実質年率とは?金利や利息との違いを解説!実質年率が低いクレジットカードもご紹介

実質年率とは?金利や利息との違いを解説!実質年率が低いクレジットカードもご紹介

「実質年率」という言葉を耳にしたことはありますか?「ローンやクレジットカードを利用する際に支払うお金」というざっくりとしたイメージはあっても、金利や利息との違いや詳しい仕組みについてご存知ない方もいるのではないでしょうか。

今回は実質年率の仕組みや計算方法を解説したうえで、セゾンのクレジットカードの実質年率がどのくらいなのかをご紹介します。

実質年率とはどのようなものか理解して、賢くクレジットカードを利用しましょう。

セゾンパールセゾンパール

実質年率の仕組み

実質年率の仕組み

実質年率を理解するためには、金利と利息について知る必要があります。まずこの2つの違いを解説したうえで、実質年率についてご説明します。

利息と金利の違い

利息とは、利用者(借主)が借入先(貸主)に対して、お金を借りるために支払う料金のことを指します。「〇〇万円の元本に対して〇〇円の利息」というように金額表示されます。

一方金利は借入金額(元本)に対する利息の割合のこと。通常パーセント表示(〇〇%)されます。1年単位で計算されるので、年率や年利ともいいます。

実質年率は実質的な利息負担を知るために有効

実質年率とは、借入金額の利息に諸経費を加えて計算した「実質上の金利」です。前述した金利と同様、パーセント表示されます。

住宅ローンなど借入の種類によっては事務手数料や保証料がかかるので、利息とこれらの費用を含めた実質年率を知ることで実際の負担金額を知ることができます。

またクレジットカードの場合、通常事務手数料や保証料はかかりませんが、ショッピング分割払いの利用金額やショッピングリボ払いの元本残高に対してかかるお金は、利息ではなく「手数料」と呼ばれます。そのためクレジットカードにおいては金利ではなく、実質年率で実質的な利息を計算するのが一般的です。

クレジットカード利用は借入の一種である
「クレジットカード=借入」というイメージがなく、なぜクレジットカードに実質年率が出てくるのか疑問に思われる方もいるかもしれませんね。

クレジットカードには大きく分けて「ショッピング利用」と「キャッシング利用」の2種類があります。ショッピング利用は支払時に利用者に代わってカード会社がお店に代金を立て替え、後日利用料金が請求されるサービスです。

実際に現金は借りていないものの、カード会社が立て替えてくれているという意味では間接的に借入しているのと同じです。キャッシング利用はローンと同様、実際に現金を借りられるサービスのことで、こちらも借入の一種です。

どちらも借入で通常利息(ショッピング利用では手数料)がかかるため、実質年率で利息負担を計算する必要があるのです。

実質年率で利息の計算をしてみよう

実質年率で利息の計算をしてみよう

実質年率の仕組みがわかったところで、次は実際に実質年率を使って利息の計算をしてみましょう。

ここでは借入日数の異なる2つの例を用いて計算していきます。

例1)10万円を実質年率18.0%で30日間(1ヵ月)借り入れた場合の利息金額を計算
利息金額 = 借入金額 × 実質年率 × 借入日数 ÷ 365日
= 10万円 × 18.0% × 30日 ÷ 365日
= 1,479円(小数点以下切り捨て)

例2)10万円を実質年率18.0%で180日間(6ヵ月)借り入れた場合の利息金額を計算
利息金額 = 借入金額 × 実質年率 × 借入日数 ÷ 365日
= 10万円 × 18.0% × 180日 ÷ 365日
= 8,876円(小数点以下切り捨て)

例2の借入日数は例1の約6倍。上記の計算式のとおり利息金額は日割り計算されるため、利息金額も例2は例1の約6倍となることがおわかりいただけたかと思います。つまり返済が早いほど利息負担が軽くなるということです。

利息負担を軽減するためには、増額払いなどを活用して早期に返済することをおすすめします。

セゾンのクレジットカードの実質年率

セゾンのクレジットカードの実質年率

実質年率の仕組みや計算方法をご理解いただけたところで、セゾンのクレジットカードの実質年率をご紹介します。ショッピング利用とキャッシング利用で実質年率は異なるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ショッピング利用の実質年率

セゾンのクレジットカードのお支払方法は、「1回払い」・「2回払い」・「リボ払い」・「ボーナス一括払い」・「ボーナス2回払い」の5種類。1回払い・2回払い・ボーナス一括払いは手数料(利息)はかかりませんが、リボ払いとボーナス2回払いは手数料がかかります。

