Credictionary

プラチナカードを持つメリットは?気になるお悩みもすべて解決!

プラチナカードを持つメリットは?気になるお悩みもすべて解決!

プラチナカードを持っていると、どのようなメリットがあるのでしょうか。プラチナカードのことをよく知らないため、どのようなカードなのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、プラチナカードを持つことで得られるメリットについてご紹介します。カードの特徴を理解して、自分に合ったカードを選びましょう。

プラチナカードの基礎知識

プラチナカードの基礎知識

はじめに、プラチナカードとはどのようなカードなのかをご説明します。クレジットカードの種類ではどのような位置付けとなるのか。また、カードを継続するためにかかる費用についても確認していきましょう。

プラチナカードを手に入れる方法は複数あります。それぞれの方法についても解説します。

プラチナカードとは?

クレジットカードにはランクがあります。比較的多くの方が使っているのは、一般カードやゴールドカードです。そしてゴールドカードよりもワンランク上のカードが、プラチナカードとなっています。
一般カードやゴールドカードに比べると入会資格が厳しいものが多いのですが、メリットもたくさんあります。カードの特典などで試してみたいと感じるものがあるなら、所有を検討しても良いでしょう。

また、カード会社によっては、プラチナカードよりも上のランクとなるブラックカードが存在することもあります。ブラックカードの入会カードはほとんどが紹介制です。入会資格も会社によって異なります。

プラチナカードの年会費の相場

年会費は、会社ごとに異なる金額が設定されています。プラチナカードは年会費が安い会社で、20,000円のところもあります。一方で、最高級といわれる年会費が高額のプラチナカードの場合では、100,000円以上かかる場合もあります。

一般カードには、年会費が無料となっているものも多くあります。ゴールドカードでは、10,000円が相場です。

プラチナカードの入手方法は2つ

プラチナカードは、カード会社から招待されなければ作成できないと考えている方もいるかもしれません。実際に招待制を用いている会社もあります。その場合は、招待を受けないとカードを作れず、自ら申し込むことはできません。

一方で、プラチナカードの申し込みを受け付けている会社もあります。新規でサービスを利用したいときに、通常の方法で申し込むことができます。すでに使っているカードからランクアップしたいときも、プラチナカードを選ぶことができるでしょう。

招待制を採用しているところは、多くの場合は年会費が50,000円以上かかります。カード会社は、招待する方を信用面などから厳選しているのです。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

プラチナカードのメリット

プラチナカードのメリット

毎年数万円の年会費がかかる事が多いプラチナカードですが、契約することでどのようなメリットがあるのでしょうか。一般カードやゴールドカードに比べて高い会費を支払っているのですから、どのような特典があるのかは重要です。
ここでは、魅力的なプラチナカードのメリットをご紹介します。

プライオリティ・パスを登録できるカードがある

数あるプラチナカードの中でも「プライオリティ・パス」を登録できるものがあります。
プライオリティ・パスとは海外1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で使うことができるサービスです。

プライオリティ・パスに対応している空港ラウンジであれば、飛行機の待ち時間やチェックイン前後などに利用できます。無料で飲食もでき、多くのラウンジでWi-Fiを利用することもできるため有意義に時間を使えるでしょう。

例えば成田国際空港であれば、第1ターミナルと第2ターミナルにそれぞれプライオリティ・パスが使えるラウンジがあります。カードによっては同伴者も無料でラウンジが利用できる場合もあり、出張や家族旅行の際にも便利です。
※一部、航空会社によってプライオリティ・パスがご利用できない場合がございます。

海外旅行時のWi-Fi優待

海外に出かける際には、海外用Wi-Fiや携帯電話の優待制度が役に立ちます。利用料金はカード会社が提携している通信会社や訪問する国によって変わるため、事前に確認しておきましょう。

海外用Wi-Fiや携帯電話の優待制度を利用すれば、海外に到着した瞬間から電話やインターネットが使えます。SIMカードを入れ替えたり、設定を変更したりする手間もかかりません。

コンシェルジュのサービスが受けられる

プラチナカード所持者は、会員専用の電話窓口を利用することができます。困ったことがあればコンシェルジュに相談することで、適切に対応してもらえます。

カード会社によってサービスの内容は異なりますが、国内レストランの相談や予約の依頼も可能です。特別な日のディナーなどは、電話でコンシェルジュサービスを使えばスムーズに予約ができるでしょう。

ほかにも、訪問予定の国にどのようなレストランやショッピングエリアがあるのかを聞いたり、おすすめの旅行プランを紹介してもらえたりと便利に使えます。

ホテル・レストラン・チケット優待特典がある

提携している会社のサービスを優待価格で利用できます。旅行が好きな方には、老舗旅館やホテルの優待はうれしいポイントでしょう。魅力的な施設を、お得な優待価格で利用できます。

ホテルやレストランで特典を利用するのもおすすめです。ランチやディナーを優待価格で楽しめるほか、大切な方と特別な日を祝ったり、仕事の関係者や得意先との大事な会合を行なったりと、さまざまなシーンで活用できます。

ホテルやレストラン以外にも、エンターテインメントの優待を楽しめることもあります。コンサートや演劇、スポーツなどのチケットを先行予約したり、優待価格で買ったりできるサービスなども有用です。

