【クレジットカードのことならCredictionary】

18歳の高校生でもクレジットカードは持てる?持つ方法や代わりのカードを紹介

18歳の高校生でもクレジットカードは持てる?持つ方法や代わりのカードを紹介

2022年4月1日より、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。誕生日によっては高校生の時点で成人になる方もおり、自身の責任で決められることも増えてきます。

クレジットカードの発行もそのひとつです。そのため、18歳や19歳の方のなかにはクレジットカードの申し込みを考えている方もいると思いますが、クレジットカードを発行するのであれば最低限の知識は必要です。

そこで今回は、クレジットカードの基本的な使い方などを解説します。これからクレジットカードの発行を考えている18歳の高校生の方は、ぜひ参考にしてください。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

18歳の高校生でもクレジットカードを発行できる

18歳の高校生でもクレジットカードを発行できる

2022年4月1日より、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられたことで、18歳(高校生含む)、19歳の方は、親の同意がなくても単独でクレジットカードの契約が可能になりました。そのため、18歳以上であれば自分の意志でクレジットカードの発行が可能です。

ただし、クレジットカードの申し込みには審査があり、審査の状況によっては発行できないこともあるので、覚えておきましょう。

また、クレジットカードの申し込みや利用にあたっては、契約内容をしっかりと確認することも大切です。成年の方は、すべての決定が自身の責任となることを心がけておきましょう。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

高校生でも発行できるカードの種類

高校生でも発行できるカードの種類

ここでは、高校生でも持つことができるカードの種類をご紹介するので、把握しておきましょう。

クレジットカード

一般的なクレジットカードは、基本的に18歳以上の方であれば誰でも申し込み可能です。

クレジットカードは会計時に支払いが発生せず、後日、銀行口座からカード利用金額をまとめて支払う、後払いができるカードです。実店舗でのお買物はもちろん、オンラインショッピングや公共料金など幅広い支払いに対応しています。

クレジットカードはお買物でポイントが貯まったり、カードに付帯する特典を利用できたりとさまざまなメリットがあります。

なお、クレジットカードの発行には審査が必要となり、その際にカード利用可能額が決定します。審査によっては、クレジットカードが発行できないこともあります。

家族カード
家族カードは「クレジットカードの本会員と生計をともにする18歳以上の同姓の家族の方」が発行できるカードです。クレジットカードには違いありませんが、本カードの追加カードとして発行できるカードのため、本会員の情報をもとに審査が行われます。

家族カードは、本カードよりお得な年会費でほぼ同様のサービスや特典を受けられるのが最大のメリットです。

クレジットカードになじみのない18歳の高校生の方は、まず家族カードでクレジットカードの使い方を確認するというのも、ひとつの手段としておすすめです。

プリペイドカード

プリペイドカードは事前に現金をチャージして、チャージした金額の範囲内で支払いをすることができるカードです。カードにチャージした範囲内での利用になるため、使いすぎが気になる方にもおすすめです。

使い切り型と追加チャージ可能型があり、使い切り型は使える金額が決まっているカードを購入し、チャージされている金額の範囲内で利用できますが、追加チャージ可能型は残高がなくなった場合、追加でチャージすることで繰り返し利用することができます。

追加チャージ可能型は繰り返し使うことができるため、カードを持ちたいという高校生は追加チャージ可能型のプリペイドカードがおすすめです。

<NEO MONEY>
どのプリペイドカードが良いか迷ったときには、セゾンの「NEO MONEY」はいかがでしょうか。13歳以上なら誰でも持て、セゾンカウンターで即日発行が可能です。また、海外・国内で利用でき、紛失・盗難補償もあるので万が一のときにも安心です。

グローバルに利用できるプリペイドカードをお探しの方、紛失・盗難のリスクはもちろんのこと使いすぎを避けたい方におすすめのカードです。

デビットカード

プリペイドカードも便利ですが、常に残高を気にしなくてはいけないという点は注意が必要です。一方デビットカードはチャージ不要で、お支払いする度に口座残高から引き落とされるタイプのカードです。口座残高内の金額ならお支払い可能なので、こまめなチャージは面倒な方にも使いやすいカードです。また、利用限度額を設定できるものも多いため、使いすぎが気になる方にもおすすめです。

デビットカードのなかには、利用金額に応じてポイントがつくものもあり、現金を口座から引き出すよりもお得に使えます。もちろん、現金を口座から引き出すときのATM手数料も節約できるので、無駄な支出を極力抑えたい方にも良い選択肢となるでしょう。

デビットカードの発行条件は発行会社によっても異なりますが、特定の銀行口座を保有していることが条件となることが多いです。また、基本的に高校生でも申し込みができるものが多いので、ご自身の口座でお金を管理している高校生の方なら、クレジットカードに代わる決済手段として考えられるかもしれません。

初めてクレジットカードを利用する際の注意点

クレジットカードは手持ちの現金がなくてもお買物ができて便利ですが、利用する際は注意点があります。クレジットカードの申し込みを考えている18歳の高校生の方は、注意点もしっかりと把握しておきましょう。