リボ払いとボーナス2回払いの実質年率はそれぞれ以下のとおりです。

リボ払いの実質年率
リボ払いは毎月のお支払金額がご利用金額に応じてほぼ一定となる支払方法です。

月々の支払金額に応じて、「長期コース(月々3,000円~)」・「標準コース(月々1万円~)」・「定額コース(月々5千円以上5千円単位で指定可能)」の3コースが用意されていますが、いずれも実質年率(手数料率)は15.00%です。

また「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」(年会費:税込22,000円)と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」(年会費:初年度無料、2年目以降税込11,000円)なら、実質年率は標準コースで9.6%、長期・定額コースで12.0%と、他のセゾンのクレジットカードより安く設定されています。ショッピング利用でリボ払いを利用する方にはおすすめです。

ボーナス2回払いの実質年率
ボーナス2回払いは、1月と8月の年2回、利用金額を半分ずつ支払う方法です。利用金額100円あたりの3円の手数料が、2回目の支払日に請求されます。

例として50,000円の利用金額をボーナス2回払いで支払う場合の、各支払日の分割支払金額を計算してみましょう。

例)
利用金額:50,000円
分割手数料:50,000円 ×(3円 / 100円)= 1,500円
支払総額:利用金額 + 分割手数料
= 50,000円 + 1,500円 = 51,500円
各支払日の分割支払金
1回目:利用金額 / 2
= 50,000円 / 2 = 25,000円
2回目:利用金額 / 2 + 分割手数料 
= 50,000円 / 2+1,500円 = 26,500円


ボーナス2回払いの分割手数料は利用金額に応じて計算されるので、借入日数によって金額が変動することはありません。逆に実質年率に換算すると利用月に応じて3.79%~10.29%と変動し、2回目の支払日までの日数が短いほど実質年率は高くなります。

セゾンパールセゾンパール

キャッシング利用の実質年率

キャッシング利用の支払方法は「1回払い」と「リボ払い」の2種類で、実質年率は12.0%~18.0%。カードの種類などによって適用される実質年率は異なります。

ショッピング利用と異なり、キャッシング利用は1回払いでも利息がかかるので注意しましょう。

初回返済日は1ヵ月~2ヵ月程度先になるので、日割り計算での利息がかかります。可能なら増額払いなどを利用して、利息負担を軽減させることをおすすめします。セゾンのクレジットカードはキャッシング利用・ショッピング利用ともに、指定口座への振り込みやセゾンATMで残高の一部または全額のお支払いが可能です。

またキャッシングの実質年率も、個人カードの「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」、ビジネスカードの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は比較的低めに設定されています。海外、国内でのキャッシング利用を考えている方は、これらのカードの作成を検討してみてはいかがでしょうか。

以下はセゾンアメックスの各クレジットカードのキャッシング実質年率です。

【キャッシング実質年率】
個人カード ※家族カードのキャッシング利用可
・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:14.5%
・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:17.5%
・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:18.0%
・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:18.0%

ビジネスカード ※追加カードのキャッシング機能なし
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:14.5%
・セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード:18.0%

セゾンアメックスセゾンアメックス

よくある質問

Q1 実質年率とは?

実質年率とは、借入金額の利息に諸経費を加えて計算した「実質上の金利」です。金利と同様、パーセント表示されます。

Q2 利息と金利の違いは?

利息とは、利用者(借主)が借入先(貸主)に対して、お金を借りるために支払う料金のことを指します。一方金利は借入金額(元本)に対する利息の割合のこと。通常パーセント表示(〇〇%)されます。

Q3 クレジットカード利用は借入の一種?

実際に現金は借りていないものの、カード会社が立て替えてくれているという意味では間接的に借入しているのと同じです。キャッシング利用はローンと同様、実際に現金を借りられるサービスのことで、こちらも借入の一種です。

まとめ

まとめ

実質年率とはどのようなものかご理解いただけたでしょうか?クレジットカードやローンなどの借入における実質的な利息は、実質年率で計算して比較することをおすすめします。

クレジットカードのショッピングリボ払いやキャッシング利用をする方なら、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」のように実質年率が低いクレジットカードを選んで、利息負担を減らすのもよいでしょう。

ただし実質年率が低いといっても、返済期間が長ければその分利息負担は増してしまいます。計画的なご利用を心がけましょう。

おすすめのクレジットカード

関連記事

おすすめのクレジットカード

人気記事