クレジットカードとキャッシュカードの違いはどこ?異なる機能を解説

クレジットカードとキャッシュカードの違いはどこ?異なる機能を解説

クレジットカードとキャッシュカードは、同じプラスチック製のカードですが機能はまったく異なります。

しかし、クレジットカードとキャッシュカードが混同している方もいらっしゃるのではないでしょうか。とくにクレジットカードを保有していないと、両者の違いを理解するのは難しいかもしれません。この記事では、これからクレジットカードを作りたい方に向けて、クレジットカードとキャッシュカードの違いについて解説します。

クレジットカードとキャッシュカードの違いとは?

クレジットカードとキャッシュカードは、大きく分けると以下の違いがあります。

・クレジットカード:現金のかわりに店舗で支払いを行うカード
・キャッシュカード:ATMからお金を入出金する際に使うカード

具体的にどんな違いがあるのか細かくみていきましょう。

クレジットカードはショッピングとキャッシングができるもの

クレジットカードは、ショッピングでのお支払いとキャッシングに利用できます。デパート、スーパー、コンビニをはじめ、ネットショップさらに電気料金、水道料金などの決済が可能です。クレジットカードは信用により発行されているため、現金がなくても翌月以降の支払いとして各種支払いに利用できます。

またクレジットカードは「Visa」「Mastercard」「アメリカン・エキスプレス(R)」などの国際ブランドと提携することで、世界中の加盟店でショッピングをすることができます。また、クレジットカードによっては現金を借り入れできる「キャッシング」の機能が備わっているものがあります。一部のカードでは、海外のATMを利用した海外キャッシングにも対応しています。

審査がある
銀行口座を保有することで発行されるキャッシュカードと違い、信用で発行するクレジットカードには申し込み資格と審査が必要です。クレジットカードは基本的に「高校生を除く18歳以上の方」のみが持てますが、カードの種類やランクによっては「安定した収入」「一定の収入」などの条件が追加されます。また申し込み資格をクリアしても、各クレジットカード会社による独自の審査に通過する必要があります。

ETCカードや家族カードを発行できる
クレジットカードは追加カードとして家族カード(ファミリーカード)やETCカードが発行できます。例えばセゾンではクレジットカードの種類により最大4枚までの家族カード(ファミリーカード)が発行でき、有料道路の料金所をキャッシュレスで通過できるETCカードも年会費無料で利用できます。

キャッシュカードはATMで利用できる

キャッシュカードは銀行口座を開設するときに発行されることが多く、保有する銀行口座からATMで預金を引き出したり、入金・振込をしたりする際に使用します。キャッシュカードは銀行口座とアクセスするためのカードで、ATMのさまざまな機能が利用できます。

・口座からの出金
・口座への入金
・資金の振り込み
・残高照会
・税金などの支払い

キャッシュカードは固定の銀行口座と直結した鍵のようなものなので、その口座内の現金しか動かすことができません。また基本的にはショッピングの支払いはできませんが、デビットカードと一体型のキャッシュカードの場合はショッピングで利用できます。

国際ブランドのマークで違いを見分ける

クレジットカードとキャッシュカードは利用方法が異なりますが、実際にカードを見てもなかなか区別がつかないかもしれません。簡単に見分ける方法として、国際ブランドマークの有無を確認する方法があります。

・クレジットカード:国際ブランドのマークがある
・キャッシュカード:国際ブランドのマークがない

国際ブランドにはそれぞれのマーク(ロゴ)があり、クレジットカードにはロゴが印刷されています。「Visa」、「Mastercard」、「American Express」などと印字されているカードは、クレジットカードの可能性が高く、見当たらないカードはキャッシュカードの可能性があります。またキャッシュカードは銀行名が大きく印字されています。

キャッシュカードとクレジットカードの一体型もある

キャッシュカードとクレジットカードの一体型もある

キャッシュカードにクレジットカードの機能を追加したキャッシュカード一体型のクレジットカードもあります。最近では銀行口座を新規開設するときに、キャッシュカード一体型クレジットカードとキャッシュカードから選択できる銀行も増えています。

カードの左右の向きで機能が分かれており、一方がキャッシュカード、もう一方がクレジットカードとして利用できます。ATMで利用する際にはカードを挿入する方向に注意が必要です。

キャッシュカードとデビットカードの一体型もある

キャッシュカードにデビットカード機能を付帯させることで、一部の加盟店でショッピングの利用が可能です。デビットカードには日本の金融機関が提供する「J-Debit(ジェイ・デビット)」と、クレジットカードの国際ブランドが提供する「ブランドデビット」の2種類があります。

