クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険とは?補償内容やメリットをご紹介

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険とは?補償内容やメリットをご紹介

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付いているものがあります。

クレジットカードの海外旅行傷害保険には、どんなメリットがあるのでしょうか?また、どんなときに保険が適用されるのでしょうか。

本記事では、クレジットカードに付いている海外旅行傷害保険の活用法を解説します。

クレジットカードには「海外旅行傷害保険」が付帯している場合がある

クレジットカードには、海外旅行傷害保険が付いているものがあります。海外旅行傷害保険とは、海外旅行や海外出張などでのトラブルに対する保険のことをいいます。

海外旅行傷害保険は、名称に「傷害」という単語が含まれています。そのため、「ケガだけが補償対象」というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には、ケガ以外にも、病気や物の破損・盗難、飛行機の遅延など、さまざまな損害に対して幅広く補償を受けられます。

「より安心安全に海外旅行や出張に出かけたい」とお考えの方は、海外旅行傷害保険が付帯するカードを保有しておきましょう。なお、「家族特約」がある保険なら、家族と一緒の海外旅行でも安心です。

クレジットカードの海外旅行傷害保険には、どんなメリットがあるのでしょうか?また、どんなときに保険が適用されるのでしょうか。クレジットカードに付いている海外旅行傷害保険の活用法を解説します。

海外旅行傷害保険の補償内容

海外旅行傷害保険の補償内容は、一般的に以下の6つです。

1.病気・ケガに対する補償
2.携行品の損害補償
3.対人・対物賠償責任の補償
4.救援者費用の補償
5.傷害死亡時の補償

それぞれについて、詳しく説明していきます。

海外旅行傷害保険の補償内容① 病気・ケガに対する補償

旅行中のケガまたは病気により医師の治療を受けた場合に、医療の治療費用などをお支払いする補償です。

ところで、「健康保険に加入しているから、海外旅行傷害保険に加入しなくても良い」とお考えの方がいらっしゃるかもしれません。確かに、海外で受けた治療に要した費用についても、日本の健康保険の「海外療養費制度」が適用される場合があります。

ただし、支給対象となるのは「日本国内で保険診療として認められている医療行為」に限られるため、医療体制や治療方法が異なることが原因で、「払い戻しを受けられない」「支給金額が大幅に少なくなる」といったケースがあることに注意が必要です。

このような事情から、海外旅行に行く際には、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを持っておく方が良いでしょう。

なお、クレジットカードに付帯する保険によって補償されるのは、治療に要した費用だけではありません。旅行中の偶発的な事故によるケガが原因で「後遺障害」を負った場合は、後遺障害の程度に応じた金額も支払われるのでご安心ください。

海外旅行傷害保険の補償内容② 携行品の損害補償

携行品(カメラ、バッグ、衣類といった身の回りの持ち物)が火災・盗難などの偶発的な事故に遭って損害を受けた場合に、損害額が補償されます。

ただし、現金、小切手、クレジットカード、定期券、コンタクトレンズ、各種書類、別送品などは補償対象外とされているケースもあるので、補償規定をご確認ください。

海外旅行傷害保険の補償内容③ 対人・対物賠償責任の補償

海外旅行中に何らかのトラブルに巻き込まれて、意図的ではなくても、「他人にケガをさせてしまった」「他人の所有物を壊してしまった」という結果を招くことがあるかもしれません。

海外旅行傷害保険が付帯するカードを保有していれば、偶然な事故によって他人にケガをさせた場合や、他人の物を壊した場合に、相手方への損害賠償金などが支払われます。訴訟費用も補償されるので、万が一、裁判になった場合にも安心です。

海外旅行傷害保険の補償内容④ 救援者費用の補償

旅行中に病気やケガで入院した際に、救援者(被保険者の親族など)が現地に行くための費用(交通費や宿泊費など)が補償されます。事故によって遭難した際の「捜索救助費用」も補償の対象です。

大切な家族が病気・ケガによって海外で入院した際には、「現地に駆け付けたい」と思う方が多いのではないでしょうか。そんなときには「救援者費用の補償」が、金銭面で心強い味方になります。

海外旅行傷害保険の補償内容⑤ 死亡時の補償

旅行中の偶然な事故によるケガが原因で亡くなった場合、一定の金額が支払われます。

なお、保険金額は、カードによって異なります。具体的な金額の確認には、利用されるカードの補償規定をご覧ください。

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険のメリット

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険のメリット

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険のメリットは、以下の3つです。

1.無料・加入手続きなしで利用できる
2.「家族特約」が付いていれば家族も利用できる
3.補償額の上乗せができる

それぞれについて、詳しく説明していきます。

保険のメリット① 無料・加入手続きなしで利用できる

クレジットカードの海外旅行傷害保険は、クレジットカードに加入した時点で付帯する特典です。海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを保有していれば、新たに保険に加入手続きを行う手間がかかりません。

ただし、クレジットカードに付いてくる海外旅行傷害保険は、カードのブランドやグレードによって、補償内容に違いがあります。また、リーズナブルなクレジットカードには、そもそも海外旅行傷害保険が付いていない場合もあります。

クレジットカードの海外旅行傷害保険は、一般的にはゴールドカードのようにグレードが高いクレジットカードの方が、補償内容が充実しています。

それでも、なかには「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」のように、学生でも手軽に持てるようなクレジットカードでも、充実した補償内容を持ったクレジットカードもあるので、補償内容をしっかりチェックして選びましょう。

