【クレジットカードのことならCredictionary】

ゴールドカードの必要性とは?持つべき方や不要な方の特徴を紹介

ゴールドカードの必要性とは?持つべき方や不要な方の特徴を紹介

ゴールドカードの必要性は人によって異なりますが、カードの特長やメリットを知らないことで必要性が感じられない方もいるのではないでしょうか?

ゴールドカードには充実した機能が備わっているため、ご自身の生活スタイルに合ったカードを選択すれば年会費を上回るメリットを実感できるはずです。

そこで今回はゴールドカードの必要性に関して、カードの特長やメリットを交えながら解説していきます。また、おすすめのゴールドカードもご紹介するので、参考にしてください。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

ゴールドカードの特長

ゴールドカードは、一般カードよりグレードの高いクレジットカードとして位置づけされています。基本的にゴールドカードを保有するためには年会費が必要となる場合が多くなりますが、一般カードより付帯する特典やサービスが充実している特長があります。

特典やサービスはカード会社によって異なりますが、一般的にゴールドカードには以下のような特長がありますので、覚えておきましょう。

● 国内の主要空港ラウンジを無料で利用できる
● 付帯保険が充実している(ショッピング保険、旅行傷害保険など)
● 一流ホテルやレストランを優待価格で利用できる
● ポイントの優遇がある
● 利用限度額が高めに設定されている

ゴールドカードを持つ必要性はあるのか?

クレジットカードの魅力は決済機能だけでなく、「特典・サービス」などの各種機能もあります。ゴールドカードは一般カードと比較して特典・サービスが充実しており、カードを保有するだけでさまざまなメリットがあります。

もちろん人により必要なサービスに違いがあるため、提供されるすべての特典・サービスを利用するのは難しいでしょう。しかし、一部の利用であっても、その方にとって有意義であれば、そこにゴールドカードを持つ必要性が生まれます。普段の生活を考えて、自分にあった特典・サービスを探してみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードを持つ意味とは?6つのメリットをご紹介

ゴールドカードの必要性や持つ意味を判断するには、ゴールドカードのメリットを考える必要があります。まず具体的なメリットを考えて、ゴールドカードの必要性や持つ意味を判断してみてください。

メリットを知るために、ゴールドカードと一般カードの基本情報を比較しました。例としてセゾンカードの「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンゴールドアメックス)」と、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンパールアメックス)」を比較します。

セゾンゴールドアメックス セゾンパールアメックス
年会費 11,000円(税込) 1,100円(税込)
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 なし
海外旅行傷害保険 最高5,000万円 なし
ショッピング安心保険 最高200万円 なし
空港ラウンジ あり なし
特典・サービス あり あり
ETCカード 無料 無料
家族カード 4枚まで(年会費1,100円(税込)) 4枚まで(年会費無料)
国内永久不滅ポイント 1,000円(税込)で1.5ポイント 1,000円(税込)で1ポイント

上記の比較を見るとゴールドカードにはたくさんの保険や特典・サービスが付帯されていることが分かります。

特に、ここで比較対象としてご紹介している国際ブランドがAmerican Expressのゴールドは、ゴールドカードのなかでも旅行関係の特典や旅行傷害保険の補償内容が充実している特長があります。

そのため、旅行する機会が多い方であればこのようなゴールドカードを持つ意味は大きいのではないでしょうか。

以下では、旅行関係の特典や旅行傷害保険を含め、ゴールドカードの6つのメリットをご紹介します。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

①付帯保険が充実

ゴールドは一般カードと比較して付帯保険が充実しています。例えば、セゾンゴールドアメックスには以下のような手厚い保険が付帯しています。

● 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(死亡・後遺障害)、疾病治療300万円
● 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(傷害死亡・後遺障害)、入院日額5,000円
● 海外賠償責任保険:最高3,000万円(海外旅行傷害保険に含む)
● ショッピング安心保険:最高200万円(年間200万円まで)
● 紛失・盗難補償

一般カードは旅行傷害保険が付帯されていないこともあり、付帯されていても補償範囲が狭かったり、補償額が少なかったりして利便性に欠けることが多いです。

一方、ゴールドカードには補償が充実した旅行傷害保険が付帯しています。

例えば、一般的な保険会社で傷害死亡・後遺障害5,000万円の海外旅行保険に加入する場合は、約4,000円(保険期間1日まで)~約50,000円(保険期間31日まで)以上の保険料が必要です。

また、ゴールドカードには購入した商品が壊れたり、カードの紛失・盗難により被害を被ったりした場合に、損害額の補償を受けられるショッピング保険なども付帯されることが多いです。

このような充実した保険が付帯するため、旅行に行く機会が多い方や高額な商品を購入される方であればゴールドカードの必要性を感じるのではないでしょうか。

②空港ラウンジサービス

特典のなかでも人気の空港ラウンジサービスは、主要な空港に設置されている、空港ラウンジと呼ばれるエリアで、出発前あるいは到着後の乗客がソファでくつろいだり、ソフトドリンクを飲んだり、雑誌を読んだりしてゆっくりと過ごすことができます。