旅行保険の補償額が高額

旅行保険が付帯しているクレジットカードは多くあります。しかし、プラチナカードの旅行保険は補償額が充実していることが特徴です。

特に海外に出かける際、旅行保険が付帯しているカードは安心です。問題が起きた場合に、海外では日本の保険が適用されないことも多くあり、支払いが高額になりがちです。しかし、カードに旅行保険が付いている場合は補償してもらうことが可能です。

例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの補償額は最高5,000万円ですが、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの場合では、海外旅行の事故には最高1億円の補償が付いています。ゴールドカードと比べると、プラチナカードの補償のほうが優れています。

家族にも旅行傷害保険が適用される

プラチナカードを持っていると、持ち主の配偶者、本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族、本会員または配偶者と生計をともにする別居の未婚のお子さまに旅行傷害保険が適用されます。さらに家族カードを発行すると、補償金額が上がります。
家族で旅行に出かける予定がある場合は、もしもの事故や病気に備えるために家族カードを検討してみましょう。

自分のステータスがあがる

プラチナカードにはいくつものメリットがありますが、ステータスアップにつながる点もポイントです。プラチナカードを利用している方のなかには、ステータスとして所持している方も少なくありません。

プラチナカードは、年会費が高いものが多くなっています。年会費が低いほうのカードであれば20,000円ほどで、最高級とされる高額なカードでは100,000円以上が相場です。そのため、カードを所持していること自体が、高い支払い能力を持つ証明といえます。

招待を受けないと作成できないカードを利用している場合は、カード会社から支払い能力などの信用面が認められていることを意味します。プラチナカードを所持しているだけで、社会的な信用度を上げられるといえるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

プラチナカードを選ぶポイント

プラチナカードを選ぶポイント

プラチナカードは、それぞれの会社から年会費や付帯する特典が異なるものが提供されています。そのため、どのような基準で選べばよいか迷ってしまう方もいるかもしれません。ここでは、カードを選ぶときに覚えておきたいことを2つご紹介します。

プラチナカードを選ぶ際のポイントを知り、あなたにぴったりなカードをみつけましょう。

せっかくならステータスのあるカードを選ぶ

カードを申し込む際は、ステータスを意識することもひとつのポイントです。せっかくプラチナカードを作るのですから、ステータスの高いカードを選びましょう。

一言でプラチナカードといっても、ステータスのレベルはさまざまです。ステータスが高いカードになるほど、信頼や社会的評価を得られるといえます。

年会費が出しやすい価格のカードを選ぶ

年会費などが高額で維持費がかかるカードを選ぶと、所持することが難しくなり解約してしまう方もいます。年会費は年に一度まとめてお金を支払いますが、自分の支払い能力を超えた金額であれば負担になってしまいます。

支払いが滞れば、強制退会となる可能性もあります。その場合、社会的な信用も落としかねません。支払いが負担にならない金額のカードを選びましょう。

おすすめのプラチナカード

おすすめのプラチナカード

どのカードを作れば良いのかを迷っている方のために、おすすめのプラチナカードを2つご紹介します。ここでは、2つのカードの費用や特典、国際ブランドなどについて解説します。

それぞれのカードにどのような特徴があるのかを把握し、比較検討してみましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

個人事業主や経営者を対象にしたプラチナ・ビジネスカードです。有効期限がなく、失効することのない永久不滅ポイントを貯められます。また、JALのマイルを貯めるコースを選ぶこともできます。

年会費は、税抜20,000円です。1年間に200万円以上をショッピングで使うと、次年度の年会費が税抜10,000円になります。国際ブランドはアメリカン・エキスプレス(R)です。国内外のお店で利用できます。

旅行保険の補償額は、海外旅行が最高1億円、国内旅行が最高5,000万円です。海外でも日本語で診療を受けられる場合もあるため、事故や病気の際には旅行先のエリアを管轄する電話窓口に連絡しましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナビジネスアメックス新規入会キャンペーン

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

ビジネスなどの条件はなく、安定した収入がある方なら申し込めるプラチナカードです。国際ブランドはアメリカン・エキスプレス(R)です。年会費は税抜20,000円となっています。

永久不滅ポイントの優遇制度があり、通常は利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まるところ、プラチナカードは1.5ポイント貯まります。海外でショッピングをした際はさらに0.5ポイント加算されるため、効率よくポイントを貯められます。

旅行保険の補償額は海外旅行が最高1億円、国内旅行が最高5,000万円です。家族カードも補償の対象となるため、家族全員で安心して旅行を楽しめます。また、家族カードを所持していない家族も一部補償対象となります。

セゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーンセゾンプラチナアメックス新規入会キャンペーン

ホテルに優待価格で泊まれたり、コンシェルジュサービスを利用できたりと、便利な優待がそろっています。

まとめ

まとめ

プラチナカードは、一般カードやゴールドカードよりも高い年会費がかかります。年会費は20,000円から100,000円以上まで幅広いといえます。しかし、得られるメリットはその分大きいです。旅行に出かける際に手厚いサポートを受けられたり、レストランやエンターテインメントを優待価格で楽しめたりします。

プラチナカードを検討しているなら、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがおすすめです。

永久不滅ポイントを貯めると、景品やマイルに交換できます。旅行傷害保険の補償も充実しているため、もしものときにも安心です。特典が充実しているプラチナカードを、ぜひライフスタイルに取り入れてみませんか。

おすすめのクレジットカード

人気記事