クレジットカードの審査ではなにをチェックされる?必要書類や審査の流れを解説

クレジットカードの審査ではなにをチェックされる?必要書類や審査の流れを解説

クレジットカードを申し込む際に、審査が心配な方は多いのではないでしょうか。なぜなら、審査に通らなければ、クレジットカードは発行されません。

本記事ではクレジットカード会社が審査でチェックするポイントや、申し込みの際に必要な書類、カードの審査に通らなかった場合に再度申し込みができる時期も解説していきます。

今からクレジットカードの申し込みをする方や、なるべく早めにカードを利用したい方はぜひ参考にしてください。

即日発行可能なクレジットカード

セゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーンセゾンローズゴールドアメックス新規ご入会キャンペーン

クレジットカードで審査は必須?

クレジットカードを作る際は、まず審査に通る必要があります。クレジットカードのなかで審査不要のカードは存在しません。

クレジットカード会社は、カード利用者の支払い費用を一時的に立て替える役割をしています。そのため、支払いの遅延や滞納などのリスクを最小限にするためにも、カード申込者の支払い能力を事前に確認しておく必要があります。

審査はクレジットカード会社のリスクを抑えるためでもあり、カード申込者の負債のリスクを抑えるためでもあります。そのため、クレジットカードを申し込むと必ず審査を受けることになります。

クレジットカードの審査は何をチェックするのか?

クレジットカードの審査では主に以下の2点がチェックされます。

● 申込者の個人情報
● 信用情報

上記の2点は、クレジットカードを申し込むと必ずチェックされる項目となります。クレジットカードを発行する際に必要な2つのチェック項目の内容を詳しく解説していきましょう。

●申込者の個人情報

申込者の個人情報とは、具体的には以下の項目です。

● 職業と勤務先
● 雇用形態
● 勤続年数
● 年収
● 住居の状況
● 家族構成

職業や勤務先と年収、勤続年数や雇用形態はクレジットカードの審査として大事な項目になります。継続的に勤続して安定した収入があり、支払い能力があるかクレジットカードを発行するにあたって調べる必要があるからです。

ほかにもクレジットカードの申込者の住居の状況や家族構成も審査の対象になることがあります。

●信用情報

クレジットカードの審査では申込者の信用情報もチェックされます。

信用情報は、クレジットカードの利用状況や、各種のローンなどの申し込みを含めた契約状況に関する情報のことです。上記の信用情報は、クレジットカード会社が閲覧可能な情報機関で保存・共有されています。

クレジットカード会社は、カード申込者が現在までにクレジットカードの利用料金の支払いや、各種のローンの支払いに遅延などがないか確認をします。

カード申込者の履歴に問題がなければ、支払いに信用をおくことができます。そのため、クレジットカードの審査では申込者の信用情報も大事なチェック項目になります。

クレジットカードの審査で必要な書類

クレジットカードを申し込む際には、審査や本人確認のために必要な書類があります。必ず本人確認書類を手元に用意するようにしましょう。本項目は、クレジットカードを申し込むときに用意すべき本人確認書類を紹介していきます。

●本人確認書類

クレジットカードの申し込みをする際は、本人確認書類の提出が必要になります。本人確認書類とは申込者本人の氏名と生年月日、現住所が記載されている書類です。具体的にカードの申し込みの際に本人確認書類として有効になるのは以下の書類となります。

● 運転免許証
● パスポート
● 健康保険証
● 住民票
● マイナンバーカード

クレジットカードを申し込みする場合は、手元に本人確認書類を準備しておけば手続きもスムーズに進められます。

クレジットカードの申し込み、審査、発行の流れ

一般的にクレジットカードが発行されるまでの流れは、以下のようになります。

1. カードの申し込み
2. 審査結果の通知
3. カードの発行

本項目ではセゾンカードを例に、クレジットカードの申し込みから発行までの流れを解説するので、参考にしてください。

1.カードの申し込み

セゾンカードの場合、申込方法は「Web申し込み」、「店頭申し込み」、「郵送申し込み」の3つの方法があります。各申込方法の特長は以下のようになります。

申込方法 特長
Web申し込み パソコンやスマートフォンを使って、公式ページから申し込みを行う方法です。基本的に24時間・365日手続きができ、最短即日発行(※)が可能です。
店頭申し込み セゾンカウンターで直接申し込みを行う方法です。対面での申し込みとなるため、すぐに質問をしたり、疑問点を解決できたりするメリットがあります。最短即日発行(※)が可能です。
郵送申し込み 入会申込書を郵送し、申し込みを行う方法です。カードの発行までは3週間から1ヵ月程度の期間が必要になります。

