【クレジットカードのことならCredictionary】

クレジットカード番号の桁数の意味とは?不正利用があった場合の対処法も解説!

クレジットカード番号の桁数の意味とは?不正利用があった場合の対処法も解説!

近年のキャッシュレスの促進により、クレジットカードを利用する場面が増えてきています。クレジットカードの券面にはさまざまな番号が記載されており、番号の意味について理解しておきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、クレジットカードの番号に関して以下の内容についてご紹介します。

● クレジットカードに記載されている番号の概要
● クレジットカード番号に記載されている番号の意味
● クレジットカード番号が記載されている場所
● 番号の流出による悪用の危険性
● 番号の不正利用の手口
● クレジットカード番号の流出、悪用の疑いがあるときの対処法
● クレジットカード番号の流出をできる限り防ぎたい方におすすめのクレジットカードの紹介

なお、本記事を詳しく確認する時間がなく、今すぐ番号の流出をできる限り防ぎたい方におすすめのクレジットカードについて知りたい方は「不正利用の心配が少ない「ナンバーレスカード」とは?」を参考にしてください。

クレジットカード番号とは?

クレジットカード番号とは?

クレジットカード番号とは、カードの表面または裏面に記載された番号のことです。発行されたすべてのクレジットカードには番号が割り振られており、それぞれ番号が刻印されています。

なお、クレジットカード番号は14〜16桁で構成されており、数字の桁数は国際ブランドの種類で変わります。国際ブランドごとの桁数の例は、以下のとおりです。

ブランド名 桁数
Visa / Mastercard(R) / JCB 16桁
American Express 15桁
Diners Club 14桁

カード会社では、支払い時に入力された番号から利用者を判断できるようになっています。ネットショッピングでの決済時はクレジットカード番号の入力が必要ですが、カードごとに番号が細かく異なることによって、他のカードと混同されることなく決済が完了します。

また、数字の羅列には意味があり、番号からわかることが多くあります。以下でそれぞれの番号のからわかる情報に関して解説します。

クレジットカード番号の桁数ごとの意味

クレジットカード番号の桁数ごとの意味

上記の画像のようにクレジットカードの券面にはさまざまな情報が記載されていますが、このうちクレジットカード番号に該当するのは②です。

14〜16桁で構成されている数字を探せば良いので、見つけるのは難しくないでしょう。

このクレジットカード番号は、桁数ごとにそれぞれ意味があります。桁数ごとの意味は、以下の3種類です。

 
クレジットカード番号の桁数ごとの意味を知ることで、クレジットカードの概要をカード番号から判断できるようになります。それでは、クレジットカード番号の意味を桁数ごとに分けてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1~6桁|発行会社

クレジットカード番号の1〜6桁目を確認すると、発行会社を識別することが可能です。1〜6桁の数字は「銀行識別番号(BIN)」などと呼ばれ、カードの発行会社を表しています。

また、1桁目は「主要産業識別子(MII)」と呼ばれ、番号によって産業を分類しており、発行会社の産業を把握できます。1桁目の主要産業の分類は、以下のとおりです。

1桁目の数字 会社の産業分類
0 ISOによる予備の番号
1 航空
2 航空 / その他将来発生する産業
3 旅行 / 娯楽 / 銀行 / 金融
4 銀行 / 金融
5 銀行 / 金融
6 運送 / 銀行 / 金融
7 石油 / その他将来発生する産業
8 ヘルスケア / 医療 / 通信 / その他将来発生する産業
9 国毎に割り当て可能

発行されるクレジットカードの種類やステータス、国際ブランドによって、数字の配列は変わります。例えば「American Express」は旅行代理業を行っているため3、「Visa」は金融業のため4、「Mastercard」も金融業のため5、といったように分かれています。