空港ラウンジの運営会社とクレジットカードの発行会社が提携することで設置されており、空港ラウンジサービス付帯のゴールドカード保有者は空港ラウンジを無料で利用できます。

例えば、羽田空港のPOWER LOUNGE SOUTHを利用する場合は、1,100円(税込)が必要になりますが、ゴールドカードを持っていれば無料でラウンジを利用可能です。

空港ラウンジは、「カードラウンジ」「プライオリティ・パスラウンジ」「航空会社ラウンジ」と大きく3種類に分けられており、ゴールドカード会員は「カードラウンジ」を利用できます。

③ポイント高還元

ゴールドカードにおいて、ポイント還元率が一般カードより高く設定されていることがあります。

例えば「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」であれば、国内利用時のポイント還元率は一般カードの1.5倍、海外利用時は2倍です。

毎月の利用額が12万円(税込)の場合、一般カードでは年間1,440ポイント貯まるところ、ゴールドカードは2,160ポイントが貯まります。セゾンカードの永久不滅ポイントは1ポイントあたり約5円相当のアイテムへ交換することも可能なため、同じ利用金額でも年間で3,600円相当分のポイントが多く還元されます。

④利用限度額が高い

ゴールドカードの限度額は、あくまで各クレジットカード会社の審査によって決められるため、一般カードと変わらない場合もありますが、一般カードと比較して利用限度額が高く設定されている場合が多いです。そのため、まとまった支出が必要な場合でも対応可能です。

⑤独自の特典がある

ゴールドカードはクレジットカード会社が独自に提供しているお得な特典・サービスがあります。例として「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の特典・サービスの一例をご紹介します。

● ロフト優待サービス
● 手荷物無料宅配サービス(空港)
● コート預かりサービス(空港)
● 海外Wi-Fiレンタルサービス(空港)
● レンタカー優待サービス
● セゾンポイントモールの利用で最大ポイント30倍
● オンライン・プロテクション

例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを持っていれば、毎月、月末の金土日は全国のロフトでの買物が5%OFFになる優待が利用可能です(※)。

ロフトをよく利用する方の場合、優待を利用して毎月10,000円(年間120,000円)の買物をすれば年間で6,000円の節約になります。

また、空港サービスも充実しており、手荷物宅配サービスの復路(空港→自宅)の料金がスーツケース1個まで無料(2個目以降は1個につき300円)で利用できます。宅配先の都道府県や荷物の大きさにもよりますが、通常2,000円以上の料金が無料となるため、お得なサービスになっています。

このようにゴールドカードには魅力的な特典・サービスがたくさん付帯されています。自分のライフスタイルに合った特典の付帯しているゴールドカードをぜひ探してみてください。

(※)優待の適用には、Netアンサーログイン後に取得できるWEBクーポンが必要です。会計時にレジにてクーポンをご提示ください。

⑥ステータス性

ゴールドカードはあくまで機能が充実した高機能カードなので、必ずしも富裕層が保有するカードとはいえません。しかし一般カードと比較して申込条件が厳しいことが多く、一定のステータスを感じさせるカードとして人気です。

ゴールドカードを不要と感じる理由

ゴールドカードを不要と感じる理由

ここまで解説したとおり、ゴールドカードはメリットがたくさんあるクレジットカードです。しかし、それでも「ゴールドカードは特に必要ない」などの意見があります。

ゴールドカードに必要性を感じない方は、「メリットを知らない方」と「メリットを知ったうえで必要性を感じない方」とに分かれると考えられます。

保有するメリットを知らない

一般カードと違いゴールドカードの多くは年会費が必要で、無料カードと比較するとコスト面が気になる方も多いでしょう。そのため保有するメリットを知らない方は不要と感じてしまします。

しかし、先ほどの説明でメリットを感じていただいた方は多いのではないでしょうか。ゴールドカードの使い方次第では、特典・サービスで年会費相当を補える場合があります。

ゴールドカードの機能や特典・サービスを把握した上で、利用金額と年会費のコスト計算をして、一般カードとどちらがおトクになるか比較することをおすすめします。

メリットを知ったうえで必要ないと感じる

そもそも旅行や出張に行かない方は、旅行傷害保険の必要はありません。また空港ラウンジも利用しないので、ゴールドカードのメリットを感じにくいでしょう。

しかしゴールドカードは、ポイント高還元率や店舗での優待サービスなど日常的な買物利用でもお得になる可能性があるため、旅行に関する付帯サービスを必要としない方にも保有のメリットがあります。

上記の説明で、今までメリットを感じていなかったけど、もしかしたら自分のライフスタイルにあったゴールドカードがあるかもしれないと思った方は、探してみることをおすすめします。

