高校生でもクレジットカードは持てる?持つ方法や代わりのカードを紹介

高校生でもクレジットカードは持てる?持つ方法や代わりのカードを紹介

「クレジットカードを持ちたい」と考えている高校生の方も多いのではないでしょうか。この記事では、高校生はクレジットカードを持てるのか、また、クレジットカード以外にはどのようなカードを利用できるのかについて解説します。

クレジットカードをご検討中の高校生の方、ご留学予定のあるお子さまがいらっしゃる方もぜひ参考にしてみてください。

高校生でもクレジットカードを発行できるのか?

高校生でもクレジットカードを発行できるのか?

クレジットカードを作ることができるのは、原則的には18歳以上からです。とはいえ、18歳以上なら誰でもクレジットカードを持てるわけではありません。「満18歳以上の方はお申し込み可能」とされているクレジットカードでも、「高校生は除く」と但し書きが記載されていることが一般的です。つまり、基本的には高校生はクレジットカードを発行することができません。

未成年でも高校生でなければカード発行できる

高校生以外の方なら、未成年でもクレジットカードを発行できることがあります。すでに就職されている方や大学生・専門学校生(入学資格が高卒以上)の方なら、未成年であっても、親権者の同意のもとでクレジットカードを発行できるケースもあります。

ただし、お申し込みの年齢条件が「満20歳以上」と定められているクレジットカードも少なくありません。未成年でクレジットカードを持ちたい方は、必ず年齢条件を満たしているのか確認してからお申し込み手続きに進みましょう。

高校生でも発行できるカードの種類

高校生でも発行できるカードの種類

原則として、高校生はクレジットカードを発行することができません。しかし店舗やオンラインで決済可能なカード類を一切持てないというわけではありません。高校生がカード類を持つ方法を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

家族カード

家族カードは基本的には高校生の方は利用不可ですが、海外に長期滞在される場合には、高校生の方も発行できることがあります。

例えばセゾンでは、本会員様と生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族の方なら、家族カードに申し込めます。家族分の利用はまとめて本カード会員様の口座から引き落とされます。

しかし、「留学などの理由によって海外に長期滞在される場合に限り、一部カードで15歳以上の家族カード申し込みを承ります。」ともされているので、条件に該当する場合はカード裏面のインフォメーションセンターへお問い合わせてみましょう。

クレジットカードによっては家族カードの発行がないものや、配偶者以外の家族には家族カードが発行できないものもあります。家族カード発行をお考えになる前に、まずは家族カード対応可能なのか調べておく必要があります。

プリペイドカード

プリペイドカードは事前に現金をチャージをし、チャージした金額の範囲内で支払いをすることができるカードです。カードにチャージした範囲内での利用になるため、使いすぎが気になる方にもおすすめです。

使い切り型と追加チャージ可能型があり、使い切り型は使える金額が決まっているカードを購入し、チャージされている金額の範囲内で使用できますが、追加チャージ可能型は残高がなくなった場合、追加でチャージすることで繰り返し使用することができます。

追加チャージ可能型は繰り返し使うことができるため、カードを持ちたいという高校生は追加チャージ可能型のプリペイドカードがおすすめです。


<NEO MONEY>
どのプリペイドカードが良いか迷ったときには、セゾンの「NEO MONEY」はいかがでしょうか。13歳以上なら誰でも持て、セゾンカウンターで即日発行が可能です。また、海外・国内で利用でき、紛失・盗難補償もあるので万が一のときにも安心です。

グローバルに利用できるプリペイドカードをお探しの方、紛失・盗難のリスクはもちろんのこと使い過ぎを避けたい方におすすめのカードです。

デビットカード

プリペイドカードも便利ですが、常に残高を気にしなくてはいけないという点は注意が必要です。一方デビットカードはチャージ不要で、お支払いする度に口座残高から引き落とされるタイプのカードです。口座残高内の金額ならならお支払い可能なので、こまめなチャージは面倒な方にも使いやすいカードです。また、利用限度額を設定できるものも多いため、使い過ぎが気になる方にもおすすめです。

デビットカードのなかには、利用金額に応じてポイントがつくものもあり、現金を口座から引き出すよりもお得に使えます。もちろん、現金を口座から引き出すときのATM手数料も節約できるので、無駄な支出を極力抑えたい方にも良い選択肢となるでしょう。

デビットカードの発行条件は発行会社によっても異なりますが、特定の銀行口座を保有していることが条件となることが多いです。また、基本的に高校生でも申し込みができるものが多いので、ご自身の口座でお金を管理している高校生の方なら、クレジットカードに代わる決済手段として考えられるかもしれません。

よくある質問

Q1 高校生でもクレジットカードを発行できるのか?

「満18歳以上の方はお申し込み可能」とされているクレジットカードでも、「高校生は除く」と但し書きが記載されていることが一般的です。つまり、基本的には高校生はクレジットカードを発行することができません。

Q2 未成年でも高校生でなければカード発行できる?

すでに就職されている方や大学生・専門学校生(入学資格が高卒以上)の方なら、未成年であっても、親権者の同意のもとでクレジットカードを発行できるケースもあります。

Q3 高校生でも発行できるカードの種類は?

高校生が発行できるカードの種類の例は、「家族カード」、「プリペイドカード」、「デビットカード」が挙げられます。

まとめ

高校生の方は、原則として自分名義のクレジットカードを発行することはできません。しかし、留学などで海外に長期滞在の予定がある方は、家族名義のクレジットカードの「家族カード」を発行できる場合があります。

クレジットカードにこだわらない方なら、プリペイドカードもおすすめです。チャージをした分だけ利用できるので、使い過ぎを防げます。セゾンの「NEO MONEY」なら高校生の方も発行でき、国内外で使えるほか、紛失・盗難補償もあるので、万が一のときにも安心です。

チャージが面倒な方には、デビットカードをおすすめします。口座と連携させるため、口座残高内で利用できます。デビットカードのなかにはポイントが貯まるものもあるので、現金決済よりもお得になることがあります。それぞれの特徴を把握して、ご希望のスタイルに合ったカードをお選びください。

おすすめのクレジットカード

関連記事

おすすめのクレジットカード

人気記事