デビットカードの特徴はショッピングによる利用代金が即時決済されること。クレジットカードと違い、決済と同時に銀行口座から引き落とされます。後払いのクレジットカードとは大きく異なるポイントです。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

キャッシュカード一体型のクレジットカードの注意点

キャッシュカード一体型のクレジットカードの注意点

クレジットカードとキャッシュカードが一体型となったカードは、2つの機能が1枚で使えることからとても便利です。しかし、使用するにあたって知っておきたい注意点があります。

18歳未満は発行できない場合が多い

キャッシュカードは銀行口座があれば、未成年であっても発行されます。しかしクレジットカードは加入条件として「18歳以上(高校生を除く)」、「安定した収入がある方」などの条件が設けられており、基本的には18歳未満の方には発行されません。

これはキャッシュカード一体型のクレジットカードも同じで、18歳未満の方は基本的に申し込むことができません。あくまでクレジットカードの入会条件が優先されると考えてください。

紛失した際のリスクが高い

クレジットカードやキャッシュカードを失くして、慌てた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。紛失した場合には、不正利用のリスクがあります。

キャッシュカード一体型のクレジットカードを紛失した場合は、一度にクレジットカードとキャッシュカードを失くした状況と同じなのでダメージは2倍です。現金もおろせずクレジットカードも利用できなくなります。預金は通帳&印鑑でおろせますが、銀行に行く手間と時間がかかります。

このようにキャッシュカード一体型のクレジットカードは、紛失したときのダメージが大きいと覚えておきましょう。また同じ暗証番号では盗難で悪用された場合に、被害も2倍になるため、クレジットカードとキャッシュカードの暗証番号は違うものに設定するのがおすすめです。

お金をおろしたつもりでキャッシング

キャッシュカード一体型のクレジットカードは、左右の向きでクレジットカードとキャッシュカードの磁気テープを分けています。銀行口座から現金をおろすつもりが、カードの向きを間違えてキャッシングしてしまうことのないよう、ATMを利用する際にはカードを入れる方向に注意してください。

ATMは銀行口座へのアクセス以外にクレジットカードのキャッシングも扱っており、画面に表示される案内が異なります。2つの暗証番号を分けることで、間違えて挿し込んだ場合も入力ミスとなり認識できます。

セゾンパールアメックス新規入会キャンペーンセゾンパールアメックス新規入会キャンペーン

よくある質問

Q1 クレジットカードとキャッシュカードの違いとは?

クレジットカードとキャッシュカードは、大きく分けると以下の違いがあります。

・クレジットカード:現金のかわりに店舗で支払いを行うカード
・キャッシュカード:ATMからお金を入出金する際に使うカード

Q2 キャッシュカードとクレジットカードの一体型もありますか?

キャッシュカードにクレジットカードの機能を追加したキャッシュカード一体型のクレジットカードもあります。最近では銀行口座を新規開設するときに、キャッシュカード一体型クレジットカードとキャッシュカードから選択できる銀行も増えています。カードの左右の向きで機能が分かれており、一方がキャッシュカード、もう一方がクレジットカードとして利用できます。ATMで利用する際にはカードを挿入する方向に注意が必要です。

Q3 キャッシュカード一体型のクレジットカードの注意点は?

クレジットカードとキャッシュカードが一体型となったカードは、2つの機能が1枚で使えることからとても便利です。しかし、使用するにあたって「18歳未満は発行できない場合が多い」や「紛失した際のリスクが高い」などがあります。

まとめ

カードの見た目は似ていますが、クレジットカードとキャッシュカードには大きな違いがあります。クレジットカードはショッピングの後払いカード、キャッシュカードはATMで銀行口座の預金を操作するカードです。また2つの機能を一体化させたカードもありますが、紛失や盗難にあった際のリスクもあるため、一体型ではなく別々のものがおすすめです。

セゾンの「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」なら、紛失・盗難にあった場合や、カード情報の漏洩による不正利用が発生した場合でも安心。セゾンに連絡した時点で不正利用の状況確認を行い、確認されれば61日前までにさかのぼって利用分が補償されます。

また人気の永久不滅ポイントは有効期限がなく、じっくりとポイントを集められます。さらにセゾンのATMでキャッシング利用した場合は手数料が無料。利息が日割り計算なので、海外のATMでキャッシングを利用した場合には、返済日数によっては空港で両替をするよりもお得に現地通貨が入手できるケースもあります。

キャッシュカードにない便利さがクレジットカードには詰まっています。現在、キャッシュカードしか持っていない方にも、初めてのクレジットカードとしてセゾンのカードをおすすめします。

おすすめのクレジットカード

関連記事

おすすめのクレジットカード

人気記事