特に、Web申し込みは24時間いつでも手続きが可能なため、時間を気にする必要がなく、おすすめの申込方法です。

なお、申込方法はクレジットカード会社やカードの種類によって異なるため、事前に確認し、ご自身に合った申込方法を選択すると良いでしょう。

(※)即日発行の対象カードに申し込みを行い、対象のセゾンカウンターで申し込みまたは、カードの受け取りが可能な場合です。

2.審査結果の連絡

セゾンカードの申し込み後は、入会審査が行われます。申し込み時に記入したメールアドレス宛に審査結果が届くため、内容を確認しましょう。

なお、クレジットカード会社によっては、審査結果の連絡を電話で行う場合もあります。

3.カードの発行

セゾンカードは、郵送もしくは、セゾンカウンターでの受け取りになります。郵送で受け取る場合は、本人限定受取郵便となるため、受け取りの際に本人確認書類が必要です。なお、本人確認書類は、2020年4月1日の法改正により、運転免許証やパスポートなどの写真付き公的証明書1点が必要になりましたので、事前に用意しておきましょう。

また、セゾンカウンターで受け取る場合は、本人確認書類のほかに、「受付番号」と「金融機関のお届け印」、「キャッシュカードや通帳などの口座番号がわかるもの」が必要になるため、忘れずに持参してください。

クレジットカードの審査から発行までが早いクレジットカード

クレジットカードの審査から発行までが早いクレジットカード

クレジットカードは審査期間や必要書類の郵送期間があると、手元にカードが届くまでに時間がかかってしまいます。

すぐにクレジットカードがほしい場合には、セゾンカードを検討してみてはいかがでしょうか。

セゾンカードは、インターネットで24時間いつでも申し込みができます。なかでもスマホ上で発行されるデジタルカードなら、審査完了後、最短5分で利用できます。

また、全国にあるセゾンカウンターで、クレジットカードを受け取る方法もあります。インターネットで申し込みをした当日に、対象のクレジットカードを受け取ることも可能です。

今回は、特におすすめの「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」を紹介していきます。

●最短5分で発行可能「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digital」

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalは、申し込み審査完了後、最短5分で利用ができる、デジタルカードです。初年度の年会費は無料、2年目以降は1,100円(税込)で、前年に1円以上の利用があれば2年目以降の年会費が無料になります。

申し込み後に、セゾンカードの公式スマートフォンアプリの「セゾンPortal」にカードが発行され、当日のうちから利用ができます。後日郵送でナンバーレスカード(カード番号・有効期限・セキュリティコードなどの情報記載なし)が届きます。ナンバーレスカードはIC付きのクレジットカードとして利用ができます。

支払額の確認や住所変更、引き落とし口座の変更などの手続きもスマートフォンで完結するため、たいへん便利な一枚です。

また、QUICPay™(クイックペイ)加盟店でQUICPay支払いを利用すると、お買物の合計金額(税込)の3%相当(※1)の還元を受けることができます。

QUICPayはスーパーやコンビニなど全国173万ヵ所以上の場所で利用できる決済方法なので、日常の支払いがお得になる優待特典です(※2)。セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalの優待特典には、次のものがあります。

● 対象ストアでのご利用金額の20%~30%がキャッシュバックされる「セゾン・アメックス・キャッシュバック」(※3)
● セゾンポイントモールを経由してオンラインショッピングをすると永久不滅ポイントが通常の最大30倍
● 全国約25,000ヵ所の店舗・施設利用が最大60%オフの優待価格になる「優待のあるお店」

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは、ショッピングがお得になる優待特典が付帯し、なるべく早めにカードを利用したい方や、スマートフォンでの決済を希望する方にとてもおすすめのクレジットカードです。

(※1)1ポイント=約5円相当の商品と交換した場合です。
(※2)2021年12月末時点
(※3)店舗・サービスごとにキャッシュバックの上限額がございます。

セゾンパールセゾンパール

クレジットカードの審査に関するよくある質問

本項では、クレジットカードの審査に関してよくある質問を紹介します。クレジットカードの申し込みを検討している方は、申し込み前に確認しておきましょう。

Q1 未成年、学生、主婦、新入社員でも審査に通る?

クレジットカードは、申込条件を満たしている方であれば、誰でも申し込みが可能なため、学生や主婦、新入社員でも審査に通る可能性があります。クレジットカードの申込資格は、一般的に公式ページに記載されていることが多いので、事前に確認してから申し込みを行いましょう。

例えば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード Digitalは「18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方」であれば、誰でも申し込みが可能です。

そのため、18歳以上の学生や社会人、主婦でもカードを保有できる可能性があります。ただし、18歳未満の未成年だと審査に通りません。

また、クレジットカードを作りたいがために年齢や年収などの申込情報を偽っても、虚偽であることが発覚した時点で審査を通ることができません。

また、通ったとしても発覚した時点でカードを剥奪される恐れがあります。そのため、申し込みの際は、正しい情報の記入を心がけましょう。

Q2 クレジットカードのランクによって審査の難度は変わる?