支払方法によっては手数料がかかる

クレジットカードには、請求月にまとめて一括で支払う「1回払い」のほかにも、以下のようなリボ払いや分割払いなどの支払方法があります。

支払方法 概要
リボ払い 月々の利用金額に関係なく、毎月ほぼ一定の金額を支払う方法です。
分割払い 利用金額を指定した回数で分割して支払う方法です。例えば2回払いなら2回の請求月に半額ずつ支払うことになります。
ボーナス払い 年に2回(夏・冬)のボーナス時期に支払う方法です。夏または冬の時期のどちらかで、一括で支払う「ボーナス一括払い」と、夏と冬の時期に半額ずつ支払う「ボーナス2回払い」があります。

支払方法のうち、基本的にリボ払いと3回以上の分割払い、ボーナス2回払いは手数料が必要になるため、計画的に利用するよう心がけましょう。

特にリボ払いは、毎月一定の金額の支払いになるため、返済残高が減りづらい傾向があります。そのため、気がつかないうちに使いすぎてしまう可能性があるため、借入残高はこまめに確認するようにしてください。

なお、1回払いや分割2回払い、ボーナス1回払いであれば手数料はかからず、お買物でポイントが貯まってお得です。

万が一のときの対応を確認しておく

「クレジットカードをなくした」「身に覚えのない請求がきた」といったときは、すぐにカード会社へ連絡をして、指示を仰ぎましょう。

正しくクレジットカードを利用していて、しっかりとした対応をすれば万が一不正利用されても補償を受けられる可能性が高いです。

カード会社から送られてくる規約や契約内容をしっかりと確認して、正しいクレジットカードの使い方を心がけましょう。

使いすぎに注意する

クレジットカードは手持ちの現金が減らないため、使いすぎてしまう可能性があります。そのため、カード利用金額をこまめに確認して、支払日に引き落としされる金額はしっかりと把握しておくようにしましょう。

多くのカード会社は、会員専用サイトやアプリを活用して簡単にカード利用金額を確認できる場合が多いです。会員専用サイトやアプリを上手に活用して、計画的にクレジットカードを利用するように心がけてください。

18歳の高校生が発行できるクレジットカード

18歳(高校生含む)、19歳の新成人であればクレジットカードの申し込みが可能です。申込方法はカード会社によって異なりますが、多くのカード会社ではインターネットでの申し込みができるため、発行したいカードの公式ページからアクセスしましょう。

例えば、セゾンカードでは18歳から申し込みができるクレジットカードとして、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalがあります。インターネットからの申し込みが可能です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、初年度年会費無料、2年目以降は1,100円(税込)です。前年に1回以上のカード利用があれば翌年度も年会費無料になります。

申し込み審査完了後、最短5分でクレディセゾン公式スマートフォンアプリ「セゾンPortal」上にデジタルカードが発行されます。発行された後は、すぐにオンラインショッピングで利用が可能です。

通常はカード利用金額1,000円(税込)に1ポイント(約5円相当(※1))の永久不滅ポイントが貯まりますが、QUICPay™(クイックペイ)の利用は還元率が2%相当(※2)になります。

また、全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」や、対象の飲食店や家電量販店などの店舗で、最大30%がキャッシュバックされる「セゾン・アメックス・キャッシュバック(※3)」などの特典も利用できます。

さらに、35万冊以上の漫画がパソコンやスマホで楽しめる「まんがセゾン」のセゾンコース(月額550円(税込))に登録することで、いつでも50%のポイントが還元されます。

(※1)1ポイント約5円相当のアイテムと交換した場合となります。
(※2)適用には、諸条件があります。詳細はカードお申込みページをご確認ください。
(※3)店舗・サービスごとにキャッシュバックの上限額がございます。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

ここでは、高校生に関係したクレジットカードのよくある質問をご紹介します。

Q1 高校生でもクレジットカードを発行できるのか?

クレジットカードは、身分を問わず満18歳以上の方であれば親の同意がなくてもお申し込み可能です。ただし、クレジットカードの発行には審査があるため、審査の状況によっては発行できない場合があります。

Q2 18歳の高校生でも発行できるカードの種類は?

18歳の高校生が発行できるカードの種類の例は、「クレジットカード(家族カード含む)」、「プリペイドカード」、「デビットカード」が挙げられます。

Q3 18歳の高校生がクレジットカードの申し込みで必要なものは?

クレジットカードの発行には、基本的に「本人確認書類」と「銀行口座」が必要です。カード会社によって必要なものは異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

なお、セゾンカードの場合はインターネットでの申し込みであれば、上記2点で問題ありません。

まとめ

成年年齢の引き下げにより、18歳の高校生も新成人となります。クレジットカードは18歳以上から親の同意を必要とせずに申し込みができるため、高校生でも18歳以上であればクレジットカードを発行できます。

ただし、クレジットカードには審査があるため、審査の状況によっては発行できないこともあります。また、クレジットカードを利用する際は、仕組みや注意点を把握しておくことも大切です。

クレジットカードの申し込みを検討している18歳、19歳の方は、正しい知識を身に付けておきましょう。

(※)QUICPayおよびQUICPay+は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

おすすめのクレジットカード

関連記事

人気記事