Credictionary

20代におすすめのゴールドカードを紹介!カード選びのポイントについても解説

20代におすすめのゴールドカードを紹介!カード選びのポイントについても解説

「通常のカードよりも優待特典や付帯サービスの内容が充実しているので、ゴールドカードを保有したいけど、社会人経験の浅い20代は保有できないのではないか」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。しかし、20代でも保有可能なゴールドカードは存在します。

本記事では、20代がゴールドカードを選ぶ際のポイントについて解説し、おすすめのカードをご紹介いたします。

20代でもゴールドカードの審査に通る?

ゴールドカードの発行対象は、「安定した収入がある方」とされていることが多いです。安定した収入があり、携帯電話端末の分割払いや、ほかのクレジットカードの支払いを延滞していない場合には20代でも発行できる可能性があります。

なお、学生の場合は入会資格で制限されているケースがあるので注意しましょう。

20代がゴールドカードを選ぶときに考慮すべき3つのポイント

20代がゴールドカードを選択する際に考慮するべき点は以下です。

・年会費の支払いコストが、還元率や付帯サービスなどに見合ったものであるか
・付帯サービスの内容が充実しているかどうか
・付与されるポイントの還元率が高いかどうか

それぞれの項目について、詳しくご紹介します。

1.年会費が付帯サービスなどに見合っているか

ゴールドカードの年会費は、通常のカードに比べて高額です。そのため、還元率が低かったり付帯サービスが充実していなかったりする場合は、年会費の支払いコストが高くつく場合があります。

年会費に見合った還元率や付帯サービスがあるかどうかを確認しましょう。

2.付帯サービスの内容が充実しているか

年会費によっては、優待特典や付帯サービスが充実していない場合もあります。

旅行の予定がある方は、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の補償額、空港ラウンジサービスの有無や内容についてチェックしましょう。

3.ポイント還元率が高いか

ゴールドカードには、通常のカードよりもポイント還元率が高い場合があります。

還元率の高いカードを普段の買物や公共料金の支払いに利用していけば、自然に多くのポイントが付与されることになるのでお得です。なるべくポイント還元率の高いカードを探しましょう。

20代にはセゾンのゴールドカードがおすすめ

20代がゴールドカードを保有するなら、セゾンから発行されているカードがおすすめです。

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
・ゴールドカードセゾン
・MileagePlusセゾンゴールドカード

これらのカードは、付帯サービスが充実しており、ポイントが失効しない「永久不滅ポイント」が付与されます。

各カードのおすすめポイントについて詳しく解説します。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンゴールドアメックス)は年会費が11,000円(税込)です。初年度の年会費は無料です。発行対象者は「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」となりますので、20代の方でもお申込みいただけます。

永久不滅ポイントが、ショッピングの利用1,000円(税込)につき1.5ポイント付与されます。通常カードでは1,000円(税込)につき1ポイント(約5円相当)なので、ポイントは通常カードの1.5倍です。さらに海外で利用した場合は、通常の2倍の1,000円(税込)につき2ポイントの永久不滅ポイントが付与されます。

また、「セゾンポイントモール」を経由したオンラインショッピングでカードを利用した場合、最大で通常の30倍の1,000円(税込)につき30ポイントの永久不滅ポイントが付与されるのでお得にネットショッピングをすることができます。

年会費4,400円(税込)で「SAISON MILE CLUB」に登録すると、1,000円(税込)につきJALマイルが10マイル、2,000円(税込)につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まるため、マイルをお得にためたい方にもおすすめのカードといえるでしょう。

さらに、「Apple Pay」「ID」「QUICPay」に対応しているため、事前にカード情報を紐付けておけば、カードを持たずにスマートフォン1つで便利に買物を楽しむことができます。

付帯サービス・優待特典

セゾンゴールドアメックスは

・最高5,000万円の「旅行傷害保険」
・物品の破損・盗難などの損害について補償される「ショッピング安心保険」
・ネット上での不正使用による損害を補償する「オンライン・プロテクション」