7~15桁|会員情報

クレジットカード番号の7~15桁は、会員情報を表しています。7~15桁目の数字は「会員口座番号」などと呼ばれ、カードを利用している個人を識別する番号です。

数字の割り振り方が特殊であるため、入力ミスによって他人のカードを誤って利用する可能性が低くなっています。

なお、クレジットカード番号は1桁目からすべて揃わない限り認証されないため、会員口座番号のみ流出したとしても、不正利用につながる可能性は低いです。

最後の桁|チェックデジット

クレジットカード番号の最後の数字は「チェックデジット」と言います。チェックデジットとは、クレジットカード番号が正しく入力されているかどうかをチェックするための数字です。


チェックデジットを利用して、1~6桁目までの「発行者識別番号」と7~15桁目の「会員口座番号」の数字を計算し、一定条件を満たすとクレジットカード番号が適正であると判断され、正常に利用できます。


チェックデジットは、各カード会社ごとの独自の計算方法で算出されています。そのため第3者からは推測されにくく、最終確認の数字として有効活用されているものです。


またチェックデジットがあるおかけで、他人の入力ミスによって自身のクレジットカードが利用されるのも防げます。

その他番号の意味

その他番号の意味

クレジットカードには、クレジットカード番号以外にもさまざまな番号が記載されています。


それでは、各番号の意味について解説いたします。

有効期限

有効期限は、クレジットカード番号の下の辺りにあり、数字の右横に「VALID THRU」や「GOOD THRU」と書かれているのが目印です。カード画像の③の部分に有効期限が記載されています。

クレジットカードの有効期限は「月/年」の順番で記載されています。例えば、2022年5月が有効期限の場合は「05/22」という表記になっています。

有効期限はオンラインショッピングでカード決済する際に、入力を求められることが多いので、入力する時には数字の順番に注意しましょう。

クレジットカード番号の有効期限は、普段はあまり意識して見ない数字かもしれません。しかし、有効期限切れのカードではないかなど、カードを利用する際には確認する必要のある数字です。

有効期限が近づくと、多くの場合カード会社から有効期限が更新された新しいカードが送られてきますので、間違えて使ってしまわないように、有効期限の切れたカードはハサミを入れて処分するようにしましょう。

セキュリティコード

セキュリティコードはカード表面もしくは裏面に記載されている3~4桁の数字です。オンラインショッピングのカード決済の際に入力が求められることが多い数字ですので、どこに記載されているかを知っておくようにしましょう。

画像のセゾンカードは裏面にセキュリティコードが記載されています。

JCB、Visa、Mastercard(R)、Diners Clubは一般的にカード裏面の署名欄の右端にある数字3桁。American Expressはカード表面のカード番号の右上に記載されている4桁の数字がそれぞれのカードのセキュリティコードです。

セキュリティコードは磁気情報やICチップにも記録されておらず、券面に記載があるだけです。そのため、スキミングされてカード情報が盗まれても、セキュリティコードが知られることはありません。

不正利用を防ぐため、セキュリティ面で重要な役割を果たす数字ですので、第三者に知られることがないように厳重に管理しましょう。

【注意】クレジットカード番号だけで悪用されることも

【注意】クレジットカード番号だけで悪用されることも

クレジットカード番号が盗まれた際に悪用される危険について、以下の2つを例に挙げて解説します。


クレジットカード番号が盗まれた際の危険性を知ることで、実際に被害を受けた場合に素早く対処できます。それでは、クレジットカード番号が盗まれた際に悪用される危険性について、詳しく見ていきましょう。

カード番号の場合

クレジットカード番号を盗まれると、悪用される危険性が高くなります。クレジットカードを利用する際、一般的にはクレジットカード番号のほかに、有効期限やセキュリティコードなどの入力が必要になります。

しかし、ネットショッピングではクレジットカード番号と有効期限のみで可能な決済もあります。そのため万が一を考慮して、クレジットカード番号のみだとしても安易に他人に教えない方が安全です。