クレジットカードの申し込みはカードのランクによっても審査の難度は変わってきます。クレジットカードのランクは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの順にランクが高くなっていきます。

カードのランクがあがると、利用可能枠が高額になることもあり、サービスや特典なども充実します。そのため、一般的にはカードのランクがあがると、審査の難度も上がっていきます。

初めてクレジットカードを持つ方は、一般カードから申し込むことをおすすめします。発行後、一般カードでの利用と支払いをきちんと行い、信用情報を蓄積してクレジットカードのランクをひとつずつ上げていきましょう。

Q3 クレジットカードの審査に通らなかった場合、再度申し込むことはできる?

クレジットカードの審査に通らなかった場合は、期間を置くことなく再度申し込みをしても結果は同様になってしまいます。

クレジットカードの申込履歴と審査情報は、一定の期間にわたって信用情報機関に保存されることになります。審査に通らなかった痕跡が残っている場合には、同じカードに再度申し込みをしても審査には通らないことがほとんどです。

しかし、一度審査に通らなかったからといって、今後いっさい、同じカードを作ることができないわけではありません。クレジットカードの申込履歴と審査情報の保存期間は6ヵ月間になっています。審査に通らなかった場合は、前回のカードの申し込みから半年以上が経過してから再度申し込みをすると良いでしょう。

出典元:CREDIT INFORMATION CENTER「CICが保有する信用情報

Q4 審査のないクレジットカードはあるの?

審査を行わないクレジットカードは存在しません。なぜなら、クレジットカードはあと払い式のため、支払い能力があるかどうか、必ずチェックが入るからです。

Q5 必ず審査が通るクレジットカードはあるの?

申し込めば誰でも審査に必ず通るようなクレジットカードも存在しません。そのため、申込者に返済能力がないと判断されたら、審査に通らないことはあります。

一般社団法人日本クレジット協会の「日本のクレジット統計2020年版」によれば、2020年にクレジットカードを契約できた件数は入会申込件数の約73.8%になります(※)。つまり、4件に1件の割合でクレジットカードの審査に通らないことがあります。

(※)出典:一般社団法人日本クレジット協会「日本のクレジット統計2020年版」

Q6 必ず審査に通る方法はあるの?

クレジットカード会社は審査基準を公開していないので、必ず通る方法はありません。なお、クレジットカード会社は申込条件を公表しているので、まずは資格を満たしているかきちんと確認しましょう。

Q7 審査が緩い、甘いカードはあるの?

クレジットカードは審査が緩い、甘いのではなく、審査基準を満たしているかどうかがポイントになります。

例えば、Aカードで審査に落ちて、同じカード会社のBカードで審査に通ったら Bカードは審査が緩いと思いがちです。しかし、実際には、Bカードの審査基準を満たしたから発行できているのです。

そのため、審査が緩い、甘いなどのクレジットカードはありません。

Q8 審査に通るために知っておきたいことは?

審査に落ちないために知っておきたいことは次の4つです。

● 申込資格を確認する
● 申し込み時に虚偽の情報を申告しない
● クレジットカードの支払いを延滞・滞納しないこと
● クレジットカードを継続的に利用する

クレジットカード会社は審査基準を発表していませんが、申込資格は公表しています。申込資格を満たしていなければ、審査に通ることはありえません。まずは、しっかりと申込資格を確認しましょう。

次に、申し込み時に虚偽の情報を申告しないようにします。年収や職業で虚偽の情報を申告したのが発覚すると、クレジットカードを作ることができなくなる恐れがあるので止めましょう。

すでにクレジットカードを発行しており、新しいカードを作ろうとしている方は、クレジットカードの支払いを延滞・滞納しないように注意しましょう。クレジットカードの支払履歴は審査のときにチェックされ、問題があれば審査に落ちることもあるので、延滞や滞納は避けましょう。

クレジットカードを継続的に利用しておくことも、審査に通るポイントです。延滞・滞納をせず、カードの利用額をきちんと支払っていると、カード会社の審査で有利に働くことがあります。

上記4つのポイントを抑えていれば、必ず審査に通るとは限りません。しかし、審査のときに役立つポイントなので、覚えておきましょう。

まとめ

クレジットカードを発行するためには、カード会社の審査を通過する必要があります。審査でチェックされることは、主にご本人様の情報と、信用情報です。

また、クレジットカードのランクがあがれば審査基準もあがっていきます。初めてカードを作る方は、一般カードから申し込むことをおすすめします。カードの審査に通らなかった場合は、半年以上経過したあとに再申し込みするようにしましょう。

審査から発行まで早いだけでなく、普段使いでもお得なカードをお探しであれば、QUICPay払いや優待のあるお店など、日常生活でお得になる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital」を検討してみてはいかがでしょうか。

(※)「QUICPay」「QUICPay+」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。

おすすめのクレジットカード

人気記事