Credictionary

ゴールドカードのステータス性は高い?おすすめカードも紹介!

ゴールドカードのステータス性は高い?おすすめカードも紹介!

高級感のあるデザインが特徴で、自身の信用を表すツールのひとつにもなる「ゴールドカード」。年収があがるとゴールドカードを持ちたいと思い始める方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ゴールドカードのステータス性やメリット、おすすめのゴールドカードをご紹介します。

ゴールドカードのステータス性は高い?

クレジットカードは一般的に一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードの順にランクが高くなります(一部カード会社によって異なる)。ランクに応じてステータスも高くなり、自身の信頼性の高さや収入の安定を表します。

信頼性の高さを示すことができる

一般的にクレジットカードのランクが上がるにつれて審査は厳しくなるので、ゴールドカードを持っていると一定の審査基準をクリアしたという自身の信頼性を示すことができます。

また、ゴールドカードは券面が金色のものが多く、すぐにゴールドカードだとわかることも特徴です。

収入の安定を示すことができる

一般的にゴールドカードの入会資格は「安定した収入があり社会的信用を有するご連絡可能な方」となっています。

また、カードの種類にもよりますが、年会費無料の一般カードが多いなかゴールドカード以上になると年会費が必要となります。

こうした観点からも、ゴールドカードを持っていることで収入が安定していることがわかります。

ゴールドカードのメリットはステータスの高さだけではない!

ゴールドカードのメリットはステータスの高さだけではない!

ゴールドカードはステータスの高さを示せるほか、旅行傷害保険の手厚さや上質な付帯サービスが受けられることも大きなメリットです。

旅行傷害保険が手厚い

クレジットカードには基本的に海外や国内の旅行傷害保険が付帯されていますが、ゴールドカード以上のステータスになると補償内容がグレードアップし、補償額も高く設定されていることが多いです。

また、旅行傷害保険は無条件で自動的に適用される「自動付帯」と、ツアー代金や公共交通機関といった旅行に関する支払いをカードですることを条件に適用される「利用付帯」の2種類があります。ゴールドカード以上のクレジットカードだと、海外旅行保険が自動付帯になることが多い点も特徴です。

さらにクレジットカードによっては、カード所有者の家族(配偶者・こども)も補償対象になる「家族特約」が付帯されていることもあるので、安心して家族旅行が楽しめます。

空港ラウンジなどの特典が豊富

ゴールドカード以上のステータスのクレジットカードは、旅行の際に空港ラウンジを無料で利用できる点も魅力的です。

対象となるラウンジでは無料のサービスと有料のサービスがあり、無料のサービスにはソフトドリンクの提供や無線LAN(Wi-Fi)の利用など、有料のサービスには軽食・アルコールの提供やシャワー・マッサージ機の利用などさまざまなサービスがあります。

無料のサービスと有料のサービスはラウンジによって異なりますが、充実したサービスでフライト前にゆっくりとくつろぐことができます。

ゴールドカードの審査基準

さまざまなサービスが付帯しておりとても魅力的なゴールドカードですが、審査基準は一般カードと比べて高くなります。

カード会社によっても異なりますが、例えばセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)カードは「18歳以上(高校生を除く)でご連絡可能な方」であれば、幅広い方の申込みが可能です。年収の制限もないので、学生でも利用することができます。

一方で、一般カードであるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)カードは「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」が審査基準となっています。

ゴールドカードでステータス性を示したい方におすすめのカード3選

ゴールドカードでステータス性を示したい方におすすめのカード3選

たくさんの種類があるゴールドカードにはそれぞれの魅力があり、年会費や付帯サービスも大きく異なります。どれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いかと思いますが、これから発行したいと考えている方におすすめのゴールドカードを3つご紹介します。

ゴールドカードでステータス性を示したい方におすすめのカード3選
・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・ゴールドカードセゾン
・MileagePlusセゾンゴールドカード

それぞれについて詳しく説明していきます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンゴールドアメックス)は年会費が11,000円(税込)で初年度は無料です。

ポイントの有効期限がない「永久不滅ポイント」で、ポイントが貯まりやすいという点も大きな魅力です。例えばほかのクレジットカードで1,000円(税込)ごとに1ポイント(1ポイント5円相当)が貯まるところ、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードだと1.5倍のポイントが獲得できます。さらに海外で利用するとポイントは2倍に。「セゾンポイントモール」を経由したオンラインショッピングでは、1,000円(税込)ごとに最大30ポイントが付与されます。

また、年会費4,400円(税込)の「SAISON MILE CLUB」に登録すると、1,000円(税込)につきJALマイルが10マイル貯まるほか、2,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント同時に貯まります。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾンは年会費11,000円(税込)、初年度は無料。国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選択が可能です。

1,000円(税込)のお支払いにつき1ポイントの永久不滅ポイントが付与されますが、西武、ロフト、ザ・ガーデン 自由が丘、パルコ、無印良品ではポイントが2倍になり、1,000円(税込)につき2ポイントが付与されます。

さらに、2枚目のゴールドカードとして「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を保有できることも特徴。アソシエはゴールドカードセゾンを持っている方のみ申込みができる特別なカードで、年会費は2枚あわせて13,200円(税込)です。2枚セットで持つことでより永久不滅ポイントが貯まりやすくなります。

例えば、アソシエは国内のどの店舗で利用しても永久不滅ポイントが通常の1.5倍、海外では2倍になります。西武など国内の対象店舗ではゴールドカードセゾンを利用し、それ以外の店舗や海外ではアソシエを利用し使い分けることで、効率よくポイントを貯めることができます。

MileagePlusセゾンゴールドカード

旅行好きの方におすすめなのが「MileagePlusセゾンゴールドカード」です。年会費は22,000円(税込)で、国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBから選択が可能。しかし、ユナイテッド航空の「マイレージプラスプログラム」への登録が入会の条件となります。

マイル還元率の高さが魅力で、永久不滅ポイントは貯まらないものの、1,000円(税込)のお支払いにつき15マイルを貯めることができます。貯まったマイルは、ユナイテッド航空やANAの特典航空券と交換することも可能です。

まとめ

まとめ

ゴールドカードはステータスの高さだけではなく、付帯サービスやポイントの貯まりやすさなどメリットがありました。年会費が高額な場合が多いですが、それ以上にコストパフォーマンスの高さも感じられるのではないでしょうか。

使用目的などを考えて、ぜひご自身にあったゴールドカードを探してみてください。

おすすめのクレジットカード

人気記事