セキュリティコードの場合

セキュリティコードのみを盗まれても、悪用される可能性があります。ネットショッピングなどでカード決済する際は、基本的にクレジットカード番号だけでなく、セキュリティコードも必要になります。

そのため、クレジットカード番号のみに気を配るのではなく、いかなる情報でも漏れないように注意しましょう。セキュリティコードのみだと悪用される可能性は低いですが、他人には教えないのが最も安全です。

なお、カードを紛失や盗難で再発行する際はセキュリティコードも変更になる場合が多いです。しかし、破損や名義変更などによる再発行の場合変更されないケースもあるため、古いカードの取り扱いには注意しましょう。

クレジットカードのセキュリティコードに関して詳しく知りたい方は「クレジットカードのセキュリティコードとは?」も参考にしてください。

【番号流出】不正利用の手口とは?

クレジットカード番号の不正利用の手口として、主に以下の3つが挙げられます。


不正利用の手口を知っておくことで、番号流出に関する被害を受ける可能性を低くできます。それでは、不正利用の手口について詳しく見ていきましょう。

フィッシング

フィッシングは、カード会社を装った案内のEメールを不特定多数の方に送信し、偽のホームページに誘導することで、カード番号・有効期限・暗証番号などの個人情報を取得しようとする行為のことです。

偽のホームページも非常に精巧に作られていることが多く、とくに疑いもなく情報を入力してしまうケースが後を絶たないので、十分注意する必要があります。

送られてきたメールの題名や本文に違和感はないか、誘導されたホームページのURLに不審な点はないかなどをしっかりと確認することで、被害を防げる可能性が高まります。

スキミング

スキミングは、店舗のレジにあるクレジット決済処理端末やATM端末のカードリーダー部分に「スキマー」と呼ばれる装置を仕掛けて、クレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を盗む行為のことです。

クレジット決済処理端末もATM端末も、普段何気なく利用しているだけに、わざわざそういった装置があるかどうかを確認することなく利用するケースが大半です。

スキミング対策には、磁気ストライプではなくICチップが組み込まれたカードを利用すると良いでしょう。ICチップが搭載されているカードは暗号化されているため、スキミング被害に遭いにくいという特長があります。ただし、絶対に被害に遭わないとは言い切れないので注意してください。

また、クレジットカードは改正割賦販売法の施行により2020年3月までにICチップ搭載型に切り替わっていますが、キャッシュカードは磁気ストライプ型が残っているので注意しましょう。

会計・支払い時の盗み見

会計・支払い時に、クレジットカード番号やその他クレジットカード情報を盗み見される恐れもあります。先述した通り、クレジットカード番号と有効期限だけでも決済可能な場合があるため、盗み見されると不正利用される可能性があります。

そのため、「14~16桁の長い番号だから、覚えられるわけがない」と油断するのは危険です。会計時以外は、できるだけ番号が見えないように管理しておきましょう。

またカード単体のみではなく、財布自体を預けないようにするなどの注意もしておくと、より安心できます。

不正利用の疑いがあるときの対処法

クレジットカードの番号流出・悪用の疑いがあるときの対処法として、以下2つがあります。


クレジットカードの番号流出・悪用の疑いがあるときの対処法を知っておくことで、実際に被害を受けた際に損失を最小限に抑えられます。

それでは、クレジットカードの番号流出・悪用の疑いがあるときの対処法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

カードの利用停止

クレジットカード番号が盗難・紛失などにより流出してしまった可能性がある場合の対処法をご紹介します。

盗難・紛失の可能性がある場合は、まずは直ちにカード会社に連絡します。これまで使っていたカードを止めて、カード番号が変更された新しいカードを発行する手続きをしてもらいましょう。