保険のメリット② 「家族特約」が付いていれば家族も利用できる

「家族特約」が付いていれば、カード保有者本人だけではなく、カード会員の家族も補償対象となります。
※ケガ・病気以外も対象です
家族特約は家族カードの発行なしで、本会員のクレジットカードのみで保険が適用されるので、手間がかかりません。

家族特約の有無は、クレジットカードによって異なります。また、適用範囲や補償金額にも差があるので、詳細についてはクレジットカード会社の公式サイトや補償規定をご確認ください。

保険のメリット③ 補償額の上乗せができる

あまり知られていないことですが、例えば海外旅行傷害保険が付いたクレジットカードを複数枚持っているなら、保険金額は合算できます。より大きな補償を希望する方は、複数枚のカードを保有しましょう。

ただし、傷害死亡・後遺障害については最も大きい保険金額が上限となります。

例えば、死亡時の保険金額が「1億円」のカードと「5,000万円」のカードをお持ちの場合、合算して「1億5,000万円」とはならず、「1億円」が補償額の上限となることにご留意ください。

海外旅行に行く場合、旅行慣れしている人ほど、紛失や盗難などのトラブルに対処するためのセーフティネットとして複数枚のクレジットカードを所有していることが多いです。

加えて、クレジットカードを複数枚持つことで、補償額にも余裕を持たせられます。複数枚のカードを所持できるのであれば、ぜひ実践してみましょう。

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行に行くとき、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを作ると、旅先でも安心です。

おすすめのカードは、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」および「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の2枚。各カードの補償額や海外旅行に役立つ特典について詳しく説明していきます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

海外・国内旅行中の事故について最大3,000万円まで補償される旅行傷害保険が付帯したクレジットカードです。26歳になるまで年会費が無料なので、「学生時代に長期休暇を利用して海外旅行に出かけよう」という方はぜひご検討ください。

なお、26歳以上の方の年会費は、初年度については無料で、2年目以降は3,300円(税込)です。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードを保有している26歳未満の方や初年度の方は、海外旅行傷害保険を利用するためのコストがかかりません。

国内におけるショッピングでカードを利用すると1,000円(税込)につき1ポイント、海外での利用時には通常の2倍(税込1,000円につき2ポイント)の永久不滅ポイントを獲得可能です。

そのほか、海外旅行の際に役立つ下記特典が付帯しています。

●国際線利用時の手荷物宅配サービスの優待(※1)
●海外用Wi-Fi・携帯電話を優待料金でレンタル可能
●世界145ヵ国、10,200以上の拠点を持つハーツレンタカーの割引(5〜20%OFF)
●空港(※2)におけるコート預かりサービスの割引
●オンライン・プロテクション(インターネット上でのカード不正使用による損害を補償)

オンライン・プロテクションが付帯しているので、旅行先だけではなく、旅行の準備のためにネット通販で物品を買い揃える段階から安心です。

(※1)往路(自宅から空港まで)はスーツケース1個につき100円割引、復路(空港から自宅まで)はスーツケース1個まで無料(2個目以降は1個につき300円割引)
(※2)成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(第3ターミナル)

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーンセゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費は初年度無料で、2年目以降は11,000円(税込)です。

海外・国内旅行中の事故について最高5,000万円(傷害死亡・後遺障害)補償される旅行傷害保険が付帯しています。また、家族の方も保険の対象となっており、最高1,000万円(傷害死亡・後遺障害)補償されます。

ちなみに、国内におけるショッピングでカードを利用すると通常の1.5倍(税込1,000円につき1.5ポイント)、海外では通常の2倍(税込1,000円につき2ポイント)の永久不滅ポイントを獲得可能です。

また、セゾンブルーと同様に、「手荷物宅配サービスの優待」「海外用Wi-Fi・携帯電話の優待」「ハーツレンタカーの優待」「コート預かりサービスの割引」「オンライン・プロテクション」など、海外旅行中や準備の際に役立つ特典・サービスが数多く付帯しています。

なお、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードでは、「プライオリティ・パス」のプレステージ会員の年会費(通常429米ドル)が11,000円(税込)に優遇されるので、ぜひご活用ください。

プライオリティ・パスとは、148以上の国・地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる会員制プログラムです。会員は飲料や新聞の無料サービスやインターネット接続環境などを利用できるので、海外旅行に出かける前に登録しておきましょう。

セゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーンセゾンゴールドアメックス新規入会キャンペーン

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険のまとめ

海外旅行傷害保険は、海外旅行や海外出張をする人なら、必ず入っておくべき保険です。

なお、保険の名称に「傷害」という単語が含まれていますが、「ケガだけが補償対象」というわけではありません。病気や携行品の損害、対人・対物賠償責任、救援者費用、航空機遅延費用についても幅広く補償されます。

クレジットカードに海外旅行保険が付帯していれば、補償金額に留意は必要ですがわざわざ海外旅行の前に海外旅行保険に加入する手間を省けます。また、現金を持ち歩く必要がないので、安全面でもメリットが高いといえます。海外旅行の前にクレジットカードを作るときは、海外旅行傷害保険が付いているカードを選びましょう。

おすすめのカードは、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」および「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の2枚です。年会費や補償額、海外旅行に役立つ特典に違いがあるので、ご自身に適したカードをお申込みください。

おすすめのクレジットカード

クレジットカード海外旅行に関連する情報

海外旅行におすすめのクレジットカード

人気記事