が付帯しており、充実の保険内容といえます。

国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用可能で、さらに、「プライオリティ・パス」のプレステージ会員(通常年会費:429米ドル)に優遇年会費11,000円(税込)で登録することができます。

プライオリティ・パスは、世界148か国、600を超える都市にある1,300か所以上の空港ラウンジにおいて、ドリンクの提供を受けたりインターネットに接続できたりする会員制サービスです。

また、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスや海外旅行からの帰国時に手荷物無料宅配サービスも利用可能です。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾンは年会費が初年度無料、翌年以降11,000円(税込)となっています。申込資格は「学生・未成年を除くご連絡可能な方」となりますので、20代の方でもお申込みいただけます。

ショッピング利用1,000円(税込)につき、永久不滅ポイントが1ポイント付与されます。西武・ロフト・パルコ・無印良品などの特定の店舗では還元率が2倍となっており、1,000円(税込)につき2ポイント付与されるのでお得に買物を楽しむことができます。

さらに、「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」2枚目のゴールドカードを追加保有(別途年会費2,200円(税込))することで国内ショッピングの還元率が通常の1.5倍となり、1,000円(税込)につき1.5ポイント貯まるので、店舗によってゴールドカードセゾンと使い分けることで効率的にポイントが貯めることが可能です。

専用サイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を閲覧すれば、アメリカン・エキスプレスのカード会員向けの限定キャンペーンや優待プログラムといったお得な情報を入手できます。

付帯サービス・優待特典

最高3,000万円の「旅行傷害保険」や、補償限度額300万円の「ショッピング安心保険」が付帯しています。また、ホテルに優待価格で宿泊できたり、ホームセキュリティサービス「ALSOK」を優待価格で利用できたりします。

国際ブランドはVisa・Mastercard・JCBから選択でき、Visaブランドを選択した場合、成田空港・羽田空港国際線ターミナル・中部国際空港・関西国際空港から自宅まで手荷物を優待価格で配達してくれるサービスが付帯しており旅行をする際に便利です。

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードは年会費が22,000円(税込)で、国際ブランドはVisa・Mastercard・JCBから選択可能です。マイルの還元率は業界トップクラスの最大1.5%となっており、マイルを効率的に貯めたい方にとってはおすすめの1枚です。

入会条件は「18歳以上の電話連絡可能な方(高校生を除く)」「ユナイテッドのマイレージプラスプログラムにご登録の方」となっており、20代の方もお申込みいただけます。

ショッピングでの利用時には、永久不滅ポイントは貯まりませんが、1,000円(税込)につき15マイルが貯めることができ、貯まったマイルは、「ユナイテッド航空」や「ANA」の特典航空券と交換可能です。

また、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港において、ラウンジを無料で利用できます。

旅行や出張などで飛行機を頻繁に利用する方、マイルを効率よく貯めたい方はMileagePlusセゾンゴールドカードの保有をぜひ検討してみてください。

付帯サービス・優待特典

最高5,000万円の「旅行傷害保険」や、購入した商品の破損・盗難などの損害について90日間、年間100万円まで補償される「ショッピング安心保険」が付帯しています。

さらに、国内主要空港とホノルルのラウンジを無料利用できる「国内空港ラウンジサービス」や定額制の利用料金で海外でも快適なネット環境が整う「海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス」、世界中のCD・ATMから現地通貨を引き出せる「現地通貨引き出しサービス(海外キャッシング)」が利用可能です。

まとめ

まとめ

安定した収入がある場合は20代でもゴールドカードの発行が可能です。ただし、学生の場合は入会資格で制限されていることがあります。ゴールドカードは、年会費に見合った付帯サービス、ポイント還元率で選択すると良いでしょう。

おすすめは、セゾンが発行している「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」です。ポイント還元率が高く、充実した内容の優待特典や付帯サービスが存在します。

20代でゴールドカードの保有を考えている方は、ぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

人気記事