠が低いと決済できない
クレジットカードの利用枠が国民年金保険料の支払い金額より低い場合には、決済ができません。

4.一回払いしかできない
分割払いには対応しておらず、一回払いのみとなります。

どういった形でも払い続ける国民年金保険料。
せっかく払うのであれば、クレジットカード払いを利用して、割引を受けながらポイントもしっかり貯めて、賢く払いたいですね。

関連記事

人気記事