おすすめのゴールドカード

セゾンカードでは、多様なシーンで活用できるゴールドカードを用意しています。ここでは、日ごろの買物から旅行まで幅広いシーンで利用できる「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」とマイラーにおすすめの「MileagePlusセゾンゴールドカード」の2券種をご紹介します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、充実した特典・サービスが魅力のゴールドカードです。年会費は11,000円(税込)で初年度は無料です。申込資格は安定した収入がある連絡可能な方(学生、未成年を除く)となっています。

ポイント還元は1,000円(税込)の利用ごとに1.5ポイント(1ポイント約5円相当(※1))と、一般カードの1.5倍です。セゾンカードの永久不滅ポイントは有効期限が設定されていないので、有効期限を気にする必要もありません。また海外利用でポイントが2倍になるサービスも提供されています(1,000円(税込)ごとに2ポイント)。

さらにセゾンカードのポータルサイト「セゾンポイントモール」を経由したオンラインショッピングでは、ポイント最大30倍サービスが利用できます(1,000円(税込)ごとに最大30ポイント)。

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」に付帯されている特典・サービスの一例は以下です。

● 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(死亡・後遺障害)、疾病治療300万円(※2)
● 国内旅行傷害保険:最高5,000万円(傷害死亡・後遺障害)、入院日額5,000円(※2)
● 海外賠償責任保険:最高3,000万円(海外旅行傷害保険に含む)
● ショッピング安心保険:最高200万円(年間200万円まで)
● 紛失・盗難補償
● オンライン・プロテクション
● 海外アシスタンスデスク
● コート預かりサービス
● 空港ラウンジサービス(国内・ハワイ空港無料、プライオリティ・パス優待価格)
● 手荷物無料宅配サービス
● ショッピングサポート(ロフト)
● スポーツ施設優待(コナミスポーツ、スタジオ・ヨギー)

毎月、月末の金土日はロフトでの買物が5%OFFとなる優待(※3)のほか、全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」も利用できるので、ぜひご活用ください。

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、このような充実した特典やサービスが付帯しているため、ゴールドカードのなかでもおすすめの1枚です。

(※1)1ポイント=約5円相当の商品と交換した場合です。
(※2)航空券代や宿泊代などをカードで支払った場合に適用となります。
(※3)優待の適用には、Netアンサーログイン後に取得できるWEBクーポンが必要です。会計時にレジにてクーポンをご提示ください。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

MileagePlusセゾンゴールドカード

「MileagePlusセゾンゴールドカード」は、年会費22,000円(税込)で保有できるカードです。業界最高水準のショッピングマイル還元率となっており、カード利用額1,000円(税込)につきユナイテッド航空「マイレージプラス」のマイルが15マイル貯まります(※1)。

マイレージプラスのマイルには有効期限がなく、貯まったマイルはユナイテッド航空をはじめ、ANAなどのスターアライアンス加盟航空会社の特典航空券に交換可能です。

また、国内の主要空港ラウンジを無料で利用できたり、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯(※2)したり、年間100万円までのショッピング保険が付帯したりと、ゴールドカードならではの特典やサービスもあります。

旅行が好きな方や、マイルを利用して旅行を楽しみたい方におすすめのゴールドカードになっています。

(※1) 年間(毎年3月4日〜翌年2月4日お引き落とし分)75,000マイルを越えた場合、超えた分のご利用は1,000円につき5マイルとなります。
(※2)航空券代や宿泊代などをカードで支払った場合に適用となります。

MileagePlusセゾンカード新規ご入会キャンペーン実施中

よくある質問

ここではゴールドカードに関するよくある質問をご紹介します。ゴールドカードの申し込みを検討している方は、参考にしてください。

Q1 ゴールドカードの申込資格は?

ゴールドカードの申込資格は、カード会社によって異なります。例えばセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合は「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」です。

Q2 ゴールドカードで海外の空港ラウンジを利用できる?

ゴールドカードによっては利用できることがあります。例えばセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードであれば世界1,300ヵ所以上の海外空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス(通常年会費429ドル/プレステージ会員)」に年会費11,000円(税込)で登録できる優待が付帯していますので、保有の際はご活用ください。

Q3一般カードからゴールドカードへの切り替えはできる?

カード会社によって異なりますが、セゾンカードの場合は「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」または、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」であれば切り替えが可能です(※)。

なお、現在お持ちのカードを別のカードや別の国際ブランドへ変更することはできません。

(※)切り替えには入会後6ヵ月以上経過しているなどの条件があります。審査の結果、ご希望に添えないこともあります。

まとめ

ゴールドカードの必要性は人によって異なりますが、ゴールドカードには充実した補償内容の保険が付帯したり、便利な特典やサービスを利用できたりと、多くのメリットがあります。

また、ポイントの優待や日ごろの買物で利用できる優待なども付帯しているため、特別な目的に利用するのではなく、普段使いのカードとしてもおすすめです。

今回ご紹介したセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードとMileagePlusセゾンゴールドカードは、ショッピングから旅行まで幅広いシーンで活用できるカードとなっているので、申し込みをご検討ください。

おすすめのクレジットカード

ゴールドカードに関する関連情報

人気記事