携帯料金や家賃など毎月カードで支払っていたものがある場合は、発行後にカード情報の更新を忘れずに行いましょう。

これまで使っていたカードは止めてしまっているので、カード情報を更新しておかないと支払いができず、料金を延滞してしまいます。

多くのカード会社では、不正利用に気づいた時点からさかのぼって60日前までの利用分を盗難保険で補償してもらえます。セゾンでも、明らかに第三者による不正利用が発覚した場合は、カード会社に連絡してからさかのぼって61日前までの利用分が補償されます。

カード番号の変更

まだ具体的な悪用の被害にあっていなくても、番号が流出してしまった可能性がある場合は、先手を打って番号を変えておいてもらうのが安全です。

飲食店でカードで支払いを行う際に、周囲にたくさん人がいる状態でテーブルの上にしばらくカードを置いてしまっていると、誰にクレジットカード番号を見られているか分かりません。

ただし、クレジットカードを再発行する場合、カード会社やカードの種類によっては再発行手数料がかかる場合があるので、その点には注意が必要です。

不正利用の心配が少ない「ナンバーレスカード」とは?

クレジットカードの不正利用が心配な方は、ナンバーレスカードの発行を検討すると良いでしょう。

ナンバーレスカードとは、券面にクレジットカード番号や有効期限などの情報が記載されていないクレジットカードのことです。クレジットカードの情報は、専用のスマホアプリなどから確認できる仕組みになっています。

券面にクレジットカード番号が記載されていないため、第三者に盗み見される心配が少なく、安心して利用できるのがナンバーレスカードの強みです。

また、最近ではナンバーレスカードと併せて、デジタルカードの需要も増えています。デジタルカードとは、一般的なプラスチックカードではなく、スマホアプリに発行されるタイプのクレジットカードを指します。

デジタルカードがあれば電子マネーのチャージ、オンラインショッピングが利用できるのはもちろん、カードによってはキャッシングも可能です。その使い勝手の良さから、多くの人気を集めています。

「ナンバーレス」のおすすめクレジットカード

ナンバーレスカードはさまざまなカード会社が取り扱っているため、どのカードを発行するべきか悩む場合もあるでしょう。そんな方は、ぜひセゾンが発行するナンバーレスカードを検討してください。

セゾンのナンバーレスカードは、デジタルカードと併用して利用できるのが特長です。発行されたそれぞれのカードを、場面に応じて使い分けられる使い勝手の良さが魅力です。

クレジットカード情報は、セゾンカード専用スマホアプリ「セゾンPortal」から確認ができます。確認できる手段が限られているため、セキュリティ面も安心です。

以下では、特におすすめのナンバーレスカードを2種類紹介します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

カード名 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードDigital
ランク 一般カード
国際ブランド American Express
デジタルカード あり
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
※QUICPay™(クイックペイ)利用時は3.0%
年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,100円(税込)
※年1回1円以上の利用で翌年無料
発行スピード ・プラスチックカード:最短3営業日発行
・デジタルカード:審査完了後最短5分
付帯サービス ・オンライン・プロテクション
・アメリカン・エキスプレス・コネクト
・QUICPay™利用でポイント3%還元
対応スマホ決済・電子マネー ・QUICPay
・iD
・Apple Pay
・Google Pay™
おすすめの人 ・安心してネットショッピングしたい方
・QUICPay™利用でお得にポイントを貯めたい方


セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、スマホアプリ「セゾンPortal」に発行されるデジタルカードです。後日「ナンバーレスカード」も郵送で届きます。

「オンライン・プロテクション」が付いているため、インターネット上で身に覚えのない不正利用があった際に、損害を補償してもらうことが可能です。

例えばショッピングサイトなどから、トラブルによってカード番号や情報が漏れてしまい不正利用されても、損害分を補償してもらえます。

注意点として、補償してもらえるのはセゾンに連絡した日から61日前までの利用分のため、不正利用に気付いたら早めに連絡しましょう。

また、不正利用以外の観点でもお得な特典が多いカードになります。例えば「QUICPay™」決済利用時にはポイント還元率が3%相当(1ポイント=約5円相当の商品と交換した場合)になるため、日常使いでもお得に使えるクレジットカードです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

SAISON CARD Digital

カード名 SAISON CARD Digital
ランク 一般カード
国際ブランド ・Visa
・JCB
・Mastercard(R)
・American Express
ポイント有効期限 なし
ポイント還元率 0.5%
年会費 永年無料
発行スピード ・プラスチックカード:デジタルカード発行後から数日後
・デジタルカード:審査完了後最短5分
付帯サービス ・オンライン・プロテクション
・ONLINEキャッシング
対応スマホ決済・電子マネー ・QUICPay
・iD
・Apple Pay
・Google Pay™
・Suica
・PASMO
おすすめの人 ・個人情報の流出を避けたい方
・オンライン上で今すぐクレジットカードを利用したい方

SAISON CARD Digitalは、審査申込後最短5分以内に発行可能である「デジタルカード」と、申し込み完了後に郵送で届く「ナンバーレスプラスチックカード」を使い分けられる点がメリットです。

また、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalと同様に、クレジットカードの不正利用による損害を補償してもらえる「オンライン・プロテクション」が付いています。

そのため、フィッシング詐欺によってクレジットカード情報を盗まれた場合でも、セゾンの調査で不正利用の被害が確認できると、損害を補償してもらえます。

また「デジタルカード」はスマホアプリにカード情報が反映されるため、利用金額を手軽に確認できて、カード本体を持ち運ぶ手間も省けます。カード自体の紛失の恐れもなくなるため、よく落とし物をしてしまう方でも安心して利用できるでしょう。

このほか、デジタルカードのデザインを気軽に変更できるのもSAISON CARD Digitalの魅力です。スマホアプリ「セゾンPortal」にある着せかえ機能を使うと、複数の選択肢から好きなデザインを選べます。

セゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーンセゾンカードデジタル新規ご入会キャンペーン

クレジットカードの番号に関するよくある質問

Q1 番号でJCBやVisaなどブランドがわかる?

クレジットカード番号の1~2桁までの数字で、国際ブランドの種類がわかります。以下の表に、国際ブランド別に2桁目までの例をまとめました。

ブランド 2桁の数字
JCB 3(35)
American Express 3(34 / 37)
Diners Club 3(36)
Visa 4
Mastercard(R) 5

国際ブランドによって数字が異なっているため、カード情報を入力する際に、選択したブランドと数字が一致しないと正常処理されない仕組みになっています。

Q2 クレジットカード番号がどこに書いてあるかはカードごとに異なる?

クレジットカード番号は、カードごとに印字されている箇所が異なります。

一般的には、カード表面の中央に記載されている場合が多いです。

クレジットカード番号は、有効期限やセキュリティコードよりも桁数が多いため、すぐに確認しやすいでしょう。

カード番号の管理は厳重に行おう

不正利用の被害に遭わないためにも、カード番号の管理には十分に注意が必要です。

クレジットカードは、「カード番号」、「氏名」、「有効期限」、「セキュリティコード」があれば、簡単に利用されてしまいます。それらの情報を第三者に教えないだけでなく、写真やメモにも残さないようにしましょう。

前述のように、明らかに第三者による不正利用の場合は、カード会社によって補償してもらえますが、カード情報の管理方法に落ち度があった場合は、補償してもらえないケースもあります。

カード番号を含め、カード券面に記載されている情報を第三者に知られることがないように、カード情報は厳重に管理しましょう。

なお、上記を踏まえてカード番号の流出や不正利用の補償をしてくれる安心感の高いカードを改めて確認したい方は「カード番号を公開したくない方におすすめのセゾンカード」を参考にしてください。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
(※)TM and © 2020 Apple Inc. All rights reserved.
(※)iPhone、Apple Watch、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
(※)Google Pay 、Google Pay ロゴ、Google Play 、Google ロゴ、Android はGoogle LLC の商標です。
